菅をやめさせる方法  1

投稿日: 2011年8月5日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★
菅首相を退陣させることは簡単だ。(ウソ?簡単だったらもっと早くしてよ)
それは小沢氏が一旦身を引くことだいい加減菅首相にはやめてもらいたい。しかし誰も辞めさすことは出来ないでいる。

 しかし、実は菅首相を辞めさせることは簡単なことなのだ。5月15日の産経新聞にきわめて興味深い政局記事が二つ並んで掲載されていた。

 一つは菅首相と仙谷氏が、小沢氏の反撃を許さないために嫌々ならがふたたびよりを戻しつつあるという記事だ。

 もう一つは、菅首相に対する不信任決議案が野党から提出されれば賛成に回る腹を小沢氏が固めたが、必ずしも共鳴者拡がらないという記事だ。

 この二つの記事の中に菅首相を退陣させる最も簡単な方法が隠されている。

 それは小沢氏が一旦身を引けばたちどころに菅首相は終わりになるということだ。

 小沢氏が政局に動けば動くほど逆効果になるということだ。策的にも人間的にも、もはや菅首相は完全に終わっている。それなのに菅政権が続いているのは小沢氏が菅倒しに動くからだ小沢だけには倒されたくないと菅は頑張る。小沢と組んで菅倒しをするわけにはいかないと自民党は考える。小沢嫌いのメディアは菅首相を批判したくてもしようとしない。

 小沢氏は、議員をやめて一兵卒となって岩手県を救うとサプライズ宣言をするのだ。達増岩手県知事を助けて岩手の復興に手腕を見せるのだ。そのサプライズによってたちどころに菅政権は潰れる。?

 菅首相は政権に居座る気力はなくなり、すべての議員は菅おろしになだれを打つ。

 小沢氏が自ら首相となってこの国を再生させたいのなら、総選挙で政界復帰し、岩手の復興の実績を手にして総理に再挑戦すればいいのだ。その時は世論の小沢氏を見る目も変わるだろう。

 菅首相を居座らせるかどうかは小沢氏の覚悟次第である。そうかな?今となってしまうとあ奴は、意固地爺になってしまった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。