アーカイブ

2014年2月のすべての投稿

「歴史の真実を求める世界連合会」からのお願い

投稿日: 2014年2月22日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

「歴史の真実を求める世界連合会」からのお願い

寄付のお願い
 当会としては、出版、放送、講演会などを通じて広報活動を展開していきますが、その他にグレンデール市の慰安婦像の撤去のために、米国の法律に基づく法廷闘争に持ち込み、裁判の過程において歴史的な真実を公表し、いわゆる「従軍慰安婦」説の虚構を詳らかにし、また当該市の慰安婦像の設置は米国憲法に違反していること、すなわち連邦政府の権限を侵していることを明らかにして、撤去を要求する計画です。この法廷闘争には、かなりの費用がかかり、且つ、長期にわたることが予想されますので、いくらかでも貴重な資金の提供をいただければ幸甚に存じます。ご協力を深く感謝いたします。

銀行振込みによる資金提供
■ 銀行: 三井住友銀行 六本木支店
■ 口座: 桜の花出版株式会社 歴史の真実の会寄付金口座
■ 口座番号: 支店619  普通預金口座  7544532

「歴史の真実を求める世界連合会」http://gahtjp.org/

浅田真央選手が戦って来たもの

投稿日: 2014年2月21日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

たった一人で、孤高の戦いをしてきた彼女。。。そして、守るどころが、生け贄に差し出した日本スケート連盟のダニどもは絶対に許すことができません。

中谷 優樹さんの写真

image

中谷 優樹さんの写真

【浅田真央選手が戦って来たもの】キムヨナ選手のジャンプ、ステップ、スピン、スパイラル、すべての要素において、浅田真央選手に迫るものですらない…
『日本の皆さんは、「浅田真央がノーミスなら当然金メダルだったはず・・・」と思っているでしょう。
違います……
浅田真央の代わりにプルシェンコが滑って、4回転ジャンプをかましても、キム・ヨナに勝つのは無理なんです。(2010年のブログより)』
これはソチ五輪に対してのものではない。2010年のバンクーバー五輪の時に書かれたものだ。
もちろん、「プルシェンコ」と「羽生結弦」を入れ替えても同じ意味になるようだ。
このブログは、浅田真央選手とフィギュアスケートをこよなく愛する方の、フィギュア界に警鐘を鳴らすブログです。
以下、ブログより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 私がフィギュアスケートを見るようになったのは、リレハンメル五輪のシーズンのグランプリシリーズ、NHK杯からですから、もう17年になろうとしています。その、フィギュア観戦生活の中で、私は今、これまでに味わったことのないような、暗澹たる思いで胸がいっぱいです。バンクーバー五輪の女子シングルの競技を終えて、一夜明けた今、寝るに眠れず、このレポートを書いています。
 果たしてそれにどんな意味があるのか。私にもわかりません。ただ、いちフィギュアスケートファンとして、この現状を諦め、口をつぐむには、あまりにも今回の出来事は悲惨すぎる。少しでも多くの人に、現状を知ってほしい。そう思って、このレポートを書くことにしました。
 もちろん、主観だらけの内容になってしまうと思います。けれども、理解していただきたいのは、そこにあるのは、フィギュアスケートに対する愛です。誰がなんと言おうと、私はこのフィギュアスケートという競技を愛しているのだと思います。どんなにつらい思いをしても、納得できなくても。
 フィギュアファンとして、浅田真央のファンとして、今回の結果がどうにも納得できないと言ったら、ほとんどの人はこう思うでしょう。「ミスをしてしまったのだからしょうがない」「キムヨナは完璧だったのだから」。
 敗者は口をつぐむのが、日本では美徳とされています。私はそれを否定するつもりは全くありません。けれどもそれは、フェアに競技が行われた上での結果というのが大前提ではないでしょうか。中には、フェアではなかったとしても、それすらも納得して口をつぐんでしまう人も、日本人には少なくないと思いますが・・・。
