やっぱ!増税かい!?

やっぱ!増税かい!? カテゴリーのすべての投稿

ふざけるな!!復興予算1兆円 天下り法人がピンハネ

投稿日: 2012年9月30日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

ふざけるな!!復興予算1兆円 天下り法人がピンハネ

 

分け対象がノウノウとimage

 野田政権はやはりインチキだらけだ。10日、発足から半年経った「復興庁」。東日本大震災の復興支援を目的に約15兆円(11年度)を計上しながら、4割に当たる約6兆円が使われず、うち1兆円を特別会計に繰り入れていたことが問題になった。驚くのは、特会に流れた後のカネの配分先だ。ナント、天下り法人にバラまかれていたのである。
「今国会に提出された『東日本大震災復興特別会計』の明細書に、繰り入れられた1兆円の使い道が記されています。ざっと挙げると、『沖縄教育振興事業費』に31.5億円、『独法国際交流基金運営費』に約1.2億円、『独法酒類総合研究所運営費』に5700万円――となっています。何のことはない。復興予算をシロアリ天下り法人の運営に充てるのです」(経済ジャーナリスト)
「国際交流基金」や「酒類総合研究所」はかつて、政府の事業仕分けの対象となり、運営交付金について「見直し(削減)」が求められた独法だ。その独法にシレッと復興予算を使うのだから開いた口がふさがらない。こんな暴走を許せば、復興予算は新たなシロアリ利権になってしまう。
 だいたい、復興予算の財源は大半が増税分で賄われる。昨年11月に成立した復興財源確保法では所得税を来年1月から25年間、納税額に2.1%上乗せするほか、住民税を14年6月から10年間、一律年間1000円徴収することになっている。「復興」目的で国民から吸い上げたカネで役人を肥え太らせるなんて言語道断である。
 復興予算の問題を国会で追及した衆院議員の斎藤やすのり氏(新党きづな)がこう憤る。
「私は週末になると地元(宮城2区)に戻り、被災地を回っているのですが、小さな自治体では復興はまだまだ進んでいないのが現状です。中小企業からは(施設・設備の復旧費用を支援する)『グループ化補助金』を要望する声が強いのですが、その予算は行き渡っていません。それなのに1兆円余った――といって特会に繰り入れるなんてバカな話です。『シロアリ退治する』と言っていた野田首相が、シロアリにエサを与えているのだから許せませんよ」
 増税で役人を太らせる野田に、消費税増税を強行する資格なんてみじんもないのである。

広告

火星に行ったアイゼンハワーの孫

投稿日: 2012年7月22日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

火星に行ったアイゼンハワーの孫

http://elhappy.blog51.fc2.com/blog-entry-3566.html より

1981年に2回火星基地にテレポートして行っています。また、ローラ・アイゼンハワーは2006年に火星の植民地に行ったと証言しています。

mars

実際に、その基地に行った2人のアメリカ人、アンドリュー・D・パシャーゴ氏とアイゼンハワー大統領の孫のローラ・マグダリーン・アイゼンハワーという女性が2010年に共同声明で、その事実を暴露しています。

アンドリュー・D・パシャーゴ氏は、少年時代に100年前のリンカーン大統領のゲティスバーグの演説の現場にタイムスリップし、唯一残っている写真にその姿が映っているのだそうです(下写真の中央にいる少年)。time

彼は、1981年に2回火星基地にテレポートして行った、またローラ・アイゼンハワーは、2006年に火星の植民地に行ったと証言しているそうで、実際、火星では息のできるレベルの酸素があって地球人がちゃんと生活ができる環境があるそうです。

さらに、パシャーゴ氏は、火星には、アーリア系人種やインド人、ケルト人、ペルシャ人、ギリシャ人、スラブ人等のが住んでいたそうです。
そして、彼らは火星人として暮らしていて、時々、地球から派遣グループとして政治家、軍人たちがやって来て滞在していくそうです。
さらに火星には、レプティリアン、リトルグレイ、ラージグレイ、ドラコニアンといった宇宙人やプレシオサウルスのような恐竜もいるそうです。

火星に行くには、現在の地球の技術では何年もかかりますが、これは宇宙人がセッティングしてくれるから行けるわけで、何のために造っているかというと、2012年問題のために火星基地を造っているためなのだそうです。

マヤの予言による2012年12月21日に地球が大異変に見舞われることを予測して、国策としてアメリカは選りすぐりの人々を火星に送り込んでいるようなのです。これは現代版「ノアの箱舟」であり、「第四の選択」という訳です。
マヤの暦は元々、プレアデス星人がマヤ人に教えた情報で、プレアデス人はその責任を感じているのですが、地球人が人格を向上し、様々な諸問題を解決して乗り越えていけると思っていたのですが、残念ながらそうではなさそうなので、「カウンシルオブ8(審議会8)」という存在を主体として行動を起こし始めているようなのです。

それが明らかになったのが2010年のことで、プレアデス、オリオン、シリウス、うしかい座、アルファ・センタウリ(ケンタウルス座アルファ星)、レクティル座ゼータ星、Consuli、Pousetiの8つの星からなる審議会です。このことをNORAD(北米航空宇宙防衛司令部)の元職員スタンリー・A・フルハム氏が暴露しています。
審議会8のメンバーは現在の地球の環境汚染や環境破壊の状況を見て、種の保存ができないと判断をしたらしい。

