アーカイブ

2011年7月29日のすべての投稿

“うそつき菅”が献金問題でも真っ赤なウソ

投稿日: 2011年7月29日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

モー信じられない !!

菅直人首相の「外国人献金問題」も深刻だ。政治資金規正法に抵触する問題だが、菅首相は「外国籍とは知らなかった」「すでに返金した」と釈明してきた。国民の不信感を払拭するためにも、国会への領収書提出が求められてきたが、菅首相は「前例がない」と、これを拒否したのだ。ところが、これが真っ赤なウソだった。
 都内でパチンコ店を経営する在日韓国人から、菅首相の資金管理団体「草志会」が104万円を受け取っていた問題。前原誠司前外相は同じ問題で引責辞任したが、菅首相は、東日本大震災の当日(3月11日)に発覚したため、うやむやになっていた。
 自民党は参院予算委員会で「返金時の領収書を委員会に提出してくれ」と求めてきた。これに対し、菅首相は21日夕方、与党理事を通じて「領収書の国会提出は前列がないから応じられない」と提出を拒否したが、これが事実と違うのだ。
 1994年、東京佐川急便事件側からの1億円借入疑惑を追及された当時の細川護煕首相は、借入金返済を裏付ける資料として領収書などを国会に提出している。前列は間違いなくあり、当時も菅首相は国会議員だった。自分を守るためには、平気でウソをつく本性があらわになった。
 自民党関係者は「菅首相は『弁護士を通じて3月14日に返金した』と答弁しているが、『(震災前日の)10日に神奈川県の保土ヶ谷パーキングで返却した』という情報もある。菅首相にやましい点がなければ、正々堂々と提出すればいい。真偽を確かめるため、在日韓国人の国会招致や領収書の筆跡鑑定などもやらざるを得ない」と語る。
 一体、菅首相は何から逃げているのか。

**********

菅直人首相の資金管理団体が、日本人拉致事件容疑者の長男(28)が所属する政治団体「市民の党」から派生した政治団体に計6250万円を政治献金していた問題で、菅首相は21日の参院予算委員会で、拉致被害者家族への謝罪に応じない姿勢を一転させ、「もしそういうこと(拉致実行犯と近い関係)があったとすれば、大変申し訳ない」と述べた。自民党の山谷えり子議員への答弁。
 参考人として出席した増元るみ子さん=拉致当時(24)=の弟で、拉致被害者家族会事務局長の増元照明さん(55)は「分からなかった、知らなかったとおっしゃるが、(北朝鮮工作員の)辛光洙(シン・グァンス容疑者の釈放嘆願書署名)のときと一緒だ」と菅首相を指弾。また、横田めぐみさん=同(13)=の母、早紀江さん(75)が今回の献金問題について「政府を信じてよいのか。吐き気がするほど具合が悪くなった」と述べたことなどを紹介した。
 菅首相は「団体が(拉致実行犯と)関係があることを知らなかった。そうしたことがあるのであれば、政治的なつきあいは控えたい」と、今後は一定の距離を置くことを表明した。19日の衆院予算委で菅首相は、「私のあずかり知らぬこと」「この問題で謝るということにはならない」などと答え、謝罪を拒否していた。
 市民の党には、昭和55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子(よりこ)容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの間に生まれた長男が所属。長男は今年4月の東京都三鷹市議選に市民の党から立候補したが、落選している。

 

広告

海江田経産相が、国会で答弁中に泣きべそをかいたそうな

投稿日: 2011年7月29日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

泣きたい気持ちは分かるけれど、子どもじゃあるまいし本当に泣べそかいてどうする、海江田さん。

舞台は2011年7月29日 (金) の衆議院経済産業委員会、質問者というか追及者は赤澤亮正衆院議員(自由民主党・無所属の会)―時間は13時02分からの約31分間。

以下の動画はmms://wmtvod.shugiintv.go.jp/vod/2011-0729-0900-16b.wmvからの抜粋。

赤澤  民主党は幹部になればなるほど辞めない。辞めるとすると当選回数の少ない議員ばかり。
    これは国民からの理解を得られないと思いますが?
海江田 私は理解しております。その意味では、まぁ、それができるなら・・・
    もうしばらくこらえてくださいよ、お願いします、頼みます、これは。
    ほんとにお願いします、もちろんだからやることはやるためにこらえてください、頼みます
赤澤  なんか目も合わせてもらえないような状態ですが、自身の進退についてどう考えていますか?
海江田  私は・・・自分の価値はどうでもいいですよ、ほんとに
    (去ろうとして)
    ・・・申し訳ない、ちょっと言葉がね・・・私はいいです、自分の価値は・・・(涙)

菅以外だったら、誰でもいいよ!低知名度の「ポスト菅」

投稿日: 2011年7月29日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

低知名度の「ポスト菅」活動活発

 「ポスト菅」の主な顔ぶれ

 菅直人首相退陣後の民主党次期代表選をめぐり、野田佳彦財務相や海江田万里経済産業相ら「ポスト菅」有力候補が沈黙を守る中、小沢鋭仁元環境相や馬淵澄夫前国土交通相らが出馬に向けた動きを活発化させた。出馬に必要な推薦人20を確保できるかがカギとなるが、圧倒的に有力な候補がいないだけに知名度の低い候補が乱立し、さながら「B級グルメコンテスト」となる可能性は十分ある。「安くておいしい」候補は誰なのか-。

