アーカイブ

2012年7月のすべての投稿

火星に行ったアイゼンハワーの孫

投稿日: 2012年7月22日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

火星に行ったアイゼンハワーの孫

http://elhappy.blog51.fc2.com/blog-entry-3566.html より

1981年に2回火星基地にテレポートして行っています。また、ローラ・アイゼンハワーは2006年に火星の植民地に行ったと証言しています。

mars

実際に、その基地に行った2人のアメリカ人、アンドリュー・D・パシャーゴ氏とアイゼンハワー大統領の孫のローラ・マグダリーン・アイゼンハワーという女性が2010年に共同声明で、その事実を暴露しています。

アンドリュー・D・パシャーゴ氏は、少年時代に100年前のリンカーン大統領のゲティスバーグの演説の現場にタイムスリップし、唯一残っている写真にその姿が映っているのだそうです(下写真の中央にいる少年)。time

彼は、1981年に2回火星基地にテレポートして行った、またローラ・アイゼンハワーは、2006年に火星の植民地に行ったと証言しているそうで、実際、火星では息のできるレベルの酸素があって地球人がちゃんと生活ができる環境があるそうです。

さらに、パシャーゴ氏は、火星には、アーリア系人種やインド人、ケルト人、ペルシャ人、ギリシャ人、スラブ人等のが住んでいたそうです。
そして、彼らは火星人として暮らしていて、時々、地球から派遣グループとして政治家、軍人たちがやって来て滞在していくそうです。
さらに火星には、レプティリアン、リトルグレイ、ラージグレイ、ドラコニアンといった宇宙人やプレシオサウルスのような恐竜もいるそうです。

火星に行くには、現在の地球の技術では何年もかかりますが、これは宇宙人がセッティングしてくれるから行けるわけで、何のために造っているかというと、2012年問題のために火星基地を造っているためなのだそうです。

マヤの予言による2012年12月21日に地球が大異変に見舞われることを予測して、国策としてアメリカは選りすぐりの人々を火星に送り込んでいるようなのです。これは現代版「ノアの箱舟」であり、「第四の選択」という訳です。
マヤの暦は元々、プレアデス星人がマヤ人に教えた情報で、プレアデス人はその責任を感じているのですが、地球人が人格を向上し、様々な諸問題を解決して乗り越えていけると思っていたのですが、残念ながらそうではなさそうなので、「カウンシルオブ8(審議会8)」という存在を主体として行動を起こし始めているようなのです。

それが明らかになったのが2010年のことで、プレアデス、オリオン、シリウス、うしかい座、アルファ・センタウリ(ケンタウルス座アルファ星)、レクティル座ゼータ星、Consuli、Pousetiの8つの星からなる審議会です。このことをNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)の元職員スタンリー・A・フルハム氏が暴露しています。
審議会8のメンバーは現在の地球の環境汚染や環境破壊の状況を見て、種の保存ができないと判断をしたらしい。

これまでは、何があっても地球に不介入の立場(宇宙連合にはその星が調和を保っている場合には介入してはならないという決まりがある)を取っていたようだが、地球人は自分たちで未来を開けないと見切って干渉を開始したそうなのです。

それが、2010年10.13日のマンハッタンでのUFO目撃事件であり、あれは審議会8のデモンストレーションだったらしいのです。

実際の生活の火星に信じられないほどの Nasa の私たちが望む真実 Ufo オヴニー開示プロジェクト参照する必要があります

今日の産経抄のコラムで、毎週金曜日のデモに参加されていて、一言訴えた「坂本龍一さん(60)」について面白いコラムでした。

投稿日: 2012年7月21日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

7月21日

2012.7.21 03:13 [産経抄

 いまどきのおしゃれな文化人になるためにはどうすればいいのだろうか。若いときに電気をふんだんに使ったコンサートをやって人気者になり、ニューヨークの高級マンションに住む。もちろん税金は大好きな米国に払って日本には払わない。

 ▼菜食主義を一度は試し、電気自動車のコマーシャルに出る。還暦を過ぎれば流行の「反原発デモ」の先頭に立って、アジ演説をぶって拍手喝采される。目立ちたいのは文化人の業だが、もう少し本業に専念しては、と望むのは古くからのファンのないものねだりだ。

