アーカイブ

2012年6月のすべての投稿

放射能を中和することが可能ですってさ!なら早くしてよ!

投稿日: 2012年6月26日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

9.1分後に核廃棄物を中和するためにどのように
それは放射能を中和することが可能です

そんなに高く “高度な”技術は秘密にによって隠されている真の悲劇である、いわゆる権力者、またはそうでなければ、可能手段によって抑制された。このテーマはSusoniの最近の記事で触れました。を参照してください。
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/members/forum.cgi?read=202643

この抑制(何十年もの間)に不利に働いているもう一つの主人公は勇敢に彼のウェブサイトで彼の全生涯の仕事にレイアウトしました大佐トム·ベアデンですCheniere.orgています。彼のウェブサイトは、スカラー電磁気学の驚くべき新たな分野についての知識の広大な大要となっていますの、直接エンジニアリング時空そのもの。

この時空工学によって可能になった多くの驚異の中で彼らは、非放射性にするための放射性物質の治療法です。私たちの主流の(すなわち後方)の科学者はベアデンのリードを理解し、従っていた場合にのみ、彼らは今では放射能は現在日本で起きているの恐ろしい漏洩に対処するための場所で技術を持っていただろう。

ベアデンは、現在のフロントページだけで、この非常事言っCheniere.orgを

“の場合は開発資金真空からエネルギーが利用可能になっていましたが、この日本の原子力発電所は必要なかったろうに。 “

このステートメントは、少なくとも二つの異なる方法で理解することができます。最初は “無料”のエネルギーから、真空システムが抑制され、秘密にする代わりに開発された場合は、どこでも原子力サイトのあらゆる種類の一切の必要はないだろうという。です。

自由エネルギーシステムはまた、(理論上は)可能にするpossilbe作るスカラー電磁気学の同じ原則:第二あまり知られていない側面があり、非放射性物質に放射性物質を核変換するためには。例:世界中の危険な核廃棄物のトンを無害化することができます。

Cheniere.orgにあるページは、スカラ(縦EM)波を用いて問題を処理および変更の方法については、 “仮特許出願”があります。これは、放射性廃棄物及び他の放射性物質の治療が含まれています。

ソース:トム·ベアデン-物質を変更する方法
#核http://www.cheniere.org/patent%の20application/claim.htm

ページの上部には、次のようにスタートする。


トーマスE.ベアデンの仮特許出願

コンディショニング電磁ポテンシャル、フィールド、および波の方法、システム、および装置
問題を扱い、ALTERに

発明者:名トーマスE.ベアデン博士

作成者:トーマスE.ベアデンとマーシャPetersは
アンソニーJ.クラドック:提出した

参照は、引用: [ここに記載されて多くの参照を…]


関連図は、縦波干渉計の2つのビームが交差または交差して作られてどのように、放射性物質は、スカラー波の干渉によって変更されるために、その干渉ゾーンに配置する方法を示しています

上記のドキュメントから:

図。図18は、遠いターゲットから空間的なエネルギーを追加または削除することができます実施形態を示し、および/ ​​または確定的にエアコンスカラーポテンシャルの干渉によって、ターゲットゾーンで問題を変更します。

スカラー干渉計送信機システム1600は、好ましくは、トランスミッタのような1520や1605などのシステム、およびコントローラ1200から構成されています。アンテナ1710は、レーダーの周波数などの選択された搬送波の周波数を送信するのに適した従来型の可能性があります。各アンテナの出力が選択された搬送波である時空湾曲エンジンそれに応じて変調された前述のように、。

図。18例は、ターゲットゾーン1800はそのような有害化学物質などの危険または環境に有害な物質のためのストレージ領域かもしれない核廃棄物、病原体などがあります。適切な時空湾曲エンジンを選択し、それらの搬送波が干渉ゾーン320に干渉させることにより、ストレージ·エリア内では、物質は有害ではない材料に変換することにより安全な距離から変更される可能性があります。

それは、図ことは当業者に明らかであろう。18技術は、干渉計のトランスミッタ1600のサイトからリモートの距離に位置していてもよい様々な材料に適用されることがあります。それはまた、変化は熱によって化学結合の切断から成ることが明らかになるであろう。異なる要素又はそれらの同位体元素の核変換要素の核内クォークのフリップで陽子が中性子、またはその逆に変化させる、およびなど。

別の態様では、図1の装置。18は、長寿命、危険な放射性同位元素の崩壊を早めるために使用することができます。


別の間のスライドのセットスカラー兵器のトピックをカバーして核廃棄物を中和するために時空エンジニアリングの使用方法を示す次のイメージです。

確かにこのすべての詳細は、私たちのほとんどの把握だけでなく、超えていますが、重要なことは、それの可能性を確信になってすることです。いずれかが集めることができるようにもそれほどは多くの研究が必要となります。

