尖閣諸島について海外のコラムから抜き書き

投稿日: 2012年10月7日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

釣魚/尖閣諸島:日本の学者応答

私は最近投稿ハンイショーによる解説、日本は実質的に戦争の戦利品として、1895年に中国から釣魚/尖閣諸島を盗んだと主張し、台湾からの学者。私は反対のケースを作るために日本の学者を招聘し、私は西孝幸、静岡県立大学のグローバル地域センター助教授からの応答を掲示して嬉しいです。いつものように、私はあなたのコメントやフィードバックを歓迎します。-ニコラス·クリストフ

尖閣諸島/釣魚島は中国の “固有の領土”であるという中国の主張の人民共和国は、1970年前に独自の要求と矛盾している。

1970年前、中国の人民共和国は単に尖閣諸島/釣魚島に対する日本の主権を黙認しませんでした。具体的には “尖閣諸島”を備えながらも、中国は、日本の行政への復帰のオプションを使用して、米国投与琉球諸島のために自決を要求した。このように、中国は日本の行政に琉球諸島の復帰の際に、米国は日本にも尖閣諸島を返す必要があり、米国や日本と合意した。
禁反言のコモンローの法理は、当事者がすでに事実として述べたものと矛盾する主張または拒否を行うことによって得るのパーティを防ぎます。

日本と中国はこれまで裁判所に尖閣諸島/釣魚島に対する中国の主張を参照することに同意するものとした場合、国際司法裁判所規程第38条によると、裁判所は、次のいずれかの4基準を適用しなければならないか、当事者はそれに同意する場合、それらを無視して元aequoらボノ(すなわち、右と良いものによるのではなく、法律に基づいて)ケースを決定します。

。国際条約は、一般的または特定のかどうか、明示的に係争国によって認識ルールの確立;
B。国際カスタム、法律として受け入れ一般慣行の証拠として、
C。文明国によって認識法の一般原則;
D。第59条の規定は、司法判断および様々な国の中で最も優秀な広報担当の教えに従うことを条件として、子会社として法の規則を決定するための手段。

裁判所は、島々をめぐる紛争を含む例数、禁反言での一般的な原則を適用しております。

したがって、合法的に中国の主張を判断するための最も重要な証拠は、具体的に日本の政権に復帰するオプションを使用して “尖閣諸島”を含む米国投与琉球列島の自己決定のための1970年前の中国の需要である。

例えば、人民日報、中国共産党中央委員会の公式の新聞は、1月の”米国の占領に反対する琉球諸島の人々の闘い”(Liuqiu Qundao人民fandui Meiguo zhanling douzheng)と題した記事を発表8、1953。これは通常のパーティラインを与えることが慎重に編集された”ドキュメント”(ziliao)セクションに掲載されました。全記事はここに簡略化された文字に転記される。の画像記事の前半はここにある

最初の文は、琉球諸島を定義します:

琉球諸島は我々の国の台湾と日本の九州島の南西の北東に海の中に散在し、島の7つのグループ、[Jiange Zhudao]、先島諸島、大東諸島、沖縄諸島、大島諸島、トカラすなわち尖閣諸島が含まれています諸島、大隅諸島、大小の島々がそれぞれ、以上の50の島々には名前があります以上の400は、名前の付いていないと低い値です。自分たちの土地の面積は4670平方キロメートルにのぼります。

琉球諸島の自決は、オプションとして、日本本土に復帰すると、最後の文(および他の場所)で要求されています。

琉球の人々の米国による奴隷化に対する軍事基地への米国による琉球の変革の闘い、自由、解放、そして平和のためには単離されていないが、それは独立、民主主義のための日本の人々の闘いと不可分の関係にある、と平和、それはアジア太平洋の人々の闘いと不可分であり、世界のすべての国の人々が平和を守るためにあるので、米国の占領によって、琉球の人々の継続的な野蛮な弾圧にもかかわらず、最終的な勝利は、琉球人に必然的に属している。