 はじめに断っておきますが、私は決してキムヨナが嫌いなわけではありません。むしろ、4年前世界フィギュアで彼女の存在を認識した時は、浅田真央という天才にライバルができ、切磋琢磨できる状況になったということを歓迎しました。彼女たちが、これからどのように戦っていくのか、胸を躍らせたほどです。
 間違えてほしくないのは、このレポートが「キムヨナ批判」ではないということです。時には、キムヨナ本人を批判するような書き方になってしまうかもしれませんが、私にはそのような意図は全くありません。むしろ、キムヨナもある意味では被害者であるといえると思います。世界最高点をたたき出し、金メダリストとなったキムヨナは、素晴らしい選手だ、天才だ、と思われていることでしょう。ですが、実はフィギュアファンの目から見れば、主観を抜きにしたとしても、稀有な才能の持ち主というには、キムヨナはあまりにも凡庸すぎる。ジャンプにしろ、ステップにしろ、スピンにしろ、スパイラルにしろ、すべての要素において、浅田真央に迫るものですらないのです。ではなぜ、その彼女が「世界最高点」を出すに至ったのか。たゆまない努力のたまものだから、讃えるべきだという人もいるでしょう。しかし実は、その裏には様々な理由があるのです。
 あの大舞台にノーミスで滑れたこと。それくらいは讃えてもいいと思われるかもしれません。しかし、です。
 前置きが長くなってしまいましたが、私なりに、今回の出来事を分析してみようと思います。潔くないといわれてもかまいません。この腐ったフィギュアスケート界をなんとかしたいと思っている人間は、たくさんいるのです。それを、少しでも多くの人に知ってもらいたいと思います。
トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと。
キムヨナがフリーで3回も使うダブルアクセルの基礎点が突如3.3→3.5点にUP。加点をつける基準が難しい3回転と同じなので、簡単なダブルアクセルの前後には工夫ができあっさり毎度トリプルループ以上の点に
トリプルルッツとトリプルフリップの踏みわけが厳格化され、真央が1試合3回使う得点源であり3回転で一番基礎点の高い技トリプルルッツが不正扱いで使う度平均2,3点も減点。修正しない限り組み込めなくなる
真央の甘かったシットスピンの認定基準も厳格化。しかし真央即座に対応し深いシットスピンに…
実はキムヨナも3回転で2番目に基礎点の高いトリプルフリップの不正があった。ところが何故かキムヨナの不正トリプルフリップだけは見逃され続け驚異の加点 。
それでも真央が2008年ワールドで優勝してしまう。
その直後、来シーズンから今度は回転不足の厳格化を発表。更にトリプルルッツを跳べないでる浅田に、浅田の得意な3回転半を除いた。3回転5種類を跳んだ場合のボーナスを出す情報が流れる
予想通り真央のトリプルアクセルとトリプルループ、安藤のトリプルループ、特に二人ともセカンドトリプルループが怖いぐらい全く認められなくなる
ところがキムヨナの得意なセカンドトリプルトゥループだけは決して回転不足にならず初戦のアメリカ戦でトリプルフリップがまた見逃される。しかしVTRではっきりトリプルフリップの不正が映ってしまい、2戦目からエラーではない「!」の注意がつくも、彼女だけマイナスにならず小さいながら加点がつき続ける。
真央がトリプルサルコウを克服しルッツもなんとか矯正してくる。対照的にキムヨナはトリプルループが跳べなくなる
真央が文句のつけようのない演技をしてグランプリファイナル優勝するといつの間にか5種類ボーナスの話しが立ち消えに
五輪シーズン、8月に韓国でルール改正決定。真央の最大の得意技トリプルフリップも、蹴る足がつま先ではなくブレード全部で蹴ってるからと減点に。ジャパンオープンで矯正しても不正扱いされ浅田の最後の砦トリプルフリップも減点、しかもいじっていびつになり質が悪化、ついでにトリプルトゥループも減点ジャッジが登場
2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループ5輪シーズン、彼女のループを2回転含め全て潰す意図が明確にキムヨナはトリプルフリップの不正は再び注意もつかなくなり、フリーではトリプルフリップを跳ばずに世界最高得点更新
 いかがでしょうか。