たとえば、で上記のスライドのわずかに異なるバージョンではさらなる手がかりを拾うことができます:これはすべての作品を一つの方法が劇的にターゲットを絞った材料中の放射性崩壊の速度をスピードアップしてあることを確認します。我々が扱っていることを覚えて時空エンジニアリング、キーである時、時間領域での操作と同様に、スペースの寸法。

他の多くのヒントや手がかりはベアデンのサイトで検索エンジンを使用して見つけることができます。

検索Cheniere.org
http://www.cheniere.org/search.html

元ソース;http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/archive.cgi?read=202659

放射能除去方法はあるのだ、イスカンダルまで行かなくても・・

投稿日: 2012年6月18日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

放射能を除去出來る技術は開發濟みである事はちやんと認識してゐる。何十年も前に楢崎皐月氏が開發し國に其の裝置を渡したとされる。反磁力を應用したものと思はれる放射能除去裝置があるであらうし、C60フラーレン、つまり煤を用いて放射性物質を吸着させ、其の唱えるマントラでDNAを脩復する、アグニホートラと云ふ古代から傳はる技術もある。

抑圧されてきたテクノロジーの一つに、放射能を中和できる可能性が、とっくに見出されていたようです。スカラー電磁波を用いて、原子核内のクウォークをはじき飛ばすことにより、別の元素に変えたり、半減期を短くする、といったことができるとか。ハートの贈りもの

スカラー電磁気学のフリーエネルギーシステム を可能にする同じ原則で、放射性物質を非放射性物質に変えることを(理論的に)可能にします。例:世界中の危険な大量の核廃棄物は無害にすることができます。Cheniere.org においては、スカラー(長期的な EM波)を使って物質を処理して変更する方法の「暫定的な特許出願書」を持っています。これは放射性廃棄物と他の放射性物質の処理を含みます。

日本の農業技術研究所の研究によると、玄米を白米にするとストロンチウムは80~90%が除去され、セシウムは65% が取り除かれるそうだhttp://savechild.net/archives/11201.html白血病予防に玄米食をやめよう。

スーパーにサーベイメーターを持ち込んで、魚の放射能汚染度を調べてきました。そうしたら、出るわ、出るわ、78種類の魚の切り身を調べましたが、放射能反応が出なかったのは、ブラックタイガーのエビ、千葉県産の鰯、徳島産のイナダ、静岡産のしらす、北海道産の鮭のみです。http://grnba.com/iiyama/

チェルノブイリでは、20年後に現地の実態調査に入った五井野正博士が、明日にも死ぬと宣告された重篤の白血病の子どもたち50人を選んで、 博士が開発した自然生薬の「GOP(五井野プロシジャー)」で完治させ、その治癒過程が現地のウクライナ国営放送で「救世者」とドキュメント放送された。

海藻はあらかじめ安全なヨウ素を取り込んでおく事で、放射性ヨウ素を取り込まないようにするのに対し、味噌は放射性ヨウ素の排泄を高めてくれるようですね。

、放射能を体外に排出する微生物活用のキレート剤も民間レベルでは存在する。これらの真実が国民レベルで拡がれば、政府は隠すことはできない。 是非、江戸時代の士農工商をこえた私的な「勉強会」のように、「ネット」「口コミ」で本当の情報を伝えて欲しい。

最初に原発を撤廃することから。

原発を推進する国は衰退へと向かう。

あの福島第一原発事故で真っ先に、岩手県奥州市の方々を見捨てて逃げだした小沢一郎を見て、岩手や日本の為になる人間ではない。政治屋には日本を委ねられんぞ!

投稿日: 2012年6月14日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

ソース:クリックしてくださいimage

民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。
 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」
「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです

震災以降の小沢の行動について
・3月16日、第一秘書の川辺が夫人に、次のように話した。
「内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書達を逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました。」と胸を張って言うのでう。あげく、「先生も逃げますので、奥さんも息子さんたちとどこか逃げる所を考えてく下さい」と言うのです

********************

image

岩手県だぜ!わたしは仙台に住んでいます。あの頃3月というと季節風が吹きまくる季節で西寄りの風だった。まして岩手だぜ!東北全滅ではないのに、70歳の人間がなぜ怖がるんだあと80年も生きるわけでもないのに。

 