 「一番残念に思うのは、今の政権が社会保障の財源を安易に増税で賄おうとしていることだ!」

 馬淵氏は27日昼、衆院議員会館の一室で、昨秋の代表選で首相を応援した衆院当選1回生10人を前に気勢をあげた。「出馬宣言」こそなかったが、首相補佐官(原発事故担当)時の経験を踏まえ、「原子力行政の一元化」など次々に“政権公約”を披露した。

 「ポスト菅」候補の中で馬淵氏の動きは最も活発だ。26日夜は都内のバーで開かれた中堅・若手議員約20人と若手官僚約20人の交流会に顔を出し、ビール片手に談笑した。28日には小沢一郎元代表を支持する若手でつくる勉強会「真の政治主導を考える会」で講演を行う予定だ。

馬淵氏のキーワードは「世代交代」。民主党は1~3回生が多いだけに若返りをアピールすることで親小沢、非小沢の両方から支持を集める作戦のようだ。

 小沢鋭仁氏も鼻息が荒い。27日には国会近くの星陵会館で議員や財界人、有識者ら約400人を集め、自らが率いる「21C国家ビジョン研究会」の政策提言シンポジウムを開いた。

 「政治家なので意見を言うだけでなく実行に移すまで責任を持ちたい!」

 小沢氏は自らが理想とする「高福祉中負担社会」の実現を高らかと掲げ、こう宣言した。「世界のオザワ」は指揮者・小澤征爾氏、「政界のオザワ」は小沢一郎元代表。そして自らを「次世代のオザワ」と位置付ける。

 ただ、ネックは知名度の低さ。27日のシンポジウムも集まった議員は16人だった。しかも参院民主党のドンと言われる輿石東参院議員会長とは、かつて衆院選で争っただけにいまも犬猿の仲。参院で支持を広げるのは至難の業だ。

 樽床伸二元国対委員長も早くから「ポスト菅」に意欲を示す。東日本大震災前の3月3日に民放BS番組の収録で「菅さんが辞めたら出る」と明言しており、自らが率いる議員グループ「青山会」の結束強化にも余念がない。

ただ、定例会の出席者は毎回15人ほど。前々回代表選では小沢系グループの支援により善戦したが、今回は推薦人確保も難しい。

 候補乱立の様相となったのは理由がある。「ポスト菅」に名乗りを上げ、首相批判するだけで知名度が上がる。次期衆院選にも有利となる。つまり「手を挙げても損はない」わけだ。

 鹿野道彦農水相も農水関係議員が擁立に動き「人心一新」を合言葉に出馬準備に余念がない。ほかにも玄葉光一郎国家戦略担当相、仙谷由人官房副長官、枝野幸男官房長官-と候補は次々に浮上。ついには横路孝弘衆院議長の名まで取り沙汰されるようになった。

 理由はもう一つ。最大勢力を誇る小沢系グループに有力候補がいないことが大きい。つまり小沢系の支援を得られれば、どんな泡(ほう)沫(まつ)候補でも一躍「有力」候補に格上げされるわけだ。

 小沢氏周辺は野田、海江田両氏らと極秘に接触し「品定め」に入った。ある側近はこう打ち明けた。

 「俺たちが支援しなきゃ誰も勝てやしない。だからしばらくはジッとしている。こっちが本気で支援すればB級グルメもミシュラン三つ星になるさ…」(

国会議員にはリコールという制度がないのだそうです。う~~~~んザ・ン・ネ・ン

投稿日: 2011年7月29日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

第43条1項 

国会議員にはリコールという制度がないのだそうです。
憲法第43条に記述されている <全国民を代表する選挙された議員> とは選出された選挙区の代表ではなく、国全体の代表という意味なそうだ。
そんなわけで一度選出されたなら、国民の代表であるので、選出区においてのリコールというのがありえないということらしい。
でもそれはおかしいと思う。
過去おかしな国会議員はたくさんいたし、現に今もいるし、これからもゴキブリのように湧き出てくるに違いない。そういった議員はいつでも取り替えることができなくてはならない。
そうでなければそれこそ憲法第15条、43条に違反である。

ではどうしたらよいのか?
現憲法の仕組みにおいて考えてみた。
man2.gif 後法優位の原則にならって、後選優位の原則といいまして(今作った言葉です  同じ選挙区で再度選挙をし、新しく代議士あるいは参院議員が選ばれた瞬間に前任者が失格するという仕組みです。
おれは○○県○区第85代代議士だといばっていると、ある日突然、「私は○○県○区第86代代議士です」という人がきた瞬間にただの人になってしまうのです。