要するに、中国は猛烈に沖縄と日本本土からサポートされていた在韓米軍が戦っている間も、中国への転送以外の米国投与 “尖閣諸島”の成果を要求した。この中国の需要は島の状況についての無知の結果として離れて説明することはできません。

彼らは最も最近認識国境を越え禁反言とは無関係であるので、私は、前にここで氏ハンイShawの選択、19世紀からの文書の解釈を評価しません。

ショー氏の解釈は完全に正しかった場合は、議論のために、その後、中華人民共和国(かつ明示的に、台湾で中華民国)は法的には全くの不足によって、誤って尖閣諸島/釣魚島を勘当した1970年前に島への関心。

西孝幸は静岡県では、静岡の大学でアジアと地域研究のためのグローバル·センターのプロジェクトアシスタントの教授である。

釣魚/尖閣諸島の背後に不都合な真実

釣魚島は福建省(1871)の改訂された地名にカバラン、台湾で記録されます。ハンイショー釣魚島は福建省(1871)の改訂された地名にカバラン、台湾で記録されます。

私は釣魚/尖閣諸島、日本と中国の間で危険な領土紛争の対象で長年関心を持っていた。アメリカは中立であることを主張するが、実質的に日本とのサイディングであり、戦争が起こった場合、これまで我々がで描かれる可能性があります。私は中国の最近の反日デモに暴力を嘆くことをはっきり言いましょう:暴力行為は非難されるべきであり、中国は無理いじめっ子のように見えるのです。中国政府はこの揮発性のナショナリズムを抑えるのではなく、それを養う必要があります。これは双方が国際司法裁判所を参照してくださいではなく、路上で沸騰させるべきである論争です。それは私が最高の主張を持っている人の根底にある問題を見たとき、私は中国の立場に同情的だ、と述べた。私は、中国が1945年と1970年の間に日本の主権を黙認ように見えたこともあって、それが100%はっきりしているとは思わないが、バランスの上に、私はかなり説得力のある中国の主権のための証拠を見つける。最も興味深い証拠は古い日本の政府文書から出現すると、日本は実質的に戦争の戦利品として、1895年に中国からの島を盗んだことを示唆している。ハンイショー、台湾出身の学者によるこの記事では、これらのドキュメントを探る。私は反対の訴訟事件を作るためにどんな日本の学者を招待します -ニコラス·クリストフ

釣魚/尖閣諸島の日本の最近の購入は、予想通り、中国、日本、台湾の間で緊張が再燃している。三ヶ月前、丹羽宇一郎中国大使は、時の島々の日本の購入は”極めて深刻な危機”と口火を切る可能性があると警告し、中国と日本の間を、東京都知事石原慎太郎は、未修飾の大使として丹羽を放った “学習する必要がある、 “自分の国の歴史について。

丹羽大使は、彼の発言について謝罪することを余儀なくされたと最近交換しました。しかし、どのようなこれらの開発の中で最も警戒すべきなのは、日本の民主的で多元的な社会にもかかわらず、上昇ナショナリストの感情は適度な景色をsideliningかつ合理的な対話を妨げているということです。

日本政府は釣魚/尖閣諸島は国際法と歴史的な観点の下で日本の領土であることを維持した繰り返し異論が存在しないと主張した。世界の残りの部分は主要な論争を見てそれにもかかわらず、日本政府は1895年に島の、その違法編入背後に重要な歴史的事実を回避し続けています。
具体的には、日本政府が主張する、 “上に1885年から、私たちの政府は島が無人島と制御の兆候は清帝国によって認められなかったことが確認され調査時間と再び、現場に行った。”

日本の国立公文書館、外交記録局、防衛研究所図書館のための国立研究所から出土し、40以上の公式の明治時代の文書の私の研究は明らかに明治政府が戻って1885年に島の中国の所有権を認めたことを示している。

初のオンサイト調査の後、1885年に、日本の外相が中国の新聞は台湾の隣に位置し、中国に属する占領の島々の我々の意図の噂を報告しています….この時点で、我々が公に国民を配置した場合 “と書いた。マーカーは、これは必ずしも中国の疑惑を招く必要があります。… ”