 ▼いままで書いてきたのは架空の人物の話。ただ、ミュージシャンの坂本龍一さん(60)が、16日に17万人集まったと称する(実際は7万5千人程度だったが)反原発集会での演説は、おしゃれな文化人そのものだった。

 ▼彼は、「たかが電気のために、この美しい日本の未来である子供の命を危険にさらすべきではない」とのたまった。確かに、たかが電気である。命には代えられない、と思わずうなずきたくなる甘いささやきではあるが、「たかが電気」がどれだけ多くの命を救ってきたことか。

 ▼東日本大震災でも17年前の阪神大震災でも真っ暗だった被災地に明かりが蘇(よみがえ)ったとき、どれだけの人々が感涙にむせんだことか。大震災直後の昨年春、たかが数時間の計画停電で、病院に影響が及び、どれだけの病人が困ったかを坂本教授は知らないのだろう。

 ▼昨日の首相官邸周辺でのデモには鳩山由紀夫元首相も参加した原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する左翼団体や金持ち文化人、それに選挙目当ての政治屋どもに踊らされていることに参加者はそろそろ気付かれた方がいい。

鳩山元首相が脱原発デモに参加 「思いは同じ」ーーーーでも最低だこの人は

2012.7.20 19:11 [鳩山由紀夫

首相官邸前の原発再稼働反対デモに参加、もみくちゃにされる鳩山由紀夫元首相(左)=20日午後、東京・永田町(酒巻俊介撮影)

首相官邸前の原発再稼働反対デモに参加、もみくちゃにされる鳩山由紀夫元首相(左)=20日午後、東京・永田町(酒巻俊介撮影)

 民主党の鳩山由紀夫元首相は20日夕、毎週金曜日に東京・永田町の首相官邸前で行われている関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)再稼働に反対する抗議デモに参加した。

 「皆さんの新しい民主主義の流れを大事にしなければならない。思いは同じです。流れを変える役割を果たしたい!」

 鳩山氏はマイクを握り、声を張り上げた。何を思ったか、「今から官邸に思いを伝えてきます」と唐突に宣言。参加者から拍手で送られ官邸の門をくぐったが、野田佳彦首相は九州視察のため不在で、藤村修官房長官が応対。鳩山氏は「再稼働への反対意見を首相に聞いてもらいたい」と訴えるのがやっとだった。

 政権与党の首相経験者が官邸前でデモに参加する異例の事態に、党内の多くはあぜんとするばかり。鳩山氏に近い議員も「鳩山氏の目立ちたがり屋ぶりは止められない」と嘆いた。

原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしよう

と画策する左翼団体や金持ち文化人、

それに選挙目当ての政治屋どもに

踊らされていることに参加者は

そろそろ気付かれた方がいい。

って

ちょっとこのコラムを書いた人は

日本人を見ていないような気がする

この世の悪に立ち向かうはheroだろ

勧善懲悪の水戸黄門世代は悪は悪ととらえて

今の民衆の声を無視する野田代官は

許すことのできない悪人だから

若い人以上に我々中高年が頑張らなくては

ならないんだ

emo_mendokusaiemoji_panda_10

毎週金曜日夜の「官邸前・脱原発デモ」は、もう無視できない!野田(首相)を脅かす「あじさい革命」逮捕者が報じられない意味

投稿日: 2012年7月20日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

   集まった群衆らの興奮はピークに達し、押し合いへし合い。坂本氏が話すことが出来たのは、マイクを持ってから数分後のことだった〔PHOTO〕本多治季

「これだけ官邸前に市民が集まるのは、40年ぶりです。長い闘いになる。再稼働されても、諦めずに頑張りましょう」

 ミュージシャンの坂本龍一氏(写真中央)はマイクを持って、こう訴えた。

 3月以来、毎週金曜夜の恒例になった首相官邸への反原発デモが7月6日も行われ、小雨が降る中、主催者発表で15万人(警視庁発表で約2万人)の大群衆が官邸の周囲を埋め尽くした。チュニジアのジャスミン革命になぞらえて「あじさい革命」と呼ばれる官邸前デモに参加したのは、若者のカップルや子供連れ、高齢者など様々。「再稼働反対」など、思い思いのプラカードを掲げ、抗議の声をあげながら歩く。500人動員された警察官と一部で小競り合いも起き、永田町一帯は騒然とした雰囲気に包まれた。

