イルミナイティーの悪い奴ら

イルミナイティーの悪い奴ら カテゴリーのすべての投稿

ダイアナ元妃の死は「おぜん立てされた」 ロンドン警視庁の新情報「英特殊部隊関与」

投稿日: 2013年8月19日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

 ロンドン警視庁は17日、1997年のダイアナ元英皇太子妃の死去に関して新たな情報を最近入手し、その信憑(しんぴょう)性について調査中と発表した。同庁は情報の内容について明らかにしていないが、複数の英メディアは英特殊部隊が元妃の殺害に関与しているとの内容だと報じた。死因をめぐっては2008年に「過失による交通事故死」と公式結論が発表されているが、根強い陰謀説が再燃しそうだ。(サンケイスポーツimage

 ダイアナ元妃の死去に関して発覚した新情報。再び陰謀説が浮上し、英国は蜂の巣をつついたような騒ぎになっている。

 英メディアの報道を総合すると、新情報は英陸軍特殊部隊「SAS」が、ダイアナ元妃殺害に関与したとする内容。SAS狙撃兵のダニー・ナイチンゲール被告(38)が、銃の不法所持罪に問われている軍事裁判で明らかになった。

 新情報をもたらしたのは、ナイチンゲール被告の元ルームメート「兵士N」の妻の両親。この両親が2011年9月にSAS指揮官に送った手紙に、兵士Nから得た情報として書かれている。兵士Nが検察側の重要証人となったことから、手紙はSASから軍事法廷に提出され、発覚した。

 英紙サンデー・ピープルはこの手紙のコピーを入手したとしている。同紙によると、手紙は7ページの手書き。妻とその両親に対する兵士Nの結婚生活破綻後の振る舞いについて書かれており、その中で「彼(兵士N)は妻に、『ダイアナ元妃の死をおぜん立てしたのはXXXで、そのことは隠蔽された』と話した」とする部分があるとしている。「XXX」はSAS関係者という。

 ただ、なぜSASが関与したのかや、具体的にどのような方法が用いられたのかなどについては明らかにされていない。

 ダイアナ元妃の死因については2008年、英国の死因究明審問で「過失による交通事故死」と公式な結論が出されており、ロンドン警視庁は「情報の信憑性の調査は再捜査ではない」と強調。英国防省は「この問題に関してはコメントしない」とし、英王室も「チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子はコメントしない」としているという。

 しかし、ダイアナ元妃の死に関しては、かつてさまざまな“疑惑”が報じられた。新情報が明らかになったことで、再び波紋が広がりそうだ。

ダイアナ元妃をめぐる謀殺説

 ★イスラム教改宗 ダイアナ元妃が、恋人でイスラム教徒のアルファイド氏と結婚を決め、イスラム教に改宗を決意した場合、将来の英国国教会の首長である英国王の母が、イスラム教徒であるという矛盾が生じる。それを防ぐために、画策されたという説

 ★影響力排除 ダイアナ元妃がアルファイド氏の子供を妊娠しており、出生後にアルファイド一族によって将来の英国国王の異父兄弟としての地位を利用されることを恐れて、政府などが暗殺したという説

ダイアナ元妃の交通事故死

 1997年8月31日、イギリスのデパート「ハロッズ」、パリの高級ホテル「ホテル・リッツ・パリ」の所有者であるエジプトの億万長者、モハメド・アルファイド氏の息子で、当時の恋人だったドディ・アルファイド氏とともに、ホテル・リッツ・パリからハイヤーで外出したところ数名のパパラッチに追跡された。運転手が振り切ろうとしたが、トンネルの支柱に激突し車は大破。ダイアナ元妃、ドディ・アルファイド氏、運転手が死亡した。事故後、アルコール依存者で非番だった警備担当者の男性が、当日になって運転手として呼び出されたり、元妃が病院に運ばれるまでに2時間もかかったなど不可解な点が指摘された。