浅田真央は、4年もの長きにわたって、これだけの仕打ちに耐え、乗り越えてきたのです。これだけの、浅田真央に不利でキムヨナに有利なルール改正。浅田真央が、何十年に一度の稀有な才能の持ち主でなければ、ここまで露骨なルール改正はなされなかったかもしれません。これでもか、これでもかと浅田真央をつぶしにかかり、それでもつぶれなかった浅田真央は、本当に頑張ったし、偉いと思います。
5.さいごに
 この四年というもの、フィギュアスケートファンが、どれほどの憤りを抱えてきたか、おそらくフィギュアを五輪でしか見ない人には想像もつかないでしょう。けれど、ここまでのまとめで少しだけでもわかっていただけたでしょうか。 それでも・・・と思われるでしょうか。
 私たちが忘れてはならないのは、浅田真央は間違いなく、世界的に見ても何十年に一度の稀有な才能の持ち主であり、キムヨナは凡庸な選手でしかないということです。
 凡庸な選手を、何年もかけてさもものすごい選手であるかのように仕立て上げた。五輪という大きな舞台で、世間に文句を言わせないために。
 キムヨナの演技というのは、フィギュアをよく知らない人から見れば、パーフェクトで素晴らしいものに見えるかもしれない(点数という後押しもあり)。しかし、フィギュアを少しでも詳しく知る人間から見れば、キムヨナの行っている演技は、五輪10位の選手ともたいして変わらない、平凡なものです。ただ難易度の低いプログラムを、自信たっぷりに滑っているから、素人目には素晴らしく見えるだけなのです。ジャンプ以外の要素・・・ステップ、スピン、スパイラル。すべての要素について、それは言えることです。
 では、自信たっぷりに滑れる彼女の精神力を讃えるべきだといわれるかもしれません。ですが、上記にあげたように、キムヨナは様々なものから守られている。採点基準・審判・マスコミ・・・。
 バンクーバー五輪フリーにおけるキムヨナの得点はどのようなものか、簡単に言ってしまえば、あのプログラムから、3-3のコンビネーション+3回転を一回、すっぽぬけたとしても優勝してしまえる。そのような異常な高得点なのです。ですが、コアなファンでなければ、そんなことはわかるはずもありません。1回や2回転んでも優勝できると分かっている選手と、世界最高の技をパーフェクトに滑っても優勝できないかもしれない選手が、同じプレッシャーであるわけがありません。
 そのような、プレッシャーのない状況ですから、キムヨナがノーミスで滑れるのは、別に驚くべきことではないのです。
 フィギュアスケートは、芸術的要素を多分に含んではいますが、スポーツです。それなのに、難易度の低いプログラムをプレッシャーのない状況で滑った選手が勝ち、異常なプレッシャーの中で、それでも大技に果敢に挑戦した選手が負ける・・・。そんなことがあって許されていいのでしょうか?
 高得点が出るのはキムヨナのほうが、表現力に優れているからでは?と思われる方は、上にある画像をもう一度見ていただきたい。明らかに、浅田真央のほうが技術だけでなく表現力にも優れていることがよくわかるでしょう。
 平凡平凡と何度も書きましたが、それは浅田真央と比べたらの話であって、キムヨナに才能がないわけではありません。トップレベルであることは間違いない。ただ、浅田真央が天才すぎただけです。浅田真央が天才すぎなければ、ここまで念入りに、キムヨナを「世界最高」に仕立て上げる必要もなかったかもしれない・・・とも思います。ある意味、キムヨナも被害者かもしれないというのは、そういうところにあります。
 「仕立て上げられた世界王者」この言葉を、私はこれからもずっと忘れないでしょう。そして、浅田真央がこの四年間で何をされてきたか、そしてそれをいかにして乗り越えてきたか。それを、私はできるだけ多くの人に伝えていきたいと思っています。冒頭にも書きましたが、私はフィギュアスケートを愛しているからです。
 浅田真央は、間違いなく、もっともっと、世界的に評価されなければいけないスケーターです。私は、浅田真央とキムヨナが甲乙つけがたいと評価されるだけでも我慢がならないのです。
どうか、この思いが、少しでも多くの人に伝わりますように。
そして、フィギュアスケートの現状が少しでもいいから変わりますように。
★浅田真央が戦って来たもの
http://www31.atwiki.jp/injustice/pages/14.html?flag_mobilex=3