が、野田政権の消費税増税でまっしぐらを阻止勢力としてだけ期待するが、それだけ。

今の小沢一郎は、政治屋に成り下がって日本の国のことなんか何も考えてはいない、亡国の政治屋だ。政治を稼業にして利権を増やし、私腹を肥やしている奴には、旧伊達藩(奥州市は旧伊達藩)の仙台人にとって害虫としか見えない。

6.11に何かが起きると警告している方がおりますが・・・・

投稿日: 2012年6月11日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

元ソース;http://quasimoto.exblog.jp/18144090/

611」
この数字に何の意味があるのだろうか? 
どうやら、この数字には何かの、良からぬ計画がありそうだ、という話題である。今日は6月9日だから、2日後である。
まず、例の「世界の終わり」から。未来館である、バラ色の未来を告げなくてはいけないはずの、国家組織から、そして、そこの館長さんである元宇宙飛行士の毛利さんから、どうして世界の終わり、それも人のいなくなった世界の話が特集されるのか? 

まったくの意味不明。ナンセンス、謎である。
そこのパンフレット(どうやらメソニックなマニア画家が作ったというらしい)が実に意味深である。

気になる絵シリーズ その3 世界の終り この問いが分かるでしょうか。
(何かの)ビフォー

アフター

問題は、この上の方の図にある。この中の時計台を拡大すると、なんと、「6時11分」。

(さてはてメモ帳、611?

さて、次なる凶兆はこれ。悪魔主義者で名高い、悪魔のマドンナ、レディーガガ。この人物がどうやら「日本のためにお祈りを」悪魔に捧げていたらしい。以下のものである。

6月11日地震予言情報-埼玉で地震雲か!レディーガガのオークションから読み取れる驚愕のメッセージとは?

しかも、この安っぽいカップをレディーガガのお陰で、

6月6日午後11時に締め切られ、601万1000円の値が付いた

まあ、おふざけが過ぎるが、これがメソニック(悪魔主義カルト)というものなのである。我々とは感覚が全く異なる世界観と世界に住んでいるのである。何でもかんでも、我々が「験を担ぐ」ように、悪魔に験を担ぐのであるという。
さらに悪い事に、「611everywhere」であるらしい。 例えば、

海ほたるにも

イルミナティーカードにも

果たして何の凶兆か? どんな凶事の予兆なのか?
どうやら、今現在で一番有力なものは、やはり地震であるらしい。ついに、東京に龍雲が出たという。

6月7日

これは、阪神淡路大震災の直前にも出た

杉江輝美氏撮影(明石市、1月9日午後5時頃)

と瓜二つで、かなりの評判現象のようである。ついに関東に死亡フラッグが出たと。1月9日からだいたい2、3週間後の1月17日に大地震が起こった(起された)から、それで行けば、やはり6月21日あたりということになるが、人工的な発振であれば、自由自在にいつでも地震を起せる訳だから、今やこういう2、3週間後というような予想は無意味である。
ところで、例の黄金の金玉氏は、こういっている。

気になる絵シリーズ その5 回答について
気になる絵シリーズ 最終回。 回答です。
回答などと書きますが、まぁ、絵を見るとこのように解釈できるというだけの話です。
単なる妄想というか、こじつけというか。。
だから、それほど深くは取らないでください。
(省略)
The End Of The World の頭文字だからT E O T Wですね。
そして73というのは。
73=なみ(波)ではないでしょうか。
逃れられない73の問いとは、逃れられない津波なのでは。
この後ろのスイスの山は、山と言うより津波を表しているのかもしれません。

ちなみに、私がいつも観察しているアラスカのHAARPモニターはどうか?
現在停止中である。まったく見ることが出来ない。だから、私は観察できずに大変困っているというわけである。この原因については、謎である。少なくとも、上のさまざまな状況証拠とリンクしているように見えるからある意味不気味である。私個人にとっては、これが一番怪しいのである。
まあ、そういうわけで、関東のみなさんのご幸運を心より願っています。無事に暑い夏が迎えられんことをお祈り致します。グッド・ラック!というところですナ。
それにしても、「611」に何の意味があるのか?
今のところ、この数字に意味があるのかわからないが、一番近いものは「6月21日」夏至である。次が、「6月24日」である。これは、「聖ヨハネの日」といわれる。同時に、テンプル騎士団の「宣戦布告の日」であるようである。
いやはや、大変はた迷惑な世の中になったものである。
おまけ:

6月9日、地球に青い閃光、衝撃波がやって来る、ようだ・・・
「銀河の小舟」6/8の記事から。
こんな情報もあるということで・・・
まもなく下記にある9日です・・・
*********
今日午後、青龍族からのメッセージ
”衝撃波がやって来る”
宇宙根源より発せられたその衝撃波は過去最大で、
この世界を終了させるためのトドメの一撃
・・・青い閃光!!
地球時間 2012年 6月9日  地球に到達!!
この青い閃光が地球に発せられたのは
皆様方が皆様方自身の意志で、この世界の終了を決定された宣言された、その結果です
根源は皆様方の意志を尊重すべく、トドメの一撃”青い閃光”を発すことを決定いたしました
・・・明日 6月9日  やって来ます m(_ _)m
そして今日、ブラックイナリからのもう一つのメッセージ
”サタニストはこの世界を放棄した”
裏の組織も色々ありますがその一つ・・・サタニスト(悪魔崇拝組織)
本日、この世界の支配を諦め、組織自体も崩壊いたしました
(転載ここまで)
*********
前回の青い閃光の時には、思いの増幅エネルギーということでしたが・・・今回は・・・
さて、どうなるか・・・
注視していきたいと思います・・・
まずは、大飯原発の再稼動がどうなるか・・・
野田は進めたい方向のようですが・・・

逃げ続ける高橋克也「楽しみは居酒屋でウーロンハイとつまみ980円

投稿日: 2012年6月7日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

特別手配中のオウム真理教の元幹部・高橋克也容疑者(54)の最新の映像と写真を警視庁がようやく公開した。テレビはきのう6日(2012年6月)の昼、新聞は夕刊からだった。司会のみのもんたは「なんでもっと早く出せなかったのか」としきりに言う。まったくだ。写真のうち、少なくとも1枚は4日の夜には警察の手にあった。映像の方も5日には確認できていたはずだ。高橋が勤務先の会社の寮から姿を消して2日後の発表ではいかにも遅い。

捜査陣ひと足違いで取り逃がし!もっと早く映像公開してれば…

高橋は菊地直子が逮捕された翌4日正午過ぎ、川崎市内の信金の窓口(ATMではなかった)で預金238万円を下ろしていったん社員寮に戻り、午後2時から3時ころ立ち去っている。警察が踏み込んだのは6時すぎだった。公開したのは、その窓口での2枚と昨年10月に会社に提出した証明写真。窓口の2枚は動画の一部だ。いずれも手配写真とまったく違った。証明写真は髪を七三に分け、マユも薄く、金属フチのメガネで顔もふっくらしている。窓口のはもっと締まった感じで髪はボサボサ、イケメン風にもみえる。

もっと早く

証明写真をみた菊地は「高橋です。一緒にいたころより老けている」と話したというが、 高橋と接していた会社の同僚らは「似てない。窓口の写真の方が今の顔」と言っている。いずれにしても、これでは手配写真なんか何の役にも立たない。まるで別人だ。手配写真と似てないという点では菊地も同様だった。 だからこそ、一刻も早く公開すべきなのだが、警察は預金を引き出した事実を発表しながら、なぜか写真は半日遅かった。高橋は会社でも預金でも「櫻井」という偽名を使っていたが、部屋にあった綿棒のDNAから高橋だとわかった。その確認の時間だったのか。

公表後半日で41件の通報があり、前日の4件と比べれば公表の効果は明らかだ。しかし、これだけの現金を持った以上、逃走を続ける意図は明らかで、まずは寮周辺から防犯カメラの解析などで足取りを追う辛抱強い捜査になる。これもまた写真と同様、 どの方面に向かったという情報はきめ細かく出すべきなのだが、警察の頭はそれほどやわらかくはあるまい。

20120606-00000028-mai-000-viewtakahashi

なにやら、別人28号みたいな

中国がいよいよ日本を乗っ取りにかかってきた、気をつけろ!!

投稿日: 2012年6月6日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

中国が新潟市で5000坪土地購入 日本国内の中国領を意味 (日本人なら読むべきニュース)

