放射能除去方法はあるのだ、イスカンダルまで行かなくても・・

投稿日: 2012年6月18日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

放射能を除去出來る技術は開發濟みである事はちやんと認識してゐる。何十年も前に楢崎皐月氏が開發し國に其の裝置を渡したとされる。反磁力を應用したものと思はれる放射能除去裝置があるであらうし、C60フラーレン、つまり煤を用いて放射性物質を吸着させ、其の唱えるマントラでDNAを脩復する、アグニホートラと云ふ古代から傳はる技術もある。

抑圧されてきたテクノロジーの一つに、放射能を中和できる可能性が、とっくに見出されていたようです。スカラー電磁波を用いて、原子核内のクウォークをはじき飛ばすことにより、別の元素に変えたり、半減期を短くする、といったことができるとか。ハートの贈りもの

スカラー電磁気学のフリーエネルギーシステム を可能にする同じ原則で、放射性物質を非放射性物質に変えることを(理論的に)可能にします。例:世界中の危険な大量の核廃棄物は無害にすることができます。Cheniere.org においては、スカラー(長期的な EM波)を使って物質を処理して変更する方法の「暫定的な特許出願書」を持っています。これは放射性廃棄物と他の放射性物質の処理を含みます。

日本の農業技術研究所の研究によると、玄米を白米にするとストロンチウムは80~90%が除去され、セシウムは65% が取り除かれるそうだhttp://savechild.net/archives/11201.html白血病予防に玄米食をやめよう。

スーパーにサーベイメーターを持ち込んで、魚の放射能汚染度を調べてきました。そうしたら、出るわ、出るわ、78種類の魚の切り身を調べましたが、放射能反応が出なかったのは、ブラックタイガーのエビ、千葉県産の鰯、徳島産のイナダ、静岡産のしらす、北海道産の鮭のみです。http://grnba.com/iiyama/

チェルノブイリでは、20年後に現地の実態調査に入った五井野正博士が、明日にも死ぬと宣告された重篤の白血病の子どもたち50人を選んで、 博士が開発した自然生薬の「GOP(五井野プロシジャー)」で完治させ、その治癒過程が現地のウクライナ国営放送で「救世者」とドキュメント放送された。

海藻はあらかじめ安全なヨウ素を取り込んでおく事で、放射性ヨウ素を取り込まないようにするのに対し、味噌は放射性ヨウ素の排泄を高めてくれるようですね。

、放射能を体外に排出する微生物活用のキレート剤も民間レベルでは存在する。これらの真実が国民レベルで拡がれば、政府は隠すことはできない。 是非、江戸時代の士農工商をこえた私的な「勉強会」のように、「ネット」「口コミ」で本当の情報を伝えて欲しい。

最初に原発を撤廃することから。

原発を推進する国は衰退へと向かう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。