“外国人参政権”には、大反対です。

投稿日: 2014年2月15日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

【三か月を過ぎた頃に、大どんでん返しを!】
都知事選の次点宇都宮健児氏を支持した政党は、「繰り上げ当選」を狙って色んな動きをしているようです。
ご存じのように3ヶ月以内に、舛添氏が辞任した場合は、宇都宮健児氏が繰り上げ当選してしまいます。
ですから
何とか舛添さんには、(イヤですが…)三か月は頑張っていただきましょう;…
その後、大どんでん返しを起こすのす!
今から戦闘準備・・・イザ!( `_)乂(_’ )
マスコミがひたすら隠している本当の争点は“外国人参政権”です!!

1653861_350464285091788_450792316_n
————————————-
「そこまで言って委員会」の平沼赳夫氏 対 公明党の白浜一良氏
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-642.html
————————————-
繰り返しになり恐縮ですが、外国人参政権は憲法違反です。o02000050103394362431
憲法一五条「選挙権を有するのは日本国民である」
その違反行為を率先して行おうとしているのが公明党(創価学会)です。
舛添都知事は公明党のお蔭で当選したのですから彼等の良いように事が運ぶ恐れがあります。
以前にもご紹介させて頂きましたが、静岡新聞朝刊「論壇」(平成16年10月25日:添付画像)には
在日外国人の参政権問題は金大中氏が大統領時代に、池田大作創価学会名誉会長に求め、その代わりに韓国における創価学会の
「布教禁止措置を解く」との合意ができたとされている。
との事。
都民の方々に周知徹底して行かねば…!

1888631_350464281758455_1259069596_n1891278_350464375091779_1955369098_n1911796_350464405091776_1965566480_n

311大震災は核兵器を使った

投稿日: 2014年2月13日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

●ジム・ストーン:元アメリカ国家安全保障局内部告発
311大震災は核兵器を使った
http://www.youtube.com/watch?v=tLV2YAsFn9U

——————————————————-
これもTPP首謀者です。
ユダヤ系のマグナBSP社による「安全管理」とは監視カメラの事だそうです。

〔ココから文字おこし〕
最初、私は国家安全保障局(NSA)で働いていました。
そこで、技術面での教育を受けました。
1992年に、大きな問題があることに私は気が付きました。
国がどのように運営されようが、大学で問題があることに私は気が付きました。
そしてそれが、この国で誰が問題を引き起こしているか明らかにしようとする主要な証跡だったのです。
誰がバラバラに引き裂いているのか、や、誰が経済的に私たちを奴隷にしているのか、や誰がそれらすべての狂った法律を書いているのか、をです。
そして私はそれ以来、話の真相を得ようと20年を費やしました。
私はユダヤコミュニティ内部で2年を費やし、たくさんのくだらないものを発見しました。
私はたくさんの発見をしましたが、それを発表するには怠惰で、来年やろう来年やろうといった感じになっていました。
そして福島が起きたのです。
それで私は福島問題を調べ始めました。

私はすべての機密情報を手に入れました。
まず最初に、日本で絶対に9.0の地震は起きていませんでした。
それは、とても事実によって証明されていて、それは仙台では建物が倒れていませんでしたし、もしすべての都市を引き裂いているあの津波のビデオを見てもらえば、地震では、それらの建物は完全に無傷だったのです。
ですから今、福島に関して我々が知っていることは、そこの海に核兵器が設置されていたのだということなのです。
新しい形のテロなのです。

(インタビュアー):
  OK、私もあなたに同意します。
  私は実際に、内部告発者の証言を聞きました。
  実際は、福島の下に核が埋められていたのだと私は聞きました。
  それが、私が言われたことです。
そうですね。埋めた会社もわかっています。
埋めた理由もわかっていますし、全てわかっています。

(インタビュアー):
  OK、スタックスネットについてはどうなのでしょうか?
  なぜなら、スタックスネットこそがイスラエルに起因するものだと思うのですが、違いますか?
そうです。

イスラエルがスタックスネットと呼ばれるウィルスに取り組んでいます。
このウィルスは、入り込んで産業用制御システムを攻撃するように特定して設計されています。
そして、何をするかというと、全ての読出しを維持しながら、機械の全てを故障させるので、オペレーターには通常通りに見える、というものです。
そして機械は完全に故障してしまうのです。
スタックスネットはシステムに入り込み、通常とはどんなものかを学習するのです。ですから、そこにアイドルモードで残り、1か月か、もしくは彼らがシステムを学ばせたい期間、設置させるのです。
福島の場合では、スタックスネットは4か月間程植えられていました。
そして学んだのです。

