再生エネルギー法案

再生エネルギー法案 カテゴリーのすべての投稿

政商SONの正体・SONに日本の未来は任せない

投稿日: 2011年7月28日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

 

○ソフトバンク孫社長、韓国大統領と会談
訪韓したソフトバンクの孫正義社長は20日、青瓦台(大統領府)を表敬訪問し、 李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。温暖化ガスの排出量が多い化石 燃料を使った発電の比率を下げ、太陽光など再生可能エネルギーの比重を 引き上げる必要があるとの認識で一致した。青瓦台が明らかにした。
孫社長はソウルで開いた再生可能エネルギーに関する国際会議出席のため 訪韓。李大統領との会談では「日中韓で(中国とモンゴルにまたがる)ゴビ砂漠に 再生可能エネルギーを活用するプロジェクトを推進すべきだ」と提案した。 李大統領は再生可能エネルギーの重要性で同意する一方、「原発の安全を 一層強化する」と強調した。
孫氏はこの後、記者会見し、地震が多い日本での原発運用は「特に危険だ」と 指摘。かねて推進を主張する太陽光発電は原子力や火力よりコストが高いと されるが「10、20年後には同等かそれ以下のコストでできると信じている」と述べた。

 

日本からむしりとった金を、朝鮮に渡す。 さすが、違法移民の孫!。 日本にさんざん助けてもらっておいて、日本への恨みや愚痴しか言わない。 そして金は韓国へまわす。 パチンコといっしょ。最悪の人間だね。

 

孫正義の登場は原発マフィア退場を意味する 

 ソフトバンクの孫正義社長が、東日本大震災の被災地に対し、100億円の私財を寄付すると発表したことは、世間を大いに驚かせた。震災直後から、ユニクロの柳井会長、楽天の三木谷会長などの資産家が次々と私財を寄付し、寄付者リストに上がっていたことから、孫社長の動向が注目されていた。そして4月3日、田原総一朗氏との対談生中継の中でこの発表がなされたのであった。

 先の柳井氏や三木谷氏がそれぞれ10億円の寄付だったのに対し、孫氏はその10倍の100億円であったこと、更には引退するまでの役員報酬を全額寄付に充てるとまで発表したため、社会に大きなインパクトを与えることになったのである。

 さて、この寄付についてはパフォーマンスもあるのではないかと指摘している人もいる。正直、私もそれは感じている。そのパフォーマンス性について深く切り込んだブログ記事を書いた人がいる。その記事とは「鈴の音情報局 孫正義100億+報酬の義捐金の裏の意味は?」である。

 このブログ記事には今日現在、40以上のコメントが書かれている。その中に、パフォーマンスを指摘していることに対し、非常に強い口調で攻撃的なコメントを残している人がいる。要するに、「偽善だ、パフォーマンスだとしても、義捐金は人のために役立つのだから、変な勘ぐりはするな」と言いたいらしいのである。

 私も基本的には、義捐金は人のために役に立つものであり、孫氏の決断は大いに素晴らしいことだと思う。たとえそれが偽善であり、パフォーマンスだとしてもである。裏に計算があったとしても、100億円もの想像もつかない金額を寄付に充てると言うのは、一般人が人生を100回やっても無理なことだ。それが被災地に役に立つのである。その寄付を決断したには、頭が下がるどころではない敬意を感じる。

 私が非常に懸念したのは、そのパフォーマンスの指摘に対し、指摘した者を激しく攻撃する動きである。私もツイッターで少し書いただけで、孫氏のファン(というか信者)と思われる方に激しく攻撃を受けた。おまえなど孫さんのような寄付も出来ないくせにパフォーマンスとか非難しやがって、普段からソフトバンクを批判するやつは、こういう善意の行為まで批判の的にするのか、心が腐っている、と。

