アーカイブ

2016年2月のすべての投稿

アメリカは本当に北朝鮮の刈上げ君を暗殺するのでしょうか?

投稿日: 2016年2月12日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

アメリカは本当に北朝鮮の刈上げ君を暗殺するのでしょうか?本気で暗殺しようと思えば、いつでもできたのですが。。。暗殺しませんでした。

何しろ、シオニストが牛耳るアメリカ政府は国内外の政治家、ジャーナリスト、著名人など、次々に暗殺していますから・・・刈上げ君やその父親を暗殺しようと思えばいつでもできたはず。生かしておいた方がシオニストユダヤのアメリカに有利だったからでしょう。

北朝鮮の背後には中国だけでなくロスチャイルドがいると思うのです。上海金融センター~江沢民~ロスチャイルド~バチカン・・・そうでないと刈上げ君はスイスなどに留学しません!

最近、バチカンと「キリスト教を排除していたシナ共産党の習近平」は、仲直りして、上海が金融センターとなります。

北朝鮮が今回、サテライト打ち上げに2度も成功、しかもアメリカ上空を通過しているようです。北朝鮮はアメリカに対しEMP攻撃がいつでもできると示唆しているのでしょうか?ちがうでしょ。ズブズブですよ。傀儡であるISのようにお遊戯してるのでしょう。

中国の軍拡は日本のODAのおかげ、北朝鮮のサテライトやミサイル開発に貢献している中国、イスラエルなどの援助、日本の朝鮮総連のおかげでしょ。

日本は、日本にとっての脅威である野蛮な周辺国を強化しているのです!

自分で自分のの首をしめるのが好きな日本なのでしょう。

日本には、中国や朝鮮半島とズブズブの政治家が多いですからねえ。。。

アメリカのユダヤシオニストは「反日」を植え込み分断政策で中国や朝鮮半島を利用しすることで植民地である日本を支配しています。

しかし、手が付けられなくなると政治体制を破壊するのでしょうね。

もし、本当に刈上げ君が暗殺されたら、北朝鮮は中国の一部になるのでしょうか?

NWOを目指しているユダ金「ネオコン」キチ害集団は北朝鮮の有事を世界大戦の口実にするのでしょうか?

老いぼれユダ爺「キッシンジャー」が、第三次大戦を煽るためにプーチンに面会しましたが、バカにされてるだけです。

http://nstimes.com/archives/48221.html

北ミサイル射程延長で激怒 米軍も動き出した金正恩暗殺計画 | 日刊ゲンダイDIGITAL

アメリカが金正恩の暗殺に動きだしたという情報が飛び交っている。北朝鮮が開発を進めるミサイルがアメリカの心臓部である東海岸に届く可能性が高まり、アメリカも無視できなくなってきたからだ。

米軍はすでに第1空輸特戦団や第75レンジャー連隊所属の特殊戦兵士を韓国入りさせている。イラク戦やアフガニスタン攻撃に投入され、要人を暗殺する「斬首作戦」を実行してきた特殊部隊だ。海軍特殊部隊のネイビーシールズもすでに韓国で訓練を始めている。

軍事誌「PANZER」の和泉貴志編集長はこう言う。

「北朝鮮が1月に強行した4度目の核実験以降の米国の一連の動きは、国連の制裁決議に従わなければ、ミサイル発射場の東倉里を攻撃するという警告でした。なのに、北朝鮮がそれに耳を貸さず、発射を断行したことで、米国も本腰を入れざるを得なくなった。極秘潜入を得意とする米空軍の特殊部隊支援機MC―130Jの投入は、プレッシャーになっているはずです」

ドル崩壊の前兆3つのサインについて

投稿日: 2016年2月12日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

このジム・リカードさんは、bloombergという経済番組に良く出たりして結構知られた人です。

かなり前からドルの崩壊が来ると言ってました。
去年の10月の時点でこの人は既に米国債の暴落は始まっているが、謎のベルギー経由の買い支えがあって崩壊してない。
ベルギー政府ではなく、どこかの国がベルギーを経由して買い支えてると言ってました。
それは日本ではないかと思ってるのですが・・・
サウジアラビアがドル連動(ドルペッグ)を取りやめる可能性があると言ってます
そしてスイスは既に30年間、スイスフランとのドル連動(ドルペッグ)を続けてたが、最近それを止めたと言ってますね。
サウジアラビアもこれから続く可能性があると言ってます。
つまりドルの投げ売りです。みんなドルを見放し始めている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、ジム・リカードです。経済の本の著者で、金融アドバイザー、
そして弁護士です。金融市場で30年間の経験があります。