SAS

 英陸軍の特殊部隊で、特殊空挺(くうてい)部隊(Special Air Service)の略称。第2次大戦中に編成された、敵地で破壊工作を行う世界最初の特殊部隊。敵地での破壊工作、偵察、要人警護、治安維持、人質救出など幅広い任務に対応し、世界の特殊部隊の手本にもなっている。北アイルランドでの治安維持(1969年-)、湾岸戦争(91年)、イラク戦争(2003年)など実戦経験も豊富。

image

ダイアナ元妃

 1961年7月1日、ジョン・スペンサー子爵とフランセス夫人の3女として生まれる。81年7月29日、20歳でチャールズ皇太子と結婚。82年に長男のウィリアム王子、84年に次男のヘンリー王子を出産。その後、結婚前から続いていたチャールズ皇太子の不倫をめぐるストレスから自傷行為や過食嘔吐(おうと)などの摂食障害に陥る。92年12月9日に別居し、96年8月28日に正式離婚。離婚後は複数の男性との交際が報じられた。97年8月31日にパリで交通事故死。36歳。

広告

6.11に何かが起きると警告している方がおりますが・・・・

投稿日: 2012年6月11日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

元ソース;http://quasimoto.exblog.jp/18144090/

611」
この数字に何の意味があるのだろうか? 
どうやら、この数字には何かの、良からぬ計画がありそうだ、という話題である。今日は6月9日だから、2日後である。
まず、例の「世界の終わり」から。未来館である、バラ色の未来を告げなくてはいけないはずの、国家組織から、そして、そこの館長さんである元宇宙飛行士の毛利さんから、どうして世界の終わり、それも人のいなくなった世界の話が特集されるのか? 

まったくの意味不明。ナンセンス、謎である。
そこのパンフレット(どうやらメソニックなマニア画家が作ったというらしい)が実に意味深である。

気になる絵シリーズ その3 世界の終り この問いが分かるでしょうか。
(何かの)ビフォー

アフター

問題は、この上の方の図にある。この中の時計台を拡大すると、なんと、「6時11分」。

(さてはてメモ帳、611?

さて、次なる凶兆はこれ。悪魔主義者で名高い、悪魔のマドンナ、レディーガガ。この人物がどうやら「日本のためにお祈りを」悪魔に捧げていたらしい。以下のものである。

6月11日地震予言情報-埼玉で地震雲か!レディーガガのオークションから読み取れる驚愕のメッセージとは?

しかも、この安っぽいカップをレディーガガのお陰で、

6月6日午後11時に締め切られ、601万1000円の値が付いた

まあ、おふざけが過ぎるが、これがメソニック(悪魔主義カルト)というものなのである。我々とは感覚が全く異なる世界観と世界に住んでいるのである。何でもかんでも、我々が「験を担ぐ」ように、悪魔に験を担ぐのであるという。
さらに悪い事に、「611everywhere」であるらしい。 例えば、

海ほたるにも

イルミナティーカードにも

果たして何の凶兆か? どんな凶事の予兆なのか?
どうやら、今現在で一番有力なものは、やはり地震であるらしい。ついに、東京に龍雲が出たという。

6月7日

これは、阪神淡路大震災の直前にも出た

杉江輝美氏撮影(明石市、1月9日午後5時頃)

と瓜二つで、かなりの評判現象のようである。ついに関東に死亡フラッグが出たと。1月9日からだいたい2、3週間後の1月17日に大地震が起こった(起された)から、それで行けば、やはり6月21日あたりということになるが、人工的な発振であれば、自由自在にいつでも地震を起せる訳だから、今やこういう2、3週間後というような予想は無意味である。
ところで、例の黄金の金玉氏は、こういっている。

気になる絵シリーズ その5 回答について
気になる絵シリーズ 最終回。 回答です。
回答などと書きますが、まぁ、絵を見るとこのように解釈できるというだけの話です。
単なる妄想というか、こじつけというか。。
だから、それほど深くは取らないでください。
(省略)
The End Of The World の頭文字だからT E O T Wですね。
そして73というのは。
73=なみ(波)ではないでしょうか。
逃れられない73の問いとは、逃れられない津波なのでは。
この後ろのスイスの山は、山と言うより津波を表しているのかもしれません。