あるいは国会議員のリコールは全国区で行ったらどうでしょうか?
「あの代議士は学歴を詐称しているのにまだ居座っているぞ!」とか、
「あの代議士は北朝鮮に拉致された人に冷たい、きっとあっちから金もらっているんじゃねえか?」
といった場合は全国民が賛否の投票に参加するといったらいかがでしょうか?
しかしなんですね、この場合、リコールが成立すると選出区の選挙民のメンツ丸つぶれですからね・・・この方法はどんなもんでしょう。
更に補選した結果また同じ人を選んだりしたら・・・これは全国からの笑いものですね 

もっとも国会議員にもリコール制度を!と唱えている人は、法律学者にも市井の人にも多くいる。
立法化を求めたい。

菅は日本を破壊している■狂人首相の大増税を許してはダメだ

投稿日: 2011年7月29日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

このままやらせていたら民主主義が滅びる

–選挙公約は全部ウソ、震災復興財源に大増税、原発賠償にも大国民負担増

筑波大名誉教授の小林弥六氏は「戦中戦前と比較しても、これほどひどい首相はいなかったのではないか」と断言した。ジュネーブ在住の国際政治学者・安井裕司氏は「国民との約束であるマニフェストの放棄はあり得ない。普通ならば、下野か、解散・総選挙です。野党に謝罪して、それを正当化するなんて、信じられない政権だ」と呆れていた。
国民もまったく同じ思いではないか。

今、永田町では「悪夢じゃないか」と目をこすりたくなるような現実が展開されている。国民から総スカンを食らい、退陣するはずの首相が「財源問題で見通しの甘い部分があった。不十分な点は国民におわびする」とか言って、09年、総選挙のマニフェストの全面見直しを明言。その菅を辞めさせる役回りの民主党執行部も「申し訳なかった」と野党に謝罪文を提示し、その代わり、特例公債法を通してくれと懇願している。

ヤクザみたいな自民党は「それならば」とかさにかかり、「子ども手当、高校無償化、農家戸別補償、高速無料化の4Kをすべて引っ込めろ」と迫り、自分の延命しか頭にない菅や民主党執行部は受け入れるとみられている。
国民にしてみれば、「何なんだ!」という話ではないか。
「まったくです。マニフェストは政党と国民との契約です。たとえ、その政策が間違っていたとしても、実行を約束した以上、撤回は許されないのです。英国では財政再建を掲げ、公務員の給与を大幅カットした保守党は不人気を極め、選挙で惨敗した。ダメならば、選挙で責任を負う。それが民主主義の原則です。それなのに、日本の民主党は首相が通り一遍の謝罪で済まし、岡田幹事長は国民ではなく、野党に謝罪文を提示し、事足れりとしている。マニフェストと野党は関係ないのに、あまりにもおかしな話です」(安井裕司氏=前出)

◆これほどの悪政は見たことがない

まして、こうした暴挙を断行しようとしているのは、辞める“はず”の首相なのである。なぜ、そんなヤツが国民との契約を裏切るのか。なぜ、民主党執行部は認めるのか。しかも、菅内閣の閣僚は野田財務相を筆頭に菅の路線転換を評価している。頭が破裂しそうなデタラメだ。
「私もこの年になって、これほどの悪政を見せつけられるとは思ってもみなかった。勝手に国民との約束を破って、自分の延命のためにコロコロ政策を変える菅首相はもはや、マトモとは思えない。自分のことしか見えなくなっている狂気じみた独裁者です」(小林弥六氏=前出)

評論家の佐高信氏は「国民は松下未熟塾のアマチュア政治家に裏切られた。彼らは信頼の意味すら分かってない」と痛罵した。
これがフツーの感覚だ。それなのに、民主党の多くの議員は悪びれるそぶりもない。これも信じられない話だ。

◆狂人首相の大増税を許してはダメだ

こんな民主党だから、次から次へと国民を裏切ろうとしている。復興を錦の御旗に大増税を企んでいるのも、そのひとつだ。
「民主党政権は今月末に復興基本計画を取りまとめる。今後5年間に19兆~22兆円を集中投下し、復興に充てる。財源は復興債で手当てし、所得税など基幹税の増税でまかなう腹積もりです」(永田町関係者)
もちろん、彼らは増税を明言しているわけではないが、どんどん“既成事実化”されている。ふざけた話だ。「国民生活が第一」で選挙を勝ったくせに、4Kを引っ込め大増税では、詐欺どころか夜盗のようなものだ。しかも、このデフレ状況で大増税をしたら、日本経済は完全に死んでしまう。裏切り民主党政権が日本を破壊することになるのである。

双日総研の主任エコノミスト、吉崎達彦氏は「5兆円×3年=15兆円くらいであれば、増税をしなくても赤字国債で消化できる」とし、「復興を理由にした増税議論はピントはずれ」と言っている。前出の小林弥六氏も「国民生活第一のマニフェストを引っ込め、大増税を敢行したら、それによる消費低迷というマイナス効果で復興需要を消してしまう。増税で東北を救っても日本全体が地盤沈下する」と警告する。
独裁者気取りの狂人首相にこれ以上のデタラメをやらせてはいけないのだ