今、お話したいのは来たるべき金融崩壊についてでそのことについては折に触れ話してきました。
私の著書にも書いてあります。

皆さんが金融危機について疑問に思っている事は事前に金融危機が起きることを知りたいと思っていて、その前兆現象は何か知りたいと思っていることです。

なにがそのサインなのか? です。
直前に起こる事は何かとゆうことです。

一つ目のサインは金価格です。基本的にこれはよくわかる指標です。

体温が上昇すれば患者は病気だとわかるように、金価格はそれを示すよい数値です。

金の高騰はドルの崩壊を意味します。
ドルと金価格はシーソーの両端のようなもので、金価格が下落すればドルの価値は上がり、その逆も成り立ちます。

金の高騰はドルの崩壊の前触れです。

二つ目のサインは中央銀行による金保有量のアナウンスです。
アメリカは何十年にもわたって金を売却してきました。
それを他国が購入しています。特に中国です。
中国は何千トンもの金を購入しています。
中国は世界中の金の相当な量を保有しています。
各国が発表している金の保有量は正直な数値ではありません。
私たちは彼らがどれだけの量を確保しているか正しい情報があります。
中国は自国の金の保有量を正式に表明するでしょう。
それがいずれあると私は思っています。
その行為は他国の中央銀行にも及ぶでしょう。
それが二つ目のサインです。

三番目のサインはIMFの機構の内容の変更です。
皆さんはBRICSについて知っているでしょうかBRICSは彼ら独自のIMFを作ろうとしています。
開発銀行を設立しましたが、なぜそのようなことをしたのでしょうか?
IMFの機構がもっと自分たちよりになってほしいのです。
BRICSよりになるとゆうことはアメリカの統治から分離される事を意味します。
IMFの基本機構を変更したいのです。

2008年に政府は銀行群を潰すには大きすぎるといいました。
考えてみてください。
あれからアメリカの銀行群の負債はあの時より多くなっています。
銀行群の負債は膨大で、デリバティブではそれ以上の負債になっています。
全ての金融システムが崩壊寸前で、状況は2008年より悪くなっています。

警戒してください。

金融システムが崩壊すると株式市場は閉鎖されます。
テクニカルな問題が発生するためです。
2013年に株式市場は半日閉鎖されました。
ナスダックの半日閉鎖のわけを説明できますか?
株式市場が閉鎖されると、動産資産と個人の株式はお金に変えることはできません。

崩壊によるQEの終了は中国の貸出バブルを弾けさせます。

このような崩壊が起きると、起こると予想していますが、
アメリカはとんでもない事になります。
アメリカはインフレになるでしょう。
多分、ハイパーインフレにです。

多量の負債をアメリカがおっているので、インフレによって
その負債の負担から逃れるのです。
激しいインフレになると、不幸な負け組と幸運な勝ち組にくっきりと分けられます。

インシュアランス・ポリシー、ニューディール、貯蓄者、退職金の積立者は負け組です。
ドルの価値がインフレによって大幅に減価することで負け組になってしまいます。
一方で、多くの勝者も生まれます。
金銀などの貴金属を持っている人、エネルギー資産、土地、農業と美術品を持っている人たちです。

激しいインフレは人々に平等には働きません。
負け組と勝ち組にくっきりと分かれます。

もし勝ち組に回りたければ、実物資産を持たなければなりません。

重要なことはドルの崩壊が起きた時政府がどうゆう対応をとるかです。
前回の対応を見ればそれがわかります。
その時政府は何万ドルもの紙幣を乱発しました。
次に起こる危機は政府やFRBより巨大なものになります。

ドルを乱発したあと出入り口を閉めるでしょう。
1914年にはNYの株式市場は5ヶ月間閉鎖されました。
私はまたそうなると信じています。
ドアを閉められて、だれも株を現金化できません。
ATMはプログラムが変更されて、100ドルとか200ドルとかしか一日に引き出せないことになるでしょう。

ガソリンスタンドとスーパーは閉店するでしょう。

皆さんには準備が必要です。
サインがでたら、お金をおろし、金の現物を購入したりして危機に備えてください。

※訳は以下から拝借
http://ameblo.jp/picachu-5678/entry-12024232850.html

日本には文字がなかった?