ちなみに、私がいつも観察しているアラスカのHAARPモニターはどうか?
現在停止中である。まったく見ることが出来ない。だから、私は観察できずに大変困っているというわけである。この原因については、謎である。少なくとも、上のさまざまな状況証拠とリンクしているように見えるからある意味不気味である。私個人にとっては、これが一番怪しいのである。
まあ、そういうわけで、関東のみなさんのご幸運を心より願っています。無事に暑い夏が迎えられんことをお祈り致します。グッド・ラック!というところですナ。
それにしても、「611」に何の意味があるのか?
今のところ、この数字に意味があるのかわからないが、一番近いものは「6月21日」夏至である。次が、「6月24日」である。これは、「聖ヨハネの日」といわれる。同時に、テンプル騎士団の「宣戦布告の日」であるようである。
いやはや、大変はた迷惑な世の中になったものである。
おまけ:

6月9日、地球に青い閃光、衝撃波がやって来る、ようだ・・・
「銀河の小舟」6/8の記事から。
こんな情報もあるということで・・・
まもなく下記にある9日です・・・
*********
今日午後、青龍族からのメッセージ
”衝撃波がやって来る”
宇宙根源より発せられたその衝撃波は過去最大で、
この世界を終了させるためのトドメの一撃
・・・青い閃光!!
地球時間 2012年 6月9日  地球に到達!!
この青い閃光が地球に発せられたのは
皆様方が皆様方自身の意志で、この世界の終了を決定された宣言された、その結果です
根源は皆様方の意志を尊重すべく、トドメの一撃”青い閃光”を発すことを決定いたしました
・・・明日 6月9日  やって来ます m(_ _)m
そして今日、ブラックイナリからのもう一つのメッセージ
”サタニストはこの世界を放棄した”
裏の組織も色々ありますがその一つ・・・サタニスト(悪魔崇拝組織)
本日、この世界の支配を諦め、組織自体も崩壊いたしました
(転載ここまで)
*********
前回の青い閃光の時には、思いの増幅エネルギーということでしたが・・・今回は・・・
さて、どうなるか・・・
注視していきたいと思います・・・
まずは、大飯原発の再稼動がどうなるか・・・
野田は進めたい方向のようですが・・・

人類史上最大の陰謀を暴く、衝撃のドキュメンタリー!「THRIVE」

投稿日: 2012年4月5日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

今日「THRIVE」という映画を見た

今、世界は目覚めようとしている 。

人類史上最大の陰謀を暴く、衝撃のドキュメンタリー!

環境破壊、飢餓、戦争、天災、そして経済破綻と、次々に世界を襲う危機は、とどまることがない。

これらの危機に対し、人類はなんら有効な解決策を手にすることができていない。

しかし本当に何も手立てがないのだろうか?

はたして、我々は常に真実を知らされているのだろうか?

グローバル企業、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)社の創業一族の息子 として生まれ育ったフォスター・ギャンブルは、若き日にそのような疑問を抱く。