読んで憂えて政治を変えていこう!

~~~~~~~~~~~

中国が新潟市で5000坪土地購入 日本国内の中国領を意味
6月04日07時00分
提供:NEWSポストセブン
 中国の在外公館をめぐって、書記官のスパイ活動疑惑より深刻かつ不気味な事態が進行している。舞台は新潟市。国会議事堂より広い5000坪もの広大な土地が中国に買われ、そこに総領事館が移設されようとしているのだ。
 新潟に中国総領事館が設置されたのは、2010年6月のこと。現在、中国は新潟市内に4階建て敷地面積424坪の商業ビルを借りて、総領事館として使っている。しかし、中国側は当初から自前の総領事館を建てたいと、新潟市に土地の紹介を要請していた。
 この要請を受け、新潟市は候補地として数か所を紹介。中でも最有力として浮上したのが、市の中心部にある万代小学校跡地だった。
 2010年8月、新潟市の篠田昭市長は、中国の総領事館建設計画を歓迎し、住民への説明を十分に行なわないまま、中国への土地売却を前提に測量を開始した。
 しかし、これに地元住民が反発。折しも、9月に尖閣諸島周辺海域における、中国漁船による海上保安庁の巡視船への衝突事件が起こったことから、住民の間に不安の声が高まったのだ。
「『万代小学校跡地を中国に売却しないでほしい』という請願が3件、市議会に提出され、昨年3月に市議会で採択された。これを市が重視し、中国への土地売却を断念した」(前出・新潟市役所経済・国際部国際課)
 万代小学校跡地の広さは約5000坪。そして、中国が買った信濃川沿いの土地も5000坪。現在の総領事館の10倍以上にも及ぶ。東京・南麻布の中国大使館でも3333坪である。なぜ中国は総領事館の用地として、5000坪もの広大な土地にこだわるのか。
 中国側は利用目的について、新潟市にこう説明しているという。
「職員は17人程度だが、コックや運転手などを含めるとかなりの数になるので、それらの方々とその家族を住まわせる宿舎を敷地内に入れたい。また、総領事公邸や事務棟、新潟市民とも交流ができる広い庭も作りたいという話だった」(新潟市役所経済・国際部国際課)
 しかし、この説明を鵜呑みにすることはできない。本来、地方の総領事館がやることといえば、職員の人数からもわかるように主たる業務はビザの発行くらい。通商問題の処理等もあるものの、こんなに広大な土地を取得する必要性はまったくないのだ。
 ではなぜ、中国は広大な総領事館、しかも新潟にこだわるのか。
 中国出身で、中国の内情に詳しい石平・拓殖大学客員教授は中国の国家戦略をもとにこう語る。
「中国は2005年に北朝鮮の羅津港を租借し、悲願だった日本海進出の拠点を確保した。そこから新潟までは一直線で、今後、新潟は中国にとって戦略上の重要な拠点となる可能性が十分にある」
 自民党の参院議員で元陸上自衛官の佐藤正久氏は、中国が2年前に制定した「国防動員法」との関連を懸念する。国防動員法とは、中国が他国と戦争状態になった際には、中国国民はすべて動員され、戦争に協力しなければならないとする法律である。その対象は中国国内にいる国民だけでなく、海外に住む中国人も含まれる。
「中国の国防動員法では、有事などの際に、人民解放軍が自国民保護のために他国に上陸することも可能だとしている。日中関係が緊迫した時に、新潟の総領事館はその拠点として、軍事要塞化されるのではないかという不安の声もあるが、我々は許しません。さらにいえば、新潟は北朝鮮による拉致の拠点にもなっていた。中国は北朝鮮の後ろ楯ですから、北朝鮮の工作員なども総領事館に逃げ込む可能性がある」
 問題は、中国が取得した土地にいったん公館が建てられれば、そこに日本の公権力が及ばなくなることだ。
 ウィーン条約は22条1項で次のように規定している。
<使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない>
 軍事ジャーナリストの井上和彦氏がいう。
「仮に中国が取得した土地に総領事館が建てば、そこは治外法権になってしまう。外交官が普段から使っている車の中も治外法権になる。そうなれば、中国が総領事館の中で、爆弾を作ろうが何をしようが一切手出しはできない。まさに日本国内に“中国の領土”ができるのに等しいのです」
 外務省に問い合わせると、
「本年1月、在京中国大使館からの連絡によれば、中国側は当該民有地取得のための売買契約を締結済みであると承知しています」
 と回答をした。しかし、この問題を追及する自民党の小野寺五典衆院議員は、新潟の土地売却を阻止するチャンスはまだゼロではないと話す。
「日本には外国人土地法という、土地取得に制限をかける法律があります。しかし、この法律に基づいた政令が規定されていないため宙ぶらりんになっているのです。政令で定めれば中国による土地取得を阻止できるのですから、一刻も早く法整備すべきでしょう」
※週刊ポスト2012年6月15日号
~~~
中国に新潟の土地売った中国大使に日本人の矜持ないと櫻井氏
2012.04.05 16:00
■国際NGO/プラン・ジャパン www.plan-japan.org
《子どもの力を信じる寄付》途上国への支援。今、あなたの力が必要です
インタレストマッチ – 広告の掲載について
 国家の基本は、国民と国土である。しかし、最近、新潟での広大な土地取得契約をはじめ、日本各地で中国による土地の買収が以前にもまして急激に進んでいる。ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、こうした現状を「危機的状況」と警告する。巨大な“カネの力”に、どう対抗すべきか。
 * * *
 中国による日本の国土への脅威は「尖閣」だけにとどまらず、列島のあちこちを侵食しています。
 最近では、新潟市と名古屋市で、中国総領事館の用地取得の動きが進んでいます。なぜ新潟と名古屋なのか? 
 中国の動きには当然、理由があります。日本国内にある中国大使館・総領事館は7か所ですが、すでに東京・大阪・福岡・札幌・長崎の5か所は中国政府に土地を所有されてしまっています。残る2か所が、新潟と名古屋なのです。現在この2か所は、賃貸で総領事館が運営されています。
 新潟市では今年3月、県庁そばの民有地約1万5000平方メートルが中国総領事館側と売買契約されていたことが明らかになりました。問題の土地では、すでに契約は済んでいますが、3月上旬時点では登記はなされていないと聞きます。日本における土地の所有権は他国に比べて非常に強く、いったん中国の手に渡れば、この広大な土地が治外法権と化してしまう可能性が高いのです。
 そもそも、総領事館に1万5000平方メートルという広大な土地が必要とは考えられません。ここからは、単純に「現在は賃貸だが所有したい」というだけにはとどまらない中国の戦略的な意図が見えてきます。
 新潟は、地政学的に非常に重要な位置にあります。
 中国は2005年に北朝鮮の羅津港の第1埠頭を租借し、金正恩体制になってからは100万tの米の見返りに羅津港の第4、第5、第6埠頭の建設権を得て租借しました。羅津から進路を東に取れば津軽海峡で、すでに中国にとって太平洋への重要な出口になっています。
 そして羅津から潮の流れに乗って南下すれば、佐渡島、さらにその先の新潟にぶつかります。中国が佐渡島と新潟に拠点を作ることができれば、日本海は中国の“内海”化する危険性があります。中国側から見れば、だからこそ拠点となる新潟市に広大な土地を求めていると言えます。まさに日本の安全保障に関わる問題なのです。
 そもそも、このような事態を招いたのは、北京にいる丹羽宇一郎大使らの気概なき外交です。
 昨年7月、日本政府は北京に新しい日本大使館を完成させましたが、中国政府は申請のなかった吹き抜けが建築されているとして使用を認めませんでした。そのうえで新潟と名古屋の土地の買い取りについて、日本政府に便宜をはかるよう要求してきたのです。
 この筋違いの要求に、丹羽氏らはうろたえたのでしょう。そして本省に泣きついたのではないでしょうか。玄葉光一郎外相、野田首相の了承を経て、「中国側の要請に関連国際法に従って協力する」との口上書を中国側に提出しました。この前代未聞の屈辱的な対応の結果、その2日後には日本大使館の使用許可が下りました。
 明らかにバーターによる妥協であり、丹羽氏と日本政府はまんまと中国の罠にはまったのです。丹羽氏は伊藤忠商事の元会長で、商社マンとしては有能だったのかもしれませんが、一体、氏には日本人としての矜持があるのでしょうか。こんな人物を大使に任命した民主党政権の責任は極めて重いと言えます。
※SAPIO2012年4月25日号