投稿日: 2016年2月5日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

日本には文字がなかった?
みなさん、普段当たり前のように使っている「日本語」について、どれだけ知っているでしょうか?
ひらがな・カタカナだけが「日本の文字」であると思っていませんか?
これらの常識を覆す存在がここ、近江の国・滋賀にはあるのです。
ひらがな・カタカナは日本特有のものだといっても、もとになるのはやはり漢字です。では漢字が伝来する以前は、日本には文字はなかったのでしょうか。文字の全くない文化が、外来語をすんなり吸収し独自のものに改変しながら取り入れることなど、果たして可能なのでしょうか。文字は人間の思考、とりわけその伝承に際して大きな役割を果たします。人間とサルとの根本的な違いは文字の有無にあるとの意見もあるほどです。 実は、漢字が伝来する前に、日本には固有の文字が存在していたのです。それがここ滋賀県と関係の深い「ホツマ文字」です。

ホツマ文字とは?
ではホツマ文字とはどのような文字なのでしょう。それは日本古来の大和言葉を表すための文字でした。この文字を使用して記された三大書として、「ホツマツタヱ」「ミカサノフミ」「フトマニ」があり、成立した年代は紀元前約7世紀、縄文時代~古墳時代にかけて記されたといわれています。
この三大書は「古事記」や「日本書紀」などの漢字文献と比較研究された結果、「ホツマツタヱ」がこれらの原本だということがわかってきました。「古事記」「日本書紀」が700年代(奈良時代)に完成していることを考えると、「ホツマツタヱ」がどれだけ古くから存在していたかがわかり、驚かされます。 ところで「ホツマ」とは、漢字で表すと「秀真」となり、「日本書紀」には「秀真国」という言葉が出てきます。狭義の意味では古代関東一円地域を示すのですが、より広義の意味では日本を賛美した言い方であり、「秀真国」とは「秀でていて整っている国」という意味になるのです。

『ホツマツタヱ』に書かれていることとは?
「ホツマツタヱ」には、膨大な量の「五・七調」の和歌・長歌が収録されています。それらは全てホツマ文字という独特の文字で表されており、しかも古代の大和言葉ですから、容易には読めません。しかし研究が進むにつれ、そこには自然観、宇宙観、政治観、祭祀、言霊思想などが描かれていることが判ってきました。後半部になると時事的・記録的な内容も加わり、当時を知るための貴重な資料となっています。
現代日本語は「あいうえお」などの50音で構成されていますが、ホツマ文字では48音です。欠けている2音は「やいゆえよ」の「い」「え」です。この48音を表す文字は、そのひとつひとつに意味が込められているようです。たとえば「ア」は父・天の意であり、「ワ」は母・地の意というように。そしてそのひとつひとつの文字を神様として奉っており、言葉を霊的な存在として大切にしてきたことは、言霊思想の源泉だといえます。ここに日本文化の本質的なものを見出せるのではないでしょうか。

なぜホツマ文字は廃れたのか?
このように大切にされてきた文字が、なぜ今漢字に取って代わられているのでしょうか。 一説によると、称徳天皇の時代(奈良時代)、皇位を狙った僧の道鏡が国家の古書を焼いたとされています。政治的実権を奪おうとするとき、体制を支えてきた伝統文化を壊すことは世界中で行われてきたことです。そのため道鏡は古典文献を改ざんし、仏教・漢字を取り入れたのではないかといわれています。しかしそれを危機に思った赤坂世々彦という者が、近江の国に隠棲しホツマ三書を秘蔵し代々伝えました。そのために、滋賀県はホツマ文字を守ってきた地であり、日本の文化が脈々と続いてきた地であるわけです。

ホツマ文字と滋賀県の関係
「ホツマツタヱ」には「アワの国」という章があります。その中の一説にこんな歌があります。
二神(ふたかみ)の おき局(つぼ)に居て 国生めど 民(たみ)の言葉の
悉(ふつ)曇(くも)り これ直さんと 考えて 五音(いね)七道(ななみち)の
アワ歌を 上(かみ)二十四(ふそよ)声 いざなぎと 下(しも)二十四(ふそよ)声
いざなみと 歌い連ねて 教ゆれば 歌に音声(ねこえ)の 道開け 民の言葉の
整えば 中国(なかくに)の名も
淡(あわ)国(くに)や この歌の意味は、いざなぎといざなみが政事をしようとしたときに、人心の乱れが言葉の乱れを招いていると考え、これを正そうとして「アワの歌」を作ったということです。これにより国が治まり、それにちなんで国の名前も淡(あわ)の国とし、彼らの功績を讃えたのでした。これ転じて「近江」となったともいわれています。そして実際、この地にホツマ三書は保存されていました。

今なぜホツマ文字なのか
永らく一般には認知されることのなかった「ホツマツタヱ」ですが、近年それに関する関心が高まりつつあります。さまざまな場面で日本らしさの再評価が進む現在、「ホツマツタヱ」に見られる古代日本の豊穣な世界観は、過度な効率主義に息苦しさを覚える日本人を癒す一つのきっかけになるのかもしれません。