ドル崩壊の前兆3つのサインについて

投稿日: 2016年2月12日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

このジム・リカードさんは、bloombergという経済番組に良く出たりして結構知られた人です。

かなり前からドルの崩壊が来ると言ってました。
去年の10月の時点でこの人は既に米国債の暴落は始まっているが、謎のベルギー経由の買い支えがあって崩壊してない。
ベルギー政府ではなく、どこかの国がベルギーを経由して買い支えてると言ってました。
それは日本ではないかと思ってるのですが・・・
サウジアラビアがドル連動(ドルペッグ)を取りやめる可能性があると言ってます
そしてスイスは既に30年間、スイスフランとのドル連動(ドルペッグ)を続けてたが、最近それを止めたと言ってますね。
サウジアラビアもこれから続く可能性があると言ってます。
つまりドルの投げ売りです。みんなドルを見放し始めている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんにちは、ジム・リカードです。経済の本の著者で、金融アドバイザー、
そして弁護士です。金融市場で30年間の経験があります。

今、お話したいのは来たるべき金融崩壊についてでそのことについては折に触れ話してきました。
私の著書にも書いてあります。

皆さんが金融危機について疑問に思っている事は事前に金融危機が起きることを知りたいと思っていて、その前兆現象は何か知りたいと思っていることです。

なにがそのサインなのか? です。
直前に起こる事は何かとゆうことです。

一つ目のサインは金価格です。基本的にこれはよくわかる指標です。

体温が上昇すれば患者は病気だとわかるように、金価格はそれを示すよい数値です。

金の高騰はドルの崩壊を意味します。
ドルと金価格はシーソーの両端のようなもので、金価格が下落すればドルの価値は上がり、その逆も成り立ちます。

金の高騰はドルの崩壊の前触れです。

二つ目のサインは中央銀行による金保有量のアナウンスです。
アメリカは何十年にもわたって金を売却してきました。
それを他国が購入しています。特に中国です。
中国は何千トンもの金を購入しています。
中国は世界中の金の相当な量を保有しています。
各国が発表している金の保有量は正直な数値ではありません。
私たちは彼らがどれだけの量を確保しているか正しい情報があります。
中国は自国の金の保有量を正式に表明するでしょう。
それがいずれあると私は思っています。
その行為は他国の中央銀行にも及ぶでしょう。
それが二つ目のサインです。

三番目のサインはIMFの機構の内容の変更です。
皆さんはBRICSについて知っているでしょうかBRICSは彼ら独自のIMFを作ろうとしています。
開発銀行を設立しましたが、なぜそのようなことをしたのでしょうか?
IMFの機構がもっと自分たちよりになってほしいのです。
BRICSよりになるとゆうことはアメリカの統治から分離される事を意味します。
IMFの基本機構を変更したいのです。

2008年に政府は銀行群を潰すには大きすぎるといいました。
考えてみてください。
あれからアメリカの銀行群の負債はあの時より多くなっています。
銀行群の負債は膨大で、デリバティブではそれ以上の負債になっています。
全ての金融システムが崩壊寸前で、状況は2008年より悪くなっています。

警戒してください。

金融システムが崩壊すると株式市場は閉鎖されます。
テクニカルな問題が発生するためです。
2013年に株式市場は半日閉鎖されました。
ナスダックの半日閉鎖のわけを説明できますか?
株式市場が閉鎖されると、動産資産と個人の株式はお金に変えることはできません。

崩壊によるQEの終了は中国の貸出バブルを弾けさせます。

このような崩壊が起きると、起こると予想していますが、
アメリカはとんでもない事になります。
アメリカはインフレになるでしょう。
多分、ハイパーインフレにです。

多量の負債をアメリカがおっているので、インフレによって
その負債の負担から逃れるのです。
激しいインフレになると、不幸な負け組と幸運な勝ち組にくっきりと分けられます。

インシュアランス・ポリシー、ニューディール、貯蓄者、退職金の積立者は負け組です。
ドルの価値がインフレによって大幅に減価することで負け組になってしまいます。
一方で、多くの勝者も生まれます。
金銀などの貴金属を持っている人、エネルギー資産、土地、農業と美術品を持っている人たちです。

激しいインフレは人々に平等には働きません。
負け組と勝ち組にくっきりと分かれます。

もし勝ち組に回りたければ、実物資産を持たなければなりません。

重要なことはドルの崩壊が起きた時政府がどうゆう対応をとるかです。
前回の対応を見ればそれがわかります。
その時政府は何万ドルもの紙幣を乱発しました。
次に起こる危機は政府やFRBより巨大なものになります。

ドルを乱発したあと出入り口を閉めるでしょう。
1914年にはNYの株式市場は5ヶ月間閉鎖されました。
私はまたそうなると信じています。
ドアを閉められて、だれも株を現金化できません。
ATMはプログラムが変更されて、100ドルとか200ドルとかしか一日に引き出せないことになるでしょう。

ガソリンスタンドとスーパーは閉店するでしょう。

皆さんには準備が必要です。
サインがでたら、お金をおろし、金の現物を購入したりして危機に備えてください。

※訳は以下から拝借
http://ameblo.jp/picachu-5678/entry-12024232850.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。