http://www.news-postseven.com/archives/20120405_99925.html

中国 膨大な次世代エネルギー源眠る新潟を虎視眈々と狙い中
2011.01.19 17:00
 中国は利を得るためなら表の顔を裏の顔を巧妙に使い分ける。数々の美名のもとに、今日も中国は日本に謀略の攻勢をかけている。ジャーナリスト・櫻井よしこ氏が指摘する
 * * *
 中国の侵略の定型は、人口力を使って相手国に浸透し、影響力を拡大する手法です。具体的にいえば、中華街の建設です。アジアの最貧国・ラオスの首都ビエンチャンでは、2009年に中国政府が突然広大な土地を入手し、62万人の町に5万人の巨大中華街をつくりました。人の好いラオス人は狡猾な中国人に席巻され、早くもラオス全体が中国の強い影響下に組み入れられつつあります。
 そしていま、中国が日本国内で狙いをつけているのが新潟市です。09年3月、沖縄に総領事館を置きたいとの要望が日本外務省に拒否されたとき、代わりに浮上したのが新潟でした。中国総領事館はすぐに新潟市のコンベンションセンター「朱鷺メッセ」で業務を開始し、昨年7月には市中心部にある万代小学校の跡地約5000坪の購入を希望しました。総領事館を設置すると同時に、最近閉店した百貨店跡地に中華街を作りたいというのです。この構想は篠田昭市長らの賛同を得て、実現間近に迫りました。
 なぜ新潟市なのか。6年前、中国は北朝鮮の日本海側最北の港、羅津の50年間の租借権を得ました。その契約内容は、中国の行政権も及ぶ、植民地時代の遺物のようなものです。
 中国は羅津港から中朝国境までの約60キロに幹線道路を作り、そこも租借しました。中国は自国から日本海に直接出入りできる道路と港を確保したのです。
 日本海をはさんで羅津のすぐ向かいの新潟を、中国が最重要拠点と位置づけるのは当然のことです。さらに新潟沖には、次世代のエネルギー源のひとつといわれる膨大な量のメタンハイドレートが眠っています。地政学的にも、資源面でも、新潟は中国にとって非常に魅力的な土地なのです。
 東シナ海のみならず、日本の富も技術も、人材も自然も、すべて中国のために活用することが自らの国益だと考えるのが中国です。中華街は「街の活性化」という美名のもと、日本を実質的に支配していく拠点となるのです。その後、中華街構想の危うさを知った市議会議員らの後援会の反対もあり、小学校跡地の売却は凍結されました。しかし、「凍結」はいつ解除されるかわかりません。
 そもそも、日本政府も民間の日本人も、中国の土地は1ミリたりとも買うことはできません。他方、中国が日本で堂々と土地を買い漁れるのは極めて理不尽です。この不平等を放置せず、中国人による土地購入に待ったをかける法律を早急に検討すべきです。
※週刊ポスト2011年1月28日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110119_10413.html