 参加者は、ツイッターやフェイスブックの呼びかけで集まった人がメイン。3月のスタート当初は300人程度だったが、雪だるま式に膨れ上がった。デモに参加した20代の女性は「みんな楽しそうで、気軽に参加できます」と答えた。主催する市民団体の一人も、「スタッフはデモなどで知り合った人たちが自然に集まった形で、100人以上がボランティアとして活動しています。みんな意見はばらばらですが、それでいい」と話す。

 デモでは、主催者側が終了時間を厳格に守るなど「規律」にこだわり、「40年前」(’70年安保闘争)とはかなり雰囲気が違うのだ。実際、逮捕者はたった一人である。

「6月22日のデモの際、一人、逮捕者が出ました。しかし、公務執行妨害という微罪でもあり、マスコミには知らせていません」(警視庁広報課)

 当局にも、ある思惑がある。全国紙社会部記者が説明する。

「違法行為があれば当然、逮捕する。しかし、当局も無闇に逮捕者を出して、これ以上火に油を注ぎたくない」

 両者の思惑が妙に一致し、「革命いまだならず」なのだ。しかし、野田佳彦首相は6月、デモについて「大きな音だね」と表現し、反発を買ったばかり今では、金曜日夜の外出予定もたてられないでいる。ニューヨーク・タイムズ東京支局長、マーティン・ファクラー氏は言う。

「デモの背景には、国民が無視され続け、横に置かれていることへの憤慨がある」


7月9日、反対運動を刺激するかのように、関西電力大飯原発3号機がフル稼働に達した。無視できない規模になったデモ—。着実に野田首相の足下を「あじさい」が脅かし始めている。

「フライデー」2012年7月27日号より

明の上奏文に「尖閣は琉球」と明記 中国主張の根拠崩れる

投稿日: 2012年7月17日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

「尖閣は琉球」と明記 日本の領土でもない

中国・明代の『石泉山房文集』。赤線を引いた一節に赤嶼(大正島)が「琉球の境」と記されている=「四庫全書存目叢書」(荘厳文化公司)から

中国・明代の『石泉山房文集』。赤線を引いた一節に赤嶼(大正島)が「琉球の境」と記されている=「四庫全書存目叢書」(荘厳文化公司)から

 120717_0837~01image

明の上奏文に「尖閣は琉球」と明記 中国主張の根拠崩れる

2012.7.17 08:38

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)のひとつ、大正島について、中国・明から1561年に琉球王朝(沖縄)へ派遣された使節、郭汝霖(かく・じょりん)が皇帝に提出した上奏文に「琉球」と明記されていたことが、石井望・長崎純心大准教授(漢文学)の調査で分かった。中国は尖閣諸島を「明代から中国の領土で台湾の付属島嶼(とうしょ)だった」と主張しているが、根拠が大きく崩れることになる。

 尖閣の帰属に関しては1895(明治28)年に日本が正式に領有した後の1920(大正9)年、魚釣島に漂着した中国漁民を助けてもらったとして中華民国駐長崎領事が石垣の人々に贈った「感謝状」に「日本帝国八重山郡尖閣列島」と明記されていたことが明らかになっている。明代にも琉球側と記していた中国史料の存在が明らかになるのは初めて。

 上奏文が収められていたのは、郭が書いた文書を集めた『石泉山房文集』。このうち、帰国後に琉球への航海中の模様を上奏した文のなかで「行きて閏(うるう)五月初三日に至り、琉球の境に渉(わた)る。界地は赤嶼(せきしょ)(大正島)と名づけらる」と記していた。現在の中国は大正島を「赤尾嶼(せきびしょ)」と呼んでいる。

 石井准教授によると「渉る」は入る、「界地」は境界の意味で、「分析すると、赤嶼そのものが琉球人の命名した境界で、明の皇帝の使節団がそれを正式に認めていたことになる」と指摘している。

 石井准教授の調査ではこのほか、1683年に派遣された清の琉球使節、汪楫(おうしゅう)が道中を詠んだ漢詩で「東沙山(とうささん)を過ぐればこれ●山(びんざん)の尽くるところなり」《現在の台湾・馬祖島(ばそとう)を過ぎれば福建省が尽きる》と中国は大陸から約15キロしか離れていない島までとの認識を示していたことも分かった。