 これらの攻撃に見る彼らの論理は非常にシンプルである。孫氏と同じ寄付も出来ずにつべこべ言うな、善意は一寸の批判をすることなく全て受け入れろ、ということである。

 彼らの論理に照らせば、寄付の出来ない人は、寄付をした人に対し一切の批判が出来ないことになる。先のブログ記事の中で、筆者の鈴氏はパフォーマンスについてかなり強い批判をしているが、それは人それぞれの自由のはずで、寄付を武器に封じ込めようと言うのはかなり危険は思想ではないか。これでは財力のある者ほど正しい人間だと言うことになってしまう。そして財力のある者はますます持ち上げられ、このような考え方が大きく広まると独裁国家にまで発展しかねない。本当に恐ろしい考え方である。
 百歩譲って、普通の文体ならまだいいと思うが、罵倒するような論調で書くのも彼らの共通点である。これは明らかに攻撃が目的であり、非常に危険を感じずにはいられない。

 孫氏が善意でこのような発表をしても、パフォーマンスとか偽善だとかの声が上がるのは、やはり過去の一部の所業に信用をおけないものがあるからだろう。寄付自体は非常に尊い行為であるが、残念ながらそのような声が上がることもまた現実のものとして受け入れねばならないのである。

 孫氏が寄付の意志を発表してから、2週間が経とうとしている。柳井氏や三木谷氏の寄付は、寄付後に第三者が発表したが、孫氏は寄付前に孫氏自らが発表した。孫氏は今後どのような形で寄付をするのだろうか。私はまだ残念ながら、孫氏が寄付を既にしたという情報は得ていない。大いに気になるところである。

広告

SON氏率いる「自然エネルギー協議会」保護法と批判されてもやむを得ない内容だ。

投稿日: 2011年7月27日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

菅首相が電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案、つまり再生可能エネルギーで発電された電力を高額で買い取る制度を、早期に成立させる意向を示した。既に閣議決定され、国会に提出されている。
恐らく否決されると思うが、内閣が自由に特定企業に利益誘導が可能な制度となっており、産業育成や技術進歩等の事はほとんど考慮されていない。孫正義氏率いる「自然エネルギー協議会」保護法と批判されてもやむを得ない内容だ。

1. 買取期間や買取価格は、経済産業大臣が勝手に定める

再生可能エネルギーの供給量や、電気使用者の負担や、その他の事案を考慮する事にはなっているが、買取期間や価格は、経済産業大臣が定めるとある。しかも発電源ごとに好きな価格をつける事ができる。孫氏の要求に応えてメガソーラーの買取価格を15年間40円/kWhにしても、国会でそれを防止する事ができない。

2. 強制的な全量買取制度

現在提出されている法案では、全量買取制度となっている。あまりに非効率な発電方法で、電力会社が難色を示しても、経済産業大臣は買取を命令できる。どんな僻地でも、どんなに不安定な発電所でも、電力会社は拒否できない。買取期間や買取価格が定まれば、孫氏はメガ・ソーラーを作り放題となる。

3. 電力需要家への説明義務無し

経済産業大臣は、報告徴収及び立入検査の権利があるが、それによって得られた発電源ごとの費用などを公開する制度にもなっておらず、電力需要家から再生可能エネルギーの種類別のコストを認識できない可能性がある。つまり、孫氏が利鞘をどれぐらい取っているのかを、政府は隠蔽する事ができる。

4. 硬直的な買取価格

電力会社は設備投資を抑制するために、需要追随運転ができる発電所を求めているはずだが、そういった点は考慮されていない。季節や時間などで発電量を調整できないメガソーラーに有利な制度になっている。バイオマスに不利と言えるかも知れない。夏場のピーク需要に太陽光発電はあっていると思う人は、冬場のピーク需要は早朝と夜である事を認識しよう。その時間帯の太陽光発電所の発電量はゼロになる。