彼は、実業家になる道を捨て、科学者となり、この問題解決の追及に生涯を費やす決心をする。

長い探求の旅の果てに彼が見つけ出した真実は、メディアでは絶対に語られることのない、

全ての人類を支配する驚愕すべきシステムの存在だった。

あらゆる産業、農業、医療、経済、軍事、マスコミにまで及ぶ、完璧とも言える支配体制が世界規模で構築されていた。

この支配の真の姿を白日のもとに晒し出し、人類を解放し、真の繁栄(THRIVE)を奪還するため、

彼は私財480万ドルを投じ、本作『THRIVE』を製作した。

2011年11月11日「リセットの日」に、『THRIVE』は全世界に向けて公開された。

その衝撃と感動は大きなうねりとなって、全人類へと確実に広がっている。

120405_1004~01120405_1004~02

この中で。宇宙を創るものすべてがトーラスによるという。

ihugy

トーラスとベクトル並行体のパターンは、宇宙でエネルギーがどのように機能しているのかを教えてくれていて、我々がそれに調和するように促していると思うようになった。

これらは安全でクリーンなエネルギーを無限に利用する方法と、新しい推進方法のモデルを示しているのです。

何もないところからエネルギーを取り出せる方法。

j vpk

    ニューエネルギー技術

    • 1900代初期  ニコラ・テスラ氏 

       放射エネルギー 燃焼せずに電気をとりだす技術

    • 現代の発明家 アダム・トロンポリン氏 

       空気から電力をとりだす直流発電機を開発

       地球上のどの場所でも突如として電力が得られ、誰もが電力を使える。

       国連や米国上院に招かれて発電機の実演も行った

    • 発明家 ジョン・ベディニ氏

       運転に必要なエネルギーより、より多くの電力を得られる充電装置を開発

       低価格で装置の販売を発表

    hbblja;hbha

    huriibjjnpaw

    このすばらしいニューエネルギー技術がなぜ普及をしていないのでしょう?

    それは発明家達のすべてが、政府による装置の押収・研究室の焼失・生命の危機を実感する脅迫等の弾圧を受けているからです。

    UFO現象の隠ぺいは、フリーエネルギーの弾圧と密接な関係があります。

    なぜニューエネルギー技術が弾圧され、隠ぺいされるのか?

    この技術は世界最大の産業であるエネルギー産業にとって、直接の脅威となります

    石油・ガス・石炭の確認埋蔵量の額は200兆ドルを超えます

    それが石油・石炭・電線による送電も不要となるのです。

    石油・石炭・原子力等、汚染をまき散らす危険な技術への依存を正当化するには、より優れた低価格の代替え手段はないと主張するのが一番です。

    ニューエネルギー技術が明らかになれば、地理的・政治的な権力に決定的な変化をもたらします。

    地球上の苦しみの多くはエネルギーを利用できないことと関係しています。

    ニューエネルギー技術が解き放たれると、世界は大きく変化するでしょう

    そしてすべての場所、すべての人に影響が及ぶのです

    科学研究を弾圧することで誰が利益を得るのでしょう?

     

    原子力発電や火力発電など必要なく、そこら辺にある有害電磁波を出す高圧送電線も必要のない時代が目の前にあるが、それを妨害する影の政府やドル紙幣にあるピラミッドの目の陰謀団体が阻止している。個人個人がそれを屈服すれば素晴らしい世界になるのだろう。

    image

    上記バナークリックしてください。Thrive movement in Japanのホームページへ移行します。

    jjjbcfffgggg

    ¥2,940
    Amazon.co.jp

    フリーエネルギー文献リスト

    書名
    著者
    発行元
    発行日

    超常現象には”法則”があった
    猪股修二
    KKロングセラーズ
    84/08

    フリーエネルギー技術開発の動向
    D・A・ケリー
    技術出版
    88/11

    UFO原理と宇宙文明
    太田竜
    日経企画出版局
    91/

    フリーエネルギーの挑戦
    横山信雄
    加藤整弘
    たま出版
    92/06

    宇宙エネルギーの超革命
    深野一幸
    廣済堂
    92/10

    地球文明の超革命
    深野一幸
    廣済堂
    92/12

    宇宙の神秘とUFOの謎
    清家新一
    日本文芸社
    93/09

    驚異のハチソン効果
    横山信雄
    たま出版
    93/10

    宇宙エネルギーが導く文明の超転換
    深野一幸
    徳間書店
    94/01

    地球を救う21世紀の超技術
    深野一幸
    廣済堂
    94/05

    禁断の超「歴史」「科学」
    新人物往来社
    94/06

    奇跡の炎 マルチアーク
    佐藤亮掌
    コスモトゥーワン
    94/07

    来るべき宇宙文明の真相
    深野一幸
    徳間書店
    96/01

    TPPで暴走するなら、民主党はないものとする。

    投稿日: 2011年10月31日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

    野田首相がTPPで暴走するなら内閣不信任だ

    TPP交渉への参加問題について、国民の意見が表出されるようになっている。政治の課題であるから、国民を代表する国会議員は、主権者である国民の意思を代表して、意見集約に向けて行動している。

    民主党内では、交渉に参加すべきでないとの姿勢に賛同して署名をした国会議員が203名を超えている。民主党内の過半数の国会議員がTPP交渉参加に反対の意向を表明したことになる。