オペレーターが完全に、燃料棒の温度を制御していることや、温度はこんな方法で、こんな割合で落ちる、だとかをです。
それから燃料棒を入れると、この方法で温度が上がり、圧力が上がり、タービンの速度が上がったり下がったりするだとか、現在起きているフリをするのです。
ですからスタックスネットは、そこでその施設で、オペレーターが行う全てを学ぶのです。4か月に渡ってです。それを植えつけた会社は、マグナBSP社と呼ばれています。私が言いたいのは…私は彼らにメールを送っていて、彼らが施設に埋め込んだ核兵器の写真も持っています。

彼らがしたこととは、イスラエルで座って(机上で)津波を引き起こし、イスラエルで座って津波が原発を襲うのを待っていたんです。
地震に襲われるとすぐに、原子炉は自動的に緊急停止を始めます。
なぜならこれらの原子力施設は、本質的に安全に設定されているからです。
ですから、地震的なものが何か起きたとしても、電気的(トラブル)なものが起きたとしても、原子炉は自動的にスタンバイモードになるのです。
そしてこれは福島で起きました。
津波が起きて約40分後に起きたことは、彼らは発電機を停止させたのです。
彼らはどうにか原子炉への遠隔インターネットリンクを得たのです。
これはエルサレム・ポストで報告されました。

このマグナBSP社は、非現実的に巨大な核用カメラを福島施設内部に持っていて、そのカメラへのインターネット接続も持っており、その施設を撮影するために、そのカメラは災害を通して、ずっとそこに置かれていたのです。
そして彼らはご存じのように、読み取り自動モーターを爆破させるスタックスネットか、全てが爆破されるまで、スタックスネットの管理を使用したのです。
わかるでしょう?
どのようになっているかという、ちょっとした福島の図表です。
彼らが核兵器を置いた場所に、私は矢印を付けています。

1920410_349506745187542_1057727740_n
この写真の下の方にスクロールを下げると、実際の福島のニュースの写真と、実際のニュースを見ることができます。
この写真のある一番下の方です。
そして、偽装立体鏡カメラがありました。
銃型核兵器の図が二つあります。
これがその中にあったと私は考え始めています。
明らかに一致しているのです。

(インタビュアー):
  そうですね。私もこの情報は知っています。
  確か、あなたにコンタクトを取るずっと前でした。
  私からあなたへの質問なのですが、この情報を手にして何が起きたと思っているのですか?
  別の言葉で言うと、あなたの文章は非常によくできています。
  他の人々もそうだと思うのですが、わかるでしょう?
  私はいくつかの別のところでそれに遭遇したと思います。
  ですから、どう思いますか?
  言い換えると、基本的にはそれ(311)はイスラエルの偽旗作戦なのでしょう?
そうです。
これは偽旗作戦です。

(インタビュアー):
  この問題を離れたくはないのですが、
  私たちは実際に入って行ったイスラエルの波及効果という観点から

       扱っています。
  イスラエルが単独で行動したと思いますか?
  わかるでしょう?こう言うのは悲しいことなのですが、

      他の国も関わっていて、
  私たち(米国)が、ほぼ関わっているようなのです。

私はたくさんの報告書を持っています。
それは、米国海軍が核爆発の起きた日本海溝にいた、というものです。
福島のページをスクロールで下げると、本当に震源地を乗せています。
メディアが報告した震源地も載せています。
この地震の本当に震源地は、60マイル内陸にあり、そしてメディアが報告したこの震源地は、日本海溝にある半島近い沖24マイルのところです。
これは・・・これは全部作られたものなのです。

(インタビュアー):
  さて、ジム、あなたの肩書が何であったのか教えていただけますでしょうか?
  もしくは、あなたがしていたことの識別は何だったのでしょうか?
ある意味では、信号過程保管システム修復を保持するための電子労働者でした。
基本的には、そこでの最高レベルにありました。
新しいシステムの開発とかいったものは、私たちはしていませんでした。
ですが、誰もそれについて知ることがなく、それについて訓練されたこともないブラックボックスがあったとしたら、私たちこそが、それが何か、それが何をしたかを見つけ出すことを期待され、それが働くようにするのです。

私たちは、そういった類の人々でした。
アメリカ国家安全保障局の中で、私たちはほんの少数です。
ともかく、それが私が入っていた全てです。
(インタビュアー):
  OK、感謝します。
そしてその後に、人々にとって重要な知っておくことは、私がそこを出た後、
コントローラと自動化システム産業に働きに行きました。
そして福島にあった制御システムのタイプに、私はよく精通していたのです。
それが可能だと私は知っていたのです。
私が実際に福島を設計した技師にインタビューをした時に、
私が何も教えられていないのに詳しく知っていることに彼らは驚いていました。
なぜなら私は、システムの詳細を彼らに話していたからで、
彼らは(それに対して)どうして知っているんだ??? とね。
いったん、あるレベルの資格を得ると、どんなシステムであれ、よく知ることができるのです。