5. 風力発電・小水力発電・地熱発電には不十分

現在再生可能エネルギーで最も経済性があるのが、風力発電と小水力発電なのだが、再生可能エネルギー促進法では普及しそうにない。古くから利用されている地熱発電も同様だ。
風力発電も小水力発電も、立地に適した土地の選定が難しい。風力発電は騒音公害などが明らかになりつつあり、人家近くに立地が難しくなっている。小水力発電は、許認可が大型ダムと同様になっており、法規制の問題から立地が難しくなっている。地熱発電も、温泉などの周辺施設の問題もあるため、経済性以前に自由に立地できるわけではない。これらの問題を、再生可能エネルギー促進法は解決しない。
バイオマスと、孫氏が意欲的なメガソーラー以外は、有難く無さそうな法案だ。

6. 期待の技術は保護育成されない

資源賦存量から期待されている再生可能エネルギーは、浮体式洋上風力発電と(NEDOは期待していない)高温岩体発電だが、これらは国内にパイロット施設もない状態で、まだまだ圧倒的に高コストだ。浮体式洋上風力発電は、IHIグループが開発に乗り出しているので実用化は意外に近いのかも知れないが、今日の段階では商業ベースの振興策を講じるまで行っていない。つまり、将来的に火力や原発を代替するようなテクノロジーの保護・育成が意図されていない。

7. 2020年度に制度廃止で、再生可能エネルギーも全滅?

2020年度を目処に、廃止を検討するとある。実際に廃止されるのか、廃止後に再生可能エネルギーが、市場競争の中で生き残れるのかが分からない。
例えば太陽光発電のコストは、産総研の過去の見込みでは今は23円/kWhになっているはずなのだが、実際は40円/kWhはかかっているようだ。風力発電所も、英国の例では近い将来に採算ラインに乗る見込みは無い
技術革新のペースは期待したほど早くは無いので、補助金依存の非効率産業を産み出すだけで終わる可能性がある。それでも買取価格と買取期間で採算は約束されているので、その時点で撤退になっても、孫氏は損をする事はない。

8. 孫正義氏率いる「自然エネルギー協議会」保護法

露骨にメガソーラー事業者に利益誘導をする施策に見え、しかも買取価格と買取期間を経済産業大臣の一存にすることで下手な隠蔽工作をしているように思える。総理大臣が特定企業家と癒着したとなったら、大スキャンダルなのだが、マスコミは追求しないのであろうか?
倫理的な問題もそうだが、産業政策的にも筋が悪い。補助金をつけて産業育成をするには、育てようとするものが何かを良く考える必要がある。世界各地で太陽熱発電所や、風力発電所の建設がされているが、それは風土を考えた上で技術選択されている。日本の風土を良く考えた上で、政府支援をする技術を考えるべきだ。

9. 夢を売るなら、未来の技術を

菅内閣は、太陽光パネル1000万戸計画やメガソーラー事業への利益誘導など、政治的にも経済的にも費用対効果が薄そうな施策を選択すると思う。これらは実用化されており限界が見えているので、費用対効果の計算をされて非現実的な提案だと分かってしまう。
何を推進すればいいのかって? ─ もし私なら「日本は海洋国家なので、電源開発促進税を倍増し、浮体式洋上風力発電に年額1兆円を投じる」と宣言し、国会で揉めた上で1000億円の予算を確保する。
現在存在する浮体式洋上風力発電所Hywindは、沖合10Km・水深220mの地点に設置されているが、総工費は6200万ドル(約50億円)に過ぎない。1000億円もあれば何とか三陸沖に建設できるであろう。風況調査の結果も悪くない。NEDOも実用実験の前準備を開始しており(SankeiBiz)、予算をつけたら官僚機構をせかすだけで良いし楽だ。津波で被害を受けた港町の沖合いに、日本初の浮体式洋上風力発電を建てるのは、悪くない政治パフォーマンスのはずだ。
成功するか分からないって? ─ 未来の技術を模索が目的だから、成功する必要は無い。アポロ計画が費用対効果を求められるものだったら大失敗だったはず。夢を売るように心がける方が、政治的には安泰だ。