    与党の国民新党も反対する見解を明示している。

    野党では、自民党の部会がTPP交渉参加に反対の意向を明確に示している。

    自民党の総合農政・貿易調査会(加藤紘一会長)は10月25日の会合で、TPPへの参加反対を決議した。

    決議文では、

    「民主党、野田政権が推し進めようとするTPPは、関税という防波堤を自ら撤去し、食料自給率向上に矛盾する」

    と指摘するとともに、さらに、

    「国内農業を崩壊へ導くばかりか、農林漁業を基礎としている地域社会を根底から覆すもので、断じて容認できない」

    と指摘した。正論そのものである。
    【送料無料】日本の再生
    販売元:楽天ブックス
    楽天市場で詳細を確認する

    公明党も井上義久幹事長が10月26日の北海道・東北地区の農業協同組合中央会(JA)の集会で、

    「断じて認めるわけにはいかない」

    と述べて、TPPへの参加反対を明言するとともに、野田佳彦首相の今後の行動について、

    「参加を決断すれば首相として認めることはできない」

    と述べた。

    このほか、共産党、社会民主党も反対姿勢を鮮明に打ち出している。

    たちあがれ日本も、平沼赳夫代表が10月26日の記者会見で、

    「政治家個人として、私は反対だ」

    と述べた。
    TPP参加賛成を明確に示しているのは「みんなの党」だけである。

    「みんなの党」は公務員の天下り禁止などの政策を打ち出し、国民の人気集めに腐心しているが、「対米隷属」に最大の問題点がある。主権者国民は、みんなの党が「対米隷属政党」であることを銘記しておく必要がある。

    日本はTPPに参加すべきでない。

    その理由は、以下の五点である。

    (1)TPPは米国が日本での活動を拡大するために推進しているもので、日本は得るものよりも失うものの方が多い。

    (2)日本経済のわずか17.6%を占める製造業にとってはメリットがあるが、残りの82.4%には弊害の多い施策である。

    (3)日本がTPPに参加すると、日本の農業は壊滅的な打撃を受ける。日本の農業を外国資本が支配することになることは明白である。

    (4)日本がTPPに参加すると、公的医療保険による医療のフルカバーが破壊され、医療に貧富の格差が持ち込まれることになる。

    (5)日本国土の32.1%しかない可住地の37.8%を農耕地が占めている。農業が破壊されれば、美しい日本の農村風景も破壊される。
    米国は、米国の雇用拡大政策の一環として、日本のTPP参加を要請している。TPP参加は日本ではなく、米国の利益のために求められている。

    また、農薬使用基準、エコカーの基準などが改変され、国民の健康、安全が害される可能性が高い。

    また、TPP上の紛争調停が国外機関に委ねられると、事実上の治外法権が確立されてしまう。

    日本の関税率は国際比較上、十分に低く、日本はWTOなどのグローバルな枠組みの中で、自由貿易を追求するべきである。

    こうした内容が、少しずつ国民に知らされるようになりつつある。真実が伝えられるに従って、TPP反対論が主権者国民のなかに浸透しつつあることは当然である。

    TPP交渉への参加を決定する合理性は皆無である。TPP交渉への参加を拒絶することを決定するべきだ。直ちに決定することができないなら、少なくとも、TPP交渉への参加是非判断を先送りするべきだ。
    ところが、例えば読売新聞は10月29日付社説で、
    「そろそろ首相が自ら指導力を発揮し、参加表明を決断する時だ。」
    と記述する。

    意味不明とはこのことを言う。このような主張を社説に示すから、「ゴミ売新聞」と揶揄されるのだ。

    テレビ朝日は、「報道ステーション」に、米国CIAの工作人と見られているジェラルド・カーチス氏を登場させて、

    「野田首相は、いかなる反対意見があろうとも、TPPのように自分が正しいと考える問題については、参加を表明して、リーダーシップを発揮するべきだ」

    などと発言させる。

    ・・・・・

    TPPは拙速すぎる。第2の黒船である。アメリカの罠にはまるな!

    投稿日: 2011年10月31日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

    太平洋を囲む広大な自由貿易圏が出来上がるのか?

    利益?不利益?そもそも「TPP」って何?

    TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加に、菅総理が前向きになっています。そもそもTPPとは一体何? 参加したら本当に日本にとって利益になるものなのでしょうか?

    TPPとは?

    TPPとは、「環太平洋戦略的経済連携協定(Trans Pacific
    Partnership)」の略称。簡単に説明すると、太平洋周辺の広い地域の国、例えば日本、中国、東南アジア諸国、オセアニア諸国、アメリカなどが参加して、自由貿易圏を作ろうという構想です。
    アメリカ大陸には、すでにNAFTA(北米自由貿易協定)という自由貿易圏があります。NAFTAはアメリカ、カナダ、メキシコの3ヶ国だけの自由貿易協定ですが、この3国間では関税などなしに自由に貿易を行うことができます。このような自由貿易圏を太平洋周辺の広い地域で作ろうというのが、TPPの構想です。
    TPPは2006年5月にチリ、シンガポール、ニュージーランド、ブルネイの4ヶ国で発効したのが始まり。この当時はまだ大国と言える国はいませんでしたが、その後、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナムの4ヶ国が参加の意思を表明して、交渉を開始しています。つい最近になって、マレーシアも参加の意思を表明しました。これらの国が全て参加すれば、TPPは9ヶ国の自由貿易圏になります。
    そして10月になって菅政権は、「わが国もTPPへの参加を検討する」と表明しました。

    省庁によって違う試算

    政府は早速、日本がTPPに参加した場合、どの程度の影響が出るか試算。今回は内閣府、農林水産省、経済産業省の3省庁が試算を出したのですが、それらの結果はバラバラで、どれが正しいらしいかわからなくなっています。
    内閣府は、日本がTPPに参加するとGDPが2.4~3.2兆円増えるという楽観的な見方を出しています。
    一方、農林水産省は反対に日本がTPPに参加することは非常に大きなマイナスになると述べました。農水省の試算では、日本がTPPに加盟すると他国からの安い農産物が大量に輸入されるため、日本の農家の多くが農業をやめてしまうと読んでいます。結果、農業関連のGDPが4.1兆円も減少、GDP全体としては7.9兆円もの損失になるとか。環境面でも3.7兆円の損失になり、合計で日本が被る損失は11.6兆円にも。
    さらにそれだけには留まらず、340万人の雇用が失われ、食糧自給率も現在の40%から14%にまで下がると予想しています。これでは、日本は踏んだり蹴ったりという結果になります。
    経済産業省の試算は、こちらも日本はTPPに参加した方が利益になると結論を出しています。日本がTPPに参加しないと、アメリカやEUと独自に自由貿易協定を結んだ韓国が躍進し、結果として日本のGDPは2020年までに10.5兆円も減少すると予想しています。この減少は、自動車、機械産業、電気電子の主要な3業種による部分が大きいとのこと。
    GDPだけではなく、TPPに参加しないと雇用も81万2000人も失われるという予想でした。これら、国の3省庁がそれぞれ全く違う結論を出していては、一般庶民としては、日本がTPPに参加した方がよいのかどうか、ますますわからなくなります。

    結局は管轄業界を優先?

    このように省庁によって全く違う結論が出るのか? それは、各省庁が自分の担当業界のことを優先して考えているからだと考えられます。
    農水省は、当然ながら農業分野を最優先にして物事を考えます。そのため、TPPに参加して他国の農産物が日本に入ってくることを恐れ、TPPに加盟することは日本の損失になると主張したと思われます。
    ところが経済産業省は、担当が主に製造業です。製造業は、日本がTPPに加盟すれば利益になる面が大きいと考えられ、そのために「TPP加盟は日本にとって利益になる」という結論にしたと思われます。

    政財界も賛否両論

    TPP加盟については、政治家や財界人も、賛成・反対で意見が分かれています。例えば米倉経団連会長は、「TPPに参加しないと日本は世界の孤児になる」と述べ、日本の参加に対して強い支持を表明しています。
    それに対して、社民党や国民新党などは、日本のTPPへの参加に対しては反対の姿勢を続けると発表しました。国の指導層が真っ二つに分かれている以上、今後の意見調整は相当困難になりそうです。