これまでは、何があっても地球に不介入の立場(宇宙連合にはその星が調和を保っている場合には介入してはならないという決まりがある)を取っていたようだが、地球人は自分たちで未来を開けないと見切って干渉を開始したそうなのです。

それが、2010年10.13日のマンハッタンでのUFO目撃事件であり、あれは審議会8のデモンストレーションだったらしいのです。

実際の生活の火星に信じられないほどの Nasa の私たちが望む真実 Ufo オヴニー開示プロジェクト参照する必要があります

あの福島第一原発事故で真っ先に、岩手県奥州市の方々を見捨てて逃げだした小沢一郎を見て、岩手や日本の為になる人間ではない。政治屋には日本を委ねられんぞ!

投稿日: 2012年6月14日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

ソース:クリックしてくださいimage

民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。
 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」
「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです

震災以降の小沢の行動について
・3月16日、第一秘書の川辺が夫人に、次のように話した。
「内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書達を逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました。」と胸を張って言うのでう。あげく、「先生も逃げますので、奥さんも息子さんたちとどこか逃げる所を考えてく下さい」と言うのです

********************

image

岩手県だぜ!わたしは仙台に住んでいます。あの頃3月というと季節風が吹きまくる季節で西寄りの風だった。まして岩手だぜ!東北全滅ではないのに、70歳の人間がなぜ怖がるんだあと80年も生きるわけでもないのに。

 

が、野田政権の消費税増税でまっしぐらを阻止勢力としてだけ期待するが、それだけ。

今の小沢一郎は、政治屋に成り下がって日本の国のことなんか何も考えてはいない、亡国の政治屋だ。政治を稼業にして利権を増やし、私腹を肥やしている奴には、旧伊達藩(奥州市は旧伊達藩)の仙台人にとって害虫としか見えない。

どこまでアホなんだ!前総理は・・・・・・・

投稿日: 2011年10月5日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

国民をどん底に落とし込んで、自分はお遍路かよ!何に対してお大師様にすがりつくんだよ!国民にちゃんと謝ってから行け!!!

ソレよりも先に行く場所があるんじゃねぇの!靖国をちゃんと礼儀を持って参拝すべきだ。その次は、東北地方に行って被災者に対して土下座して謝れ!

順序がまったく違うよ!エヘラ笑いの中では、何を拝んでいるのかわからないけど、パフォーマンスばかりが目立つ・このアホたれ!!!

能がない、野田首相が突然転換!やっぱりタバコ増税

投稿日: 2011年9月24日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

 野田佳彦首相(54)が、たばこ増税について突然、方針転換した。22日夜(日本時間23日午前)、米ニューヨーク市内で同行記者団と懇談し、東日本大震災の復興財源を賄う臨時増税について、たばこ税増税も検討すべきだとの考えを表明した。「法人税、所得税だけではバランスが悪い。たばこ税も選択肢として残していいのではないか」と話した。

 自身も1日2箱吸うヘビースモーカーで、財務相だった今年7月、たばこ税増税に否定的な見解を表明。「たばこも酒も(増税するのは)、税制を通じた『おやじ狩り』みたいなものだ」「たばこ税はこの間上げたばかり」と反発していた。しかし、所得税だけでは勤労世帯に負担が偏るため、考えを改めた格好だ。民主党税制調査会が総額19兆円と見込む復興費用の確保のため、約11兆2000億円を所得税と法人税、個人住民税に加え、たばこ税と相続税も増税する方向で検討していることも考慮したとみられる。

 政治評論家の浅川博忠氏は、この野田首相の発言について「小宮山洋子厚労相が『700円くらいまで引き上げるべき』と話していましたが、そこまで一気に上げるつもりはないでしょう。1本1~2円程度の値上げに抑えて、1箱430~450円なら、喫煙者の数も税収も大幅に減ることはないですから」と指摘。野田首相も喫煙者であることについては「たばこを吸って財政再建に寄与できるという開き直りの気持ちもあるのでは」と分析した。

 震災復興を目指す臨時増税だけに、被災地の事情にも配慮するとみられる。浅川氏は「福島にはたばこ農家が多い。税金の上げ率を慎重に判断して、被災者を苦しめることがないようにするだろう」と推測した。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 自民党の石破茂政調会長は23日、野田佳彦首相が東日本大震災の復興財源としてたばこ税増税を選択肢にする考えを示したことについて「どこから金を取れば反発が少ないかという内向きな論議で財源を探そうとしている。誤りだ」と批判した。

 首相が早期の衆院解散・総選挙を否定したことに関しては「2011年度第3次補正予算や12年度予算にめどがつけば信を問うとの決意がなければ、政治は弛緩(しかん)する」と指摘、解散時期を明確にするよう求めた。都内で記者団に述べた。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で首相が地元への説明を重視する考えを示したことについてはTBSの番組で「まず沖縄に行き、鳩山、菅両政権での混乱を謝罪すべきだ」と述べた。