(インタビュアー):
  何であろうが、あなたは見ることが可能であると?
  また、あなたは電子戦争部門と言っていましたね。
  ですからあなたは、スタックスネットを理解することが可能だったんですよね?
そうです。

(インタビュアー):
  なぜなら私は、それがかなり洗練されたウィルスだと聞かされたからです。
あなたがしなければならないのは、何でも偽造することができるウィルスがあることに気付くことです。

(インタビュアー):
  OK、さて、進めていく前に、あなたがまだ愛国者かどうかお聞きしたいのです。
私はとてもアメリカを愛しています。
私の祖国ですし、そこにいる人々を愛しています。
ですが、アメリカは犯罪エリートたちに乗っ取られています。
自分の命への脅威があり、私は自分の国から逃げたのです。そこにいられないのです。

その国に固執するのが私の意図だったのです。
そして、彼らが行うすべてが真実ですが、私の人生への脅威の試みの後には、
福島レポートの為に2回投獄されましたし、数多くの脅迫を受けました。
私は去らなければならなかったのです。選択肢はありませんでした。
私はその国を去りたくはなかったのですが、そこでは随分傷つけられました。
現在アメリカでは、多くの人々が傷つけられています。
ですが、この国の様々なシステムの中で苦しんだり傷つけられたりしている人々は、これがアメリカのシステムではないことに気が付かなければなりません。
アメリカでは、国を征服し、人々を征服するシステムが置かれ、そして国を地に叩き落とし、すっかり破壊するのです。
それが起きているんです。

そして、アメリカに怒っても仕方がないことに気が付かなければなりません。
国の権力を奪い、破壊への道を敷いた人々に対して怒るべきなのです。
(インタビュアー):
  そうですね。これ以上あなたに同意できない程です。
私は国を失ってしまいました。
こういう風になってしまったことが非常に悲しいです。
ですが、私はもうそこにはいられないのです。
私にはただ、もう何もできないのです。
私に何が起きているかの参照は、私にはサイトがありますので、そこに話を載せています。
フロントページに行って、「ユダヤコミュニティでの私の経験」と入力していただければ
それら全てがそのページにあります。
全ての死の脅迫や、私に起きている全てがそのページにあります。  

(インタビュアー):
  原子炉3号機が爆発してしまいました。
  何によってですか? 核によってですか?
YES。
これは…4号機には、この施設には、2つの核が仕込まれていました。
4号機では、核爆発があった時に、圧力下にはありませんでした。
なぜならこれはサンプルだったからです。
ですが、3号機で核が爆発した時には、少なくとも3000PSI、恐らく5000PSIの圧力が出ていたのです。
イランでは、1150PSIでした。

*最新の小型核兵器は放射線があまり出ず、核兵器ということがバレにくい…とのこと。
これはありえないことで、
存在していない制御はイスラエルの貴重なスタックスネットウィルスに感染しているのです。

このウィルスは、すべてが破壊されようが爆破されようが、その前後も全ての読み取りを通常に保つのです。
ですから1か月の間、この原子炉はそこにあって、写真では明らかに破壊されていますが、
コントロールルームでは、この存在すらしない原子炉から、温度の読み取りや圧力の読み取り、
全てが通常の読み取りを得ているのです。
これは、ウィルスを通してからなのです。
そこにあって、ずっとそこにあって、これがそのウィルスがそこにあるという絶対的な証拠なのです。

私の意見では、この国では本当に、何も危険なことは起きてはいません。
現在私はメキシコにいます。
なぜなら私は、このフクシマの報告書の関係で、国から追われているからです。
私には、数多くの私の生命への試み(脅迫)があり、2回投獄されたんです。
いいですか?ですから、メキシコ地震が起きたときに、私はここにいたんです。
最初のリンクです。一番右側のコラムにある「メキシコ地震人工地震の検証」をクリックしてください。
それは、少なくとも私に来た報告書では、オバマの娘がこの地震の最中にチアパス州地区にいたということです。
ここでオバマが、「我々はイランとの戦争には行かない」とイスラエルに対して言ったことで脅されているのです。
あなたはこのサイトを見る必要があります。
もし今、そうでなければ、このリンクを見てください。「メキシコ地震人工地震の検証」決定的証拠です。