1885年11月には、沖縄知事は、 “問題は、私は私の責任のために墓悔い改めになるトラブルが発生した場合は、この問題は、中国と無関係ではないので、”確認しました。

“島の調査が不完全である” 1892年の1月に新しい沖縄知事は書いている。彼は海軍の船の開聞が島を調査するために送信されることを要求しましたが、最終的に誤解や悪天候の組み合わせは、それが不可能な調査が行われるようにしました。

明治政府が繰り返し係争の島を調査しなかったと断言1894年5月12日付けの手紙。日本外交レコーズ事務所。明治政府が繰り返し係争の島を調査しなかったと断言1894年5月12日付けの手紙。

沖縄知事が1894年に書いた “島が戻って1885年に沖縄警察機関によって調査されて以来、全く後続のフィールド調査では、そこに実施されていない”。

中国人の数は日清戦争で敗北した後、日本の内務省からのレポートは、 “この問題は、中国との交渉に関与し…しかし、状況今日は当時とは大きく異なる”と述べた明治政府は、早期の閣議決定後に1895年には、速やかに島々が組み込まれていました。

中国との交渉も行われていないと、この決定は、日清戦争時に渡されたことがない。それは公開されることはありませんでした。

彼の伝記では古賀Tatsushiro、明治政府から島々をリースした最初の日本人は、島への日本の所持を帰せ “我々の帝国軍の勇敢な軍事的勝利。”

まとめると、これらの公式文書 “とは、現地調査の時間と再び”明治政府が基地に続く島の占領をしなかったことを疑う余地はないのではなく、戦争の戦利品としてそれらを併合した。これは日本政府が都合よく忌避したことを不都合な真実です。

日本は北京でも台北でもない、第二次世界大戦後のアメリカ政権に反対と主張している。それは事実だが、どのような日​​本が言及していないと、北京でも台北でもないが、米国が管理者権限を派生し、そこから、1951年のサンフランシスコ講和条約の署名者として招待されたということです。

日本は1895年に釣魚/尖閣諸島を併合したとき、それは台湾からそれらを切り離すと沖縄県の下に置きました。また、日本名 “尖閣諸島”自体は最初の学術黒岩恒によって1900年に導入され、その後日本政府によって採択された。半世紀後、日本は中国に台湾を返したとき、双方は中国の知らない人が住んでいない “尖閣諸島”は、実際には前者釣魚島でした。ということで、台湾の1945年行政配置を採用した これは戦後の島の米政権以上台北、北京から遅ればせながら抗議を説明しています。

島々を肯定海軍司令官から1892年8月12日付けの報告書は、これまで十分に明らかにされなかった。 出典:防衛研究のための研究所の図書館。島々を肯定海軍司令官から1892年8月12日付けの報告書は、これまで十分に明らかにされなかった。出典:防衛研究のための研究所の図書館。

日本政府は頻繁に中国が島は中国であると考えていなかったことの証拠として二つの文書を引用している。第一は、日本の領土として島を記載されていることを1920年5月20日付けの長崎での中国領事からの正式な手紙です。

北京でも釣魚/尖閣諸島という台北の紛争も – 台湾の島全体と一緒には – 時に日本の占領下に正式になりました。しかし、後の第二次世界大戦の手配につき、日本は侵略から得た領土を放棄するとそのプレ1895法的地位にそれらを戻すことが必要でした。

2枚目の証拠は中国の領土から尖閣諸島を除いた1958年から中国の地図です。しかし、日本政府の部分的な除幕式は、マップの奥付から重要な情報を残します: “特定の国家の境界は第二次日清戦争(1937年から1945年)の前にコンパイルされたマップに基づいています。”

清期間(1644-1911)のレコードは1895年前に釣魚/尖閣諸島の中国の所有権を立証する。特使文書は “。中国と外国の土地を区切る境界線”の島は内部に存在していることを示し、台湾の地名辞典によると、カバラン、台湾の管轄下にある “釣魚島は、10以上の大型船を収容する”。