 その後に勅命編纂(へんさん)された清の地理書『大清一統志(だいしんいっとうし)』も台湾の北東端を「鶏籠城(けいろうじょう)(現在の基隆(きりゅう)市)」と定めていたことが、すでに下條正男・拓殖大教授の調べで明らかになっている。

 中国は尖閣周辺の石油資源などが明らかになった1970年ごろから領有権を主張し始め、71年12月の外務省声明で「釣魚島などの島嶼(尖閣諸島)は昔から中国の領土。早くも明代にこれらの島嶼はすでに中国の海上防衛区域の中に含まれており、それは琉球(沖縄)に属するものではなく台湾の付属島嶼だった」と根拠づけていた。

 石井准教授は「中国が尖閣を領有していたとする史料がどこにもないことは判明していたが、さらに少なくとも大正島を琉球だと認識した史料もあったことが分かり、中国の主張に歴史的根拠がないことがいっそ

う明白になった」と指摘している。

●=門の中に虫

imageimage

子宮頸がんワクチンは、人類の縮小を狙っている??

投稿日: 2012年7月7日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

image

6月28日付けの朝日新聞に恐ろしい記事が載っていた。見逃した読者も多かったかもしれないが、それは子宮頸ガンワクチンの接種に関するものであった。厚生労働省は27日、3月末時点で、

子宮頸ガンを予防するワクチンを接種した後に、失神を起こしたり意識がはっきりしなくなったりした女性が812人に達したことを発表。

接種によって不妊症になるのではないかと心配されている子宮頸ガンワクチンであるが、そのワクチンには2種類あり、2009年に 発売されたのが「サーバリックス」ワクチンで、11年発売が「ガーダシル」ワクチンである。接種者数はサーバーリックスが253万人、 ガーダシルが31万人と前者が圧倒的に多い。

その「サーバリックス」ワクチンの添付文書には、感染の予防効果が不確かであることが明記されている。 つまり、効くか効かないかまったく分からないワクチンを、女の子達は国の予算を使って打たされているのである。ほくそ笑んでいるのは製薬会社と医療機関、それに人口削減を目論む「闇の勢力」である。

そんな不確かなワクチンは2月21日付けの「“ 国民総背番号制” の導入2」の後段に記しておいたように、劇薬指定されている危険な薬品でもあるのだ。今回 、意識を失う失神状態やそれに近い症状を起こした人の数が812人に も達したのは、女性が持つ子供を産むという大切な役割を破壊させる成分に対して、本能的に体が拒否反応を起こしからではないだろうか。だとすると、文字通りの劇薬である。

マスコミの記事には、失神症状を起こしたのはワクチンによる副作用でなく、筋肉注射の痛みや恐怖によるショックが原因のようだと、記されているが、私はそんなことはあり得ないのではないかと 思っている。もしも、注射の痛みや恐怖心が原因だとするなら、これまでにどれだけの幼児や子供たちが、注射 や予防接種を受けるたびに失神状態になったことだろうか。考えたらすぐに分かることである。

厚生省や医療関係者の発言を鵜呑みにしたこうしたずさんな取材に基づいた記事を読むと、最近のマスコミがいかに地に落ちてしまったかが分かろうというものだ。新聞もテレビも製薬会社 からの巨額な宣伝費の収入を維持するためには、決して深入りした記事は書くなと言うわけであろう。なんとも情けないことである。まさに「今さえ、自分さえ、金さえ」の「3さえ主義」の典型例である。

年頃の子供さんを持つ母親の皆さんには、どのワクチンにも必ず副作用があり、ワクチンなるものは決して安全で無害でないことを肝に銘じておいて頂き、「3回分の接種、今なら無料」の誘いに乗らないようにして欲しいものである。

私が母親だったら、効能がはっきりしない上に不妊症が懸念されているワクチンなど決して打たせない。下のブログを見れば分かるように、子宮頸ガンを発生させると言われているHPV(ヒト パピローマ ウイルス)がそれほど恐ろしいものでないことや、一旦接種してしまったら取り返しがつかないことを考えたら、安易に打たせるわけにはいかない。

皆さんが人口削減を目指す「陰の勢力」の出先機関「WHO(世界保健機構)」や製薬会社の策略に乗らないことを願っている。

こういうことがTPPで検証が何もなされないうちにやられるんだ。だからTPPには絶対反対なんだ。白人は黄色人種なんてなんとも思わない、誰が死のうと生きようとも・・・・