南京の人口は「大虐殺」後も20万人のままで全く減少していないどころか、1ヶ月後には25万人に増えているのです

投稿日: 2013年4月12日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

南京の人口の資料を閣僚などに配布しました。事務所にお願いしてFAXで送っていただいたものを掲載いたします。ご覧いただければ一目瞭然、南京の人口は「大虐殺」後も20万人のままで全く減少していないどころか、1ヶ月後には25万人に増えているのです。
  この資料が国会の質問で使われたということは画期的な出来事です。「南京事件はなかった」という立場の質問が初めて、国会の場で、根拠をもってなされたことになるからです。自虐史観の本命である南京事件の教科書記述を根本的に改めるたたかいの第1歩が踏み出されました。

339x480xa973d6d9680314d84e5c0d25

こんな資料があったのですね。反日教育や宣伝に使われている南京大虐殺で30万人犠牲になったという話は、資料から全く捏造だと言うことが分かる貴重な資料だと思います。

30万人が犠牲になったら当然人口はマイナスになっていますよね。正しい歴史教育が相互理解と信頼に繋がると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。