知る権利は、すべての民主主義の根幹である。日本国民は話の他の側面を知るに値する。それが最大のリスクではなく、島自体をポーズ国益の名の下に炎世論政治家である。

ハンイショーは、国際法学、台北の国立政治大学、台湾研究センターの研究員である。

尖閣諸島/釣魚島の詳細

バイニコラスクリストフ

私は最近ブログを書き、日本の尖閣諸島と中国の釣魚島として知られている無人島をめぐる中国と日本の間にアジアでの騒ぎについて。台湾は良い測定の場合との両方が、それらを主張している。私は、彼らはまた、もっともらしくいかなる国家にも属さない、テラコッタnullisかもしれないが、中国は、彼らに少し良い主張を持っているように見えた、と主張した。ここではtiffで最新です。

でも、領土問題が存在することを認めていない日本は、私のブログの記事に抗議し、私にその引数の一部をまとめた手紙を書いた。私が説得していないよ – それは、中国が、それは台湾の州全体を失っていたように弱っていたいくつかの不毛の岩の差し押さえに抗議しなかったと言うことは愚かなようだ – しかし、日本が作るために有効な点を持っていません。私はそれが法的判断ではなく、相反する主張を解決するためにブルートフォースのための先例を設定し、国際司法裁判所に問題の紹介を求めることを願っています。

私は、1980年代以降の島の浮き沈みに続いて、アジアについての我々の2000年の本に私の妻と一緒に紹介記事を書いてきた “東からサンダー”ああ、私は彼らに着陸する方法を発見したことがない、と私は、米国が紛争に引きずり込まれることを心配しないでください。私は前の項目で述べ​​たように、米国は、理論的にはUS /日米安全保障条約の文言に基づいて島への日本の主張を守るために必要です。実際には、我々はしないだろうが、そうしないと我々の失敗はアジア全域反響を引き起こすでしょう。いずれにせよ、ここでは明らかに日本の外務大臣(誰がこのブログを読み込んでいる人を知っている?)の依頼で書かれた抗議の日本人の手紙、からの抜粋です。私は島は中国の可能性が高いことが示唆されたので、私はそれらに応答する機会を与えたいと思う:

1)1885年以降、尖閣諸島の調査は徹底的に沖縄県の機関や、他の方法を介して、日本政府によって行われていた。これらの調査を通して、尖閣諸島が無人島と中国の支配下にあったことの痕跡は認められなかったされていたことが確認された。この確認に基づき、日本政府は正式に日本の領土に尖閣諸島を組み込むために島にマーカーを建てるために1895年1月14日に閣議決定を行いました。

2)それ以来、尖閣諸島は​​継続的に日本の領土南西諸島の不可欠な部分として残っています。これらの島はどちらも台湾の一部でも1895年5月に施行された下関条約の第2条に基づき、中国の清朝から日本に割譲された澎湖諸島の一部であった。

3)したがって、尖閣諸島は​​日本がサンフランシスコ平和条約の第II条の下の放棄領土に含まれていません。尖閣諸島が言っ条約第三条に基づき、南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれており、地域に含まれており、管理者権限がその上に日本に戻った琉球諸島及び大東諸島は、1971年6月17日に署名に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定に従って。事実は、本明細書で明らかに日本の領土の一部である尖閣諸島の状態を示す概略。

4)中国はサンフランシスコ平和条約第三条に基づき米国の施政下にある諸島の状況に異議なしを表明していないという事実は明らかに、中国は台湾の一部として、尖閣諸島を考慮していなかったことを示しています。これは、中国と台湾当局の政府は尖閣諸島に関する質問を上げるようになったのは東シナ海の大陸棚に石油資源の開発の問題が表面化してきた1970年の後半までではなかった。

5)あなたのコラムは、中国は尖閣諸島へのより良い主張を持っているポイントを作るために、このような “中国の航行記録”などの歴史的な写本や “1783年の日本の地図”に焦点を当てています。しかし、尖閣諸島に関する中国の主張をサポートするために、国際法に照らして、 “歴史的、地理や地質”の証拠として中国政府が提起した点がどれも有効な根拠を提供しませんのでご注意ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。