    消費者の目線で見ると……

    日本がTPPに加盟して、予想通りに他国からの安い農産物などが入ってくれば、消費者としては安い食べ物が買えてメリットが大きいかもしれません。しかし、それによって国内の農家の廃業が増加し、日本の食糧自給率が下がっていく可能性もあります。そうなったら、喜んでばかりはいられなくなります。
    TPPに加盟しても、実際にどの程度利益、あるいは損失になるか、始まってみないとわからない面が多々あります。しかし、自由貿易は世界の流れでもあるので、日本だけ「鎖国」を続けることは現実的に困難なのではないでしょうか。

    アメリカ主導ってのは胡散臭い

    TPPの交渉内容
    org2191274

    (米韓FTAに盛られた「毒素条項」 )


    米韓鬼の十条
    1.サービス市場は記載した例外以外全面開放
    2.牛肉は狂牛病が出ても買い続けろ

    3.他の国とFTAを結んだろ、そのFTAの有利な条件をアメリカにも与える
    4.自動車の売上下がったらアメリカのみ関税復活出来る

    5.韓国の政策で損害を出したら米国で裁判する
    6.アメリカ企業が思うように利益を得られなかったらアメリカ政府が韓国を提訴する

    7.韓国が規制の証明をできないなら市場開放の追加措置
    8.米国企業にはアメリカの法律を適用する

    9.韓国はアメリカに知的財産権の管理を委託する
    10.公企業を民営化

    TPPの、ISD条項とは、各国が自国民の

    安全、健康、福祉、環境を、

    自分たちの国の基準で決められなくする

    「治外法権」規定なのである。


    このISD条項は、米国とカナダとメキシコの自由貿易協定であるNAFTA(北米自由貿易協定)において導入された。その結果、国家主権が犯される事態がつぎつぎと引き起こされている。
    たとえばカナダでは、ある神経性物質の燃料への使用を禁止していた。同様の規制は、ヨーロッパや米国のほとんどの州にある。ところが、米国のある燃料企業が、この規制で不利益を被ったとして、ISD条項に基づいてカナダ政府を訴えた。そして審査の結果、カナダ政府は敗訴し、巨額の賠償金を支払った上、この規制を撤廃せざるを得なくなった。
    また、ある米国の廃棄物処理業者が、カナダで処理をした廃棄物(PCB)を米国国内に輸送してリサイクルする計画を立てたところ、カナダ政府は環境上の理由から米国への廃棄物の輸出を一定期間禁止した。これに対し、米国の廃棄物処理業者はISD条項に従ってカナダ政府を提訴し、カナダ政府は823万ドルの賠償を支払わなければならなくなった。
    メキシコでは、地方自治体がある米国企業による有害物質の埋め立て計画の危険性を考慮して、その許可を取り消した。すると、この米国企業はメキシコ政府を訴え、1670万ドルの賠償金を獲得することに成功したのである。
    要するに、ISD条項とは、
    各国が自国民の安全、健康、福祉、環境を、自分たちの国の基準で決められなくする「治外法権」規定なのである

    TPP24項目の米国のペーパーを読んでみて!


    農業や金融自由化だけの問題じゃない。 移民まであるんだ。
    たとえば、10-公共事業では事業書類はすべて英語で書かなければいけない。 外国企業が参入できるため。

    20-労働の移民促進では、外国人が職業移民できるよう、医療関連資格試験などを

    英語で受けられるようにしろと命令してる。日本語ができなくても移民して働けるようにするって言うことだ。

    米国によれば、日本市場の「非関税障壁」の中心は、日本語や日本文化そのものだ。

    つまり病気になったら患者は、医者や看護士の喋るフィリピン訛りや中国訛りの英語を覚えなくてははいけない。

    TPP24項目

    1.主席交渉官協議

    2.市場アクセス(工業)

    3.市場アクセス(繊維・衣料品)

    4.市場アクセス(農業)

    5.原産地規制

    6.貿易円滑化

    7.SPS

    8.TBT

    9.貿易救済措置

    10.政府調達 (公共事業)

    11.知的財産権

    12.競争政策

    13.サービス(クロスボーダー)

    14.サービス(電気通信)