新潟で土地取得の中国 言いがかりつけ外務省屈服させた経緯
2012.06.05 16:00
 中国が総領事館の建設用地名目で新潟市から5000坪もの土地を買収した問題は、治外法権で有事の際に軍事要塞化するのではないかなどと、懸念の声も出ている。
 日本の国益を大きく損なう可能性のある新潟市の土地売却問題。なぜ国は中国の行動を放置しているのか。実は中国が日本に言いがかりをつけ、それに参った日本がバンザイをしてしまったという経緯がある。
 その“言いがかり”とは、昨年7月に完成した北京の日本大使館をめぐる問題である。日本大使館は8月に中国側に建築確認を申請したが、中国側は申請にない増築があったとして違法建築とみなし、使用を認めなかった。
 この時、中国側が持ち出したのが、新潟市と名古屋市の総領事館用の土地の問題だったとされる。中国は日本国内に7つの公館を持っているが、新潟と名古屋を除いては、自らが所有する土地の上に建っている。
 中国は、「賃貸」ではなく、恒常的に自由に利用できる「所有」にこだわっているとされる。それを実現するために、日本大使館の使用を許可する代わりに、残る2つの総領事館用の土地を売れともちかけてきたわけだ。
 外務省はこのバーターを受け入れてしまう。1月19日付で「日本国内の中国総領事館移転に際し、国際法及び国内法に則った上で対処する」旨の口上書を中国側に渡したのだ。口上書は署名はいらないものの、公式の信書であり、軽々に提出するものではない。
 この問題を2月の衆院予算委員会で明らかにしたのが、この問題を追及する自民党の小野寺五典衆院議員だった。
「北京の丹羽宇一郎大使が同行の記者団に『中国に対して口上書を出した』と話したと知り、その内容を確認したら、あまりにも異常なものだった。既に完成しながら入居できずにいた大使館の使用を許可してもらう“裏取引”のために、政府は口上書を出していたのです。それは日本が口上書を提出した2日後に、中国が半年近くも放っておかれた大使館の建築確認を急転直下で下ろしていることからも明らかです」(小野寺氏)
 予算委員会での小野寺氏の質問に対し、玄葉光一郎外相は、
「我が方在中国大使館事務所の移転と、中国側の在日公館施設の建設とは別問題との立場を維持した上で、中国側の要請に関連の国際法に従い、中国国内法令の範囲内で協力する立場を表明した。その際、中国側から、日本側の立場を文書に、との依頼があったため、口上書にして中国側に伝えた」
 などと答弁。口上書を出していたことを認めた。
 玄葉外相は日本大使館の件とは「別問題」としたが、経緯を見れば、「日本政府が中国に尻尾をつかまれて、どう考えても常識外の広大な土地を中国の領事業務に差し出すことへの協力を約束してしまった」(小野寺氏)ことは明白だろう。
 中国に言いがかりをつけられ、中国に日本の領土を売り渡すよう便宜を図る。これを、国益を守るべき政府・外務省が行なっているのだから、まさに「売国外交」である(ちなみに名古屋の総領事館の移転に関しては、中国は財務省が所有する国有地の売却を求めているが、河村たかし市長が明確に反対したため、計画はストップしたままになっている)。外務省に改めて質問したところ、
「(土地取得にあたり、事前に相談を受けたりしたことは?)そういうことはありません。(新潟総領事館移設先の広さについては)中国側に対して広大な土地が必要な理由につき説明を求め、現在、引き続き、中国側の回答を待っている状況です」(報道課)
 と回答した。しかし、元外務省外交官の天木直人氏はこう断言する。
「総領事館を設置するかどうかを認めるのは外務省。外務省が関与していないというのはおかしい。外務省が出した口上書を1つとっても関与は確実。政府と外務省は外交と主権を放棄しているように見える」
※週刊ポスト2012年6月15日号

