どうやったら辞めさせられるか

どうやったら辞めさせられるか カテゴリーのすべての投稿

史上最悪総理大臣菅直人を辞めさせる方法は何ですか?

投稿日: 2011年7月30日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

世間に周知されている通り、菅総理が辞めても何も変わりません。但し、それは民主党政権である場合に限ります。
自民党政権に戻れば、当たり前ですが変わります。
それでは、実際に政策的に自民党と民主党では何が変わるのでしょうか。
変わった後の状態について、その評価は千差万別です。
どんな政党にも長所、短所があります。自民党政権になったとしてもバラ色とはなりません。社会の運営の仕方の根本が変わるということです。
例えば、被災地の義援金の処理の仕方です。
自民党政権では、復興の速さを優先して公平性を犠牲にするでしょう。
民主党政権では、公平性を優先して復興の速さを犠牲にするでしょう。
自民党政権では、結果を重んじますが、
民主党政権では、プロセスを重んじます。
民主党政権は、「民主」という名前が示す通り、議論を重んじ、多数の合意が得られないと、行動を起こすことはありません。
自民党政権は、与党として政治的な信任を得られれば、独断で行政府としての権限を振り翳して、震災復興を断行します。当然、歪みが生じます。世間から批判の的になります。それが小泉純一郎元総理の郵政民営化です。この改革が、自民党らしさなのです。
失敗を恐れずに、東日本大震災からの復活を政治家に任せるのなら、自民党。
政府なんて必要ないと思うのなら、民主党です。
この違いは、根本的に政党哲学が、資本主義路線か、社会主義路線かで識別されるのです。
旧ソ連のパイプライン、石油を運ぶパイプですが、これに亀裂が生じて、石油が噴き出しても、地元の住民は何もしようとはしません。直しもしなければ、通報もしません。自分に関係ないからです。給料が変わらないからです。経済の主体が国で、民がそれから疎外されているからです。
日本の被災地の今がそれです。
民間の活力が復興から弾き出されている。それは、社会主義政権だからです。菅直人総理がすべきこと、それは、自分が自民党ではなくて民主党として生きてきたことを世の中に謝罪するべきです。そして、直ちに総理大臣を辞めるのではなくて、直ちに民主党を離党すべきなのです。
自己保身だけのために総理大臣を続けるだけであれば、本当は、許されることもあります。
自己保身は、自民党にも大勢います。問題は、社会主義的な哲学を持ち続けることです。徹底的に民主党を批判して、自民党に転身するのであれば、総理大臣を続けられるでしょう。
自民党が嫌いなのは、実は菅総理ではありません。
嫌いなのは、民主党内の社会主義勢力です。
民主党と自民党の政策的な一致が進む中、
権力欲、自己保身のためだけで二大政党制を志向したのであれば、その間違いは明らかになったのですから、「政治ごっこ」は卒業して、自民党に吸収合併されるべきです。
自民党の党則に従属する、それが民主党の顛末です。
それでも社会主義を志向する人は、社民党に戻ればいいのです。
ソ連・北朝鮮的か、アメリカ的か、どちらかに決断すべき時です。