    15.サービス(一時入国)

    16.サービス(金融)

    17.サービス(e-commerce)

    18.投資

    19.環境

    20.労働

    21.制度的事項

    22.紛争解決

    23.協力

    24.横断的事項特別部会

    『TPPで日本を押し潰すことができる。それがわれらの長期目標だ』

    ~ウィキリークス公電 米国文書~

     

    TPPに加盟すると「労働力の移動」も自由化される。これが怖い

    GDP比率で見て日本にとって輸出に全く旨みの無いアジア諸国は「金」は無くても「労働力」は居るアジア諸国で最低賃金は例えばベトナムなら月給が日本円換算でおよそ5000円と超激安日給じゃなくて月給だぜ?
    そんな安い給料でも働く人間がどんどん流入したら企業はわざわざ日本人に高い給料は支払わなくなる。
    賃金相場がどんどん下がり、安い外国人労働者に職を奪われ、失業者が溢れるだろうね。ちなみに、カナダ、アメリカ、メキシコの間で自由貿易協定NAFTAが結ばれたことで
    アメリカ国内では50万人もの人が失業した。

    TPP反対!します。

    農業・工業製品の関税撤廃なんてオマケの話
    本丸は、金融・保険・医療とかのアメリカが手を出せない分野だよなw
    ちなみに、交渉のテーブルについただけで料金が発生するらしく
    その料金が牛肉の月齢検査撤廃と郵政の規制緩和だっけか?
    テーブル座る為のチップ代だけで日本死んじゃう

    TPPは恐ろしい罠だ。

    目的は参加国をアメリカの完全属国にすること。日本が主な 的だが、まずは食料という戦略物資の生産能力を潰される。尖峰はモンサントだ。

    モンサントは北米で遺伝子組み換えをした様々な作物の種を、モンサントの製造した
    種を使わない農家の近くで撒き散らし、作物ができた頃を見計らってそういった農家が
    モンサントのパテントを犯していると主張して「その証拠」を農家の畑から引っ張り出し、
    訴訟して、モンサントの種を契約して使い始めない小規模農家を潰し、農作物の100%
    遺伝子組み換え化を狙っている。たちの悪い事に、モンサントの種を使うと、以前以上に モンサントが作る農薬を使わなければならない羽目になる様にしてある。既に、
    インドネシアを始め、外国でも似た様な方法で諸外国の食料生産能力を奪い始めている。

    ヨーロッパではモンサントのやり方に反発が非常に強く、苦しい商売をしているが、
    警戒態勢の甘い日本ではすぐに成功するだろう。サービスを自由化するというのは、 アメリカの弁護士団が、彼らの作る国際商法という奴らに都合よく書かれたルールを
    盾に、日本の安全保障の根幹である食料供給能力を奪い、科学で様々な健康被害が 出ると証明されている遺伝子組み換え食品を日本市場に蔓延させる為にも必要な
    わけだ。そして、健康状態を悪くしておいて、そこにアメリカの医療ビジネスを 持ち込む。全くよくできた筋書きだ。TPPの推進に尽力しているのは、おそらく
    オバマ政権で農務長官をしているトム・ヴィルサックと食物安全監督の責任者、 マイケル・テイラー。二人ともモンサントとつるんだ遺伝子組み換え食物の
    推進者だ。アメリカは好きだが、遺伝子組み換えの食い物は拒否する。
    英語で検索したら、裏付ける情報がぼろぼろ出てくる。

    住友化学がモンサントと長期提携してるぞ。経団連を動かしてるのは住友化学 だろうな。金儲けのために国民を売ろうとしてやがる。

    ★11/4(金)TPP絶対阻止!国会大包囲!国民行動

     日時:平成23年11月4日(金)

     12時00分     準備 第二議員会館前

     13時00分~15時00分 国会大包囲!国民行動 第二議員会館前

     主催: 頑張れ日本!全国行動委員会,草莽全国地方議員の会

      チャンネル桜ニ千人委員会有志の会

    江戸時代に到来してきた黒船がまさか平成になってまた黒船がやってくるとは、野田さん桜田門外の変があるようだから、お気を付けあそばせ!