この、前もって計画されたこの演習で起きたことは、実際の生活の中で確実に起きたことなのです。
そしてこれは、多くの事が言っているのですが、
我々には地震機械(地震兵器)があるので、今や我々には地震の引き金を引く方法があるのです。
(インタビュアー):
  OK、ですが何故、3つの計画で攻撃されたのでしょうか?
  わかるでしょう? 地震・核・津波の3つです。
911の時のように、各施設を爆破したければ、理由がなければなりません。
タワーを崩壊させたければ、飛行機が突っ込まなければなりません。
可能性あるシナリオを提供するために、原子力工場を爆破させたければ津波が存在しなければならないのです。
(インタビュアー):
  津波はまるで、カバーのようなものだったんですよね?
そうです。
津波はカバーでした。

津波は、911の時の飛行機なのです。
国家安全保障局には、道徳的で非常に優秀な人々が大勢います。
彼らは区別された個別の機関下にあるのです。
ですから、彼らが何か邪悪なことをしていても、それがわからないのです。
なぜなら彼らは、自分たちの仕事が何に利用されているのか知りませんし、
命令がどこから来ているのかも知りません。
彼らは非常に善良で正直な頭のいい人たちです。
ですが、私は彼らをそこに入れておこうと思っています。
私はこの時代全体の、環境と言う名の偽旗テロがなくなることを望んでいるのです。
——————————————————————————
(文字起こし終わり)

1619470_349506741854209_1400917641_n1622210_349506738520876_1708230400_n1653904_349506705187546_2147064150_n1656167_349506711854212_850171914_n1660528_349506718520878_910477494_n1743716_349506768520873_1827115044_n1897690_349506698520880_1209733422_n1902792_349506725187544_1472047485_n1920410_349506745187542_1057727740_n

人工地震自体は珍しいものではなく、
戦争中から、アメリカはやってきました。
画像は東南海地震(昭和19年12月7日 午後1時36分)M7.9、アメリカが日本の行った核による人工地震の攻撃です。

—————
浜田和幸総務大臣政務官
「地震兵器とか自然改変装置というのは別にアメリカだけではなくて
旧ソ連も今のロシアも中国も、多くの国々がですね、研究開発に
余念なく取り組んで来た事実があります。
しかも、地震、或いは津波を人工的に起こすという事は、
実は技術的には充分可能だと言われているのは、国際政治軍事上に於いてはですね
『常識化』されている訳であります。
そういった意味で、スマトラ沖地震の問題にしてもそういう可能性がある
という事を充分踏まえた上で、世界の国際政治の現実
という事を捉える必要がある。
というのが私の基本的な考え方であります。」
(2011年7月11日衆議院復興特別委員会)

http://www.youtube.com/watch?v=sfr6NoMEZYk

「日本人の敵は日本人」なのか。

投稿日: 2014年2月12日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

 中国と韓国が、日本を貶める謀略宣伝(プロパガンダ)を強めている。靖国神社参拝や慰安婦問題では、欧米にも同調する動きがある。安倍晋三首相率いる日本はどう対処すべきなのか。在日50年、英フィナンシャル・タイムズや、米ニューヨーク・タイムズの東京支局長などを歴任し、「英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄」(祥伝社新書)を出版したヘンリー・S・ストークス氏10+ 件(75)が、単独インタビューに応じた。

 話題の新著は、東京・有楽町の日本外国特派員協会で最古参という筆者が、戦後、戦勝国の都合で作り上げられた「日本悪玉論」を断罪し、靖国参拝や慰安婦、南京事件の問題点に鋭く切り込んだもの。「日本はアジアの希望の光」と記す、日本人必読の1冊だ。

 まず、安倍首相の評価を尋ねると、ストークス氏10+ 件は「よくやっている。(ダボス会議などで)国際的な評価を受けた最初の日本の首相だ。これほど高く評価された日本の政治家は他にいない。私は安倍晋太郎元外相を知っており、岸信介元首相も取材した。安倍首相は父と祖父を超えたといえる」と絶賛した。
 中韓両国が批判し、駐日米国大使館なども「失望した」とのコメントを出した、安倍首相の靖国参拝についても聞いた。
 ストークス氏は「靖国神社には霊力がある。清浄で神聖な空間がそこにある」といい、よく比較される米国のアーリントン墓地などとは全く異なる存在だと主張した。