http://www.news-postseven.com/archives/20120605_113458.html

日本外務省 中国のゴリ押し要求に応じ領事館用の土地を譲渡

2012.03.08 07:00

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子…など、様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開する。現在、本サイトでは、3月2日に配信された5号に掲載されている「櫻井よしこの今週のオピニオン」を全文公開しているが、今回はその完結編。北京の日本大使館を巡る日本外務省の“許されざる妥協”ついて櫻井はこう語る。

 * * *
 中国の実相を正視し、正面から向き合い、主張すべきことを主張しなければならないにも拘わらず、日本外交は心許ない。日本国の主張を展開するどころか、昨年七月に完成した北京の新しい日本大使館の建築確認を巡って、日本外務省がしてはならない妥協をしていたことが判明した。

 日本大使館の建築確認を申請したところ、中国側が条件を出したという。中国が名古屋市と新潟市で、領事館用地として希望している土地の購入に便宜をはかるよう申し入れたというのだ。この件は自民党外交部会の調査によって明らかになっている。

 それに対して北京の丹羽宇一郎大使以下日本の外交官は抗することが出来ず、本省に助けを求めたのであろう。本省もまた、建築確認と日本国内の土地譲渡は無関係だという当然のことを言えず、中国の理不尽な要求を受け入れて、口上書を出したというのだ。

 周知のように、中国は国土のひとかけらも売らない。だから米国は、大使館用であれ領事館用であれ、中国政府にアメリカの国土を売り渡すことはしない。これは当然の相互主義である。対して日本は政府が率先して中国政府への土地売りに走るのである。その中国は尖閣諸島を中国の核心的利益と言うのである。

 日中関係のなんと一方的でいびつなことか。日本外交のなんと無様なことか。世にチャイナスクールと呼ばれる人々ほど祖国への愛を欠き、国益を害するものはないと断ずるゆえんである。

 現在、米朝合意に向けた両国の交渉が進んでいる。詳細は詰められていないが、経験不足の金正恩体制に対し、アメリカも必死で食い込みを図っているのである。本来、日本は韓国による平和統一を全力で支持しなければならない立場だ。拉致問題解決のためにも、リアルタイムで北朝鮮をめぐる諸国の動きを把握しておかなければならない。その上で、現実的な手を打つべき時なのだ。

※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』5号で読めます。『メルマガNEWSポストセブン』http://www.news-postseven.com/archives/20120308_92914.html

ミステリーサークルが伝える日付には何が・・・・・・・

投稿日: 2012年6月4日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★
ミステリー・サークルが伝える日付け

6月2日、イギリスに現れた、新しいクロップ・サークル(ミステリー・サークル)
ポーラー・クロックの形をしています。
解析した人によると、指している日付は、2012年8月4日(土曜日)19:43:53 だとか。
スペース・ファミリーは、この日に何が起きると、伝えているのでしょうか?

我々は2012年6月2日に報告の形成は、極性、クロックに似ていると信じています。それは時間だけでなく、日付だけでなく、を示す時計のようなものです。形成に示されているメッセージを分析するためには、まず、(図を参照してください。1)画像を回転させなければなりませんでした。その後、我々は、アプリケーションPolarClock3を(PixelBreakerによって)実行されます。その後我々はモニター画面に表示極クロックが形成上の1つとして同じであったように日付と時刻を設定します。

 

F IG。1:ウリンは、2012年6月2日、NRマールボロ、ウィルトシャー州、ドライヴ

(ソース:www.cropcircleconnector.com 2012年2月6日アクセス)

図。2:取得したポーラー·クロック

空中ショットが形成される垂直に取らなかったので、我々は、表示される時間についてはよく分からないですが、我々は少なくとも日付が正しいと考えることができると思います。あなたが写真1と2を比較すると、形成は、以下の日付と時刻を伝えることがわかります。午後7時43分53秒 8月4日(土曜日)に2012。我々は全くありませんアイデアは、この特定の時間が意味するかもしれないものを。この日付が重要であるべき理由、誰かが見つけることを願っています。