 そのうえで、A級戦犯の合祀も含めて、「そもそも、(戦勝国の復讐劇である)東京裁判に正当性があったのだろうか。インドのパール判事も『全員無罪だった』と述べていた。国のために戦った英霊に哀悼の誠を表し、平和を祈るのは政治家の権利であり義務だ。靖国参拝に他国の許可などいらない。公式とか非公式にとらわれず、安倍首相は堂々と参拝すべきだ」と語った。
 ストークス氏は著書で、米国の公的資料を裏付けとして、「『慰安婦』の実体は、もちろん『性奴隷』ではまったくない」「高級娼婦だ」と記している。そして、「『南京大虐殺』も『従軍慰安婦』問題も、捏造された情報の発信源は、ほかならぬ日本人だった」と指摘する。やはり、「日本人の敵は日本人」なのか。
 韓国系団体が全米各地で、慰安婦の碑や像を設置していることを聞くと、「韓国人は行動が激しい。私は東京特派員の時、当初は英雄だと思っていた金大中(キム・デジュン)元大統領の欺瞞について書いたら、韓国の友人に激怒された。慰安婦を英雄視するのはStupid(=ばかばかしい)」と語った。
 そのうえで、日本人に対し、「すべての事実を明らかにして、(英語で効果的な)発信してゆくべきだ。中国や、韓国は、日本が反駁(はんばく)しないことをいいことに、謀略宣伝に利用している。このままでは、ずっと日本は世界中から糾弾され続ける」と警鐘を鳴らした。(安積明子)

■ヘンリー・S・ストークス 1938年、英国生まれ。61年、オックスフォード大学修士課程修了後、62年、フィナンシャル・タイムズ社入社。64年に東京支局初代支局長、67年に英ザ・タイムズ東京支局長、78年にニューヨーク・タイムズ東京支局長を歴任。三島由紀夫と最も親しかった外国人記者としても知られる。著書に『三島由紀夫 生と死』(徳間書店)、共著に『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』(祥伝社新書)など。

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書) [新書]

ヘンリー・S・ストークス (著)image

ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人

投稿日: 2014年2月7日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人
日本の各地でザビエルは布教するのですが、
出会った日本人が彼に決まって尋ねた事があります。
それは、「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本に…
こなかったのか」ということでした。
image
そして、「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、
今、どこでどうしているのか」ということだった。
つまり、自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけれども、
洗礼を受けず死んでしまったご先祖はどうなるのか、
やっぱり地獄に落ちているのか・・・・・

当時の日本人はザビエルにこういう質問を投げかけた。
元来、キリスト教においては、洗礼を受けてない人は皆地獄ですから、
ザビエルもそう答えました。すると日本人が追求するわけです。
「あなたの信じている神様というのは、ずいぶん無慈悲だし、
無能ではないのか。全能の神というのであれば、
私のご先祖様ぐらい救ってくれてもいいではないか」

ザビエルは困ってしまいまして、本国への手紙に次のように書きました。
「日本人は文化水準が高く、よほど立派な宣教師でないと、
日本の布教は苦労するであろう」と。
当時の中国にも、韓国にも、
インドシナにもこうしたキリスト教の急所(?)を突くような人間は
いなかったわけです。

この他にも、『もし神様が天地万物を造ったというなら、
なぜ神様は悪も一緒に造ったのか?
(神様がつくった世界に悪があるのは変じゃないのか?)』
などと質問され答えに窮していたようです。

ザビエルは、1549年に日本に来て、2年後の1551年に帰国しますが、
日本を去った後、イエズス会の同僚との往復書簡の中で
「もう精根尽き果てた。自分の限界を試された。」
と正直に告白しています。

集団原理の中で生きてきた日本人にとって、魂の救済という答えは
個人課題ではなく先祖から子孫に繋がっていくみんなの課題であったはず。

「信じるものは救われる」=「信じない者は地獄行き」
といった、答えを個人の観念のみに帰結させてしまう
キリスト教の欺瞞に、当時の日本人は本能的に気づき、
ザビエルが答えに窮するような質問をぶつけたのでは
ないでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4384349.html