半島や大陸の好きな民主党政権

半島や大陸の好きな民主党政権 カテゴリーのすべての投稿

帰化した国会議員

投稿日: 2013年6月9日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

コピペです。
**********************************************
第19170号 國民新聞 平成23年12月25日(日曜日)

帰化した国会議員
日本会議埼玉支部の吉田滋相談役が最近入手した「帰化人国会議員一覧」によると、民主党所属議員(元職を含む)が最多だった。

小沢一郎(実父が済州島出身、実母は在日朝鮮人)、

菅直人(実母が済州島出身)

土井たか子(本名・李高順、昭和三十三年十月二十六日帰化)、

千葉景子、近藤昭一。

岩國哲人、土肥隆一、金田誠一、岡崎トミ子、簗瀬進、山下八洲夫、中川正春、横路孝弘、神本美恵子、鉢呂吉雄、松野信夫、平岡秀夫、赤松広隆、小宮山洋子、

鳩山由紀夫

実父威一朗が結婚前に韓国人に生ませた子、妻の幸は在日韓国人)、

横光克彦、松岡徹、水岡俊一、郡和子、犬塚直史、佐藤泰介、谷博之、藤田幸久、増子輝彦、江田五月、高木義明、中嶋良充、円より子、中村哲治、藤谷光信、室井邦彦、横峯良郎、白真勲、奥村展三、小沢鋭仁、川端達夫、佐々木隆博、末松義規、西村智奈美、細川律夫、家西悟、小川敏夫、津田弥太郎、ツルネン・マルティ、那谷屋正義、内藤正光、福山哲郎、峰崎直樹、郡司彰、小川勝也諸氏ら五十六人。

福島瑞穂(本名・趙春花、昭和六十一年二月十五日帰化

辻元清美、保坂展人、
照屋寛徳、日森文尋、近藤正道、又市征治。

公明党は東順治、上田勇。

自民党は山崎拓、河野太郎、加藤紘一、衛藤征士郎、河村建夫、中川秀直、犬村秀章、野田毅、太田誠一、二階俊博、大野功統、馳浩。

本紙に一覧表を提供した吉田滋氏は
「この資料の真実性はほぼ間違いない。
火のない所に煙立たずだ」
と述べている。

竹島は日本固有の領土です/Takeshima is Japanese Territory.からシェアさせていただきました。

投稿日: 2013年2月24日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

竹島は日本固有の領土です/Takeshima is Japanese Territory. · 3,412人が「いいね!」と言っています

6時間前 ·

  • 頂き物です。全ての日本人が読むべきだと思います。
    日本人なら、コピーして皆に読ませて。皆に伝えて。

  • <嫌いな国の文化にあこがれる韓国… | [在日]国籍法から婚姻要件を除外…>
    あなたはこれでも韓国を良い国だと思いますか?
    在日 韓国人がいかに日本を略奪しようか考えている一端です。
    いよいよ 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)04時32分31秒  
    計画通り民主党が参院選で過半数を獲得。
    いよいよ始まりますね。自民党独裁弾圧政治の終わりの始まり。
    我々虐げられてきた在日同胞の権利拡大の始まり。
    最近はネットのおかげで90年代以前なら使えたネタが通じにくいですが民主党さんにはがんばってもらいましょう。
    まず短期的には在日同胞のお年寄りへの年金支給実現が急務です。
    生活保護だけでは本当に最低限の生活しか補償できないのが現実です。
    差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を
    気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。
    多くの日本人同様に税金をしっかり払ってきたわけだし、これまでの差別の歴史を考えてみたら我々にも年金をもらう資格はあるし日本政府にもその責任があります。

  • 在日同胞への年金支給がいちばんの優先です。
    その次は地方参政権獲得へと山を作っていきましょう。
    各地のコリアンタウンを基点に、組織的に民主党議員を支援していく体制はすでに整っていますが、足りないものがあれば、各支部ごとにまとめて本部に頼んでください。民主党の中での雰囲気醸成や意見の舵取りなどは、同胞議員の先生たちがきちんと動いてくれる予定ですから心配ありません。
    また北韓同胞との連携も必要になってきますので、支部長レベルでの会合等調整をお願いします。

  • Re: いよいよ 投稿者: ハナ 投稿日:2007年 7月30日(月)04時44分54秒  
    >スヒョンニム
    本当に素晴らしいことです。
    こんなにも早く民主党が過半数とれるなんて!
    まだ参議院ですから油断はできません。
    次の衆議院選挙で民主党が過半数議席を獲得できるかどうかが
    我々の将来を決める大きな鍵になるでしょう。
    これからの日本の政権は民主党に任せるべきですよね。
    グローバル化した現在ですから我々在日コリアン以外にも
    在日外国人は日本に多いし、長く住んでも選挙で投票もできない
    から生活を良くしたくても声が届かない。

  • >差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を
    >気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。
    これは本当にそのとおりですね。
    日本人はのうのうと年金もらって暮らしているのに
    同じように長年日本に住み、払いたくもない税金を払っている
    我々のアボジたちの中には、本当に悲しい生活をしているかたたちも多いです。
    昭和ー平成時代にかけて、日本に貢献してきたではないか。
    それなのに、日本人ではないというだけで年金も
    もらえない。同じ年の日本人がちゃんともらっているのに。
    民主党はその点、在日コリアンへの年金支給を名言してくれてるし、私たちにも選挙権がもらえる可能性が高い。これが本当のグローバリズムというものですよね。。

  • Re: いよいよ 投稿者: とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)07時05分31秒  
    まま、感情論は置きましょう。我々の目的が実現したら好きなことを言えるはずですから。今後、年金と参政権獲得のキーとなるだろう民主党各議員への献金準備なども準備は順調です。
    くれぐれも違法にならないように、日本人の感情を刺激しないように、慎重に進める必要があります。最近とくに若い日本人の間での「嫌コリアン感情」は無視できないものがあります。
    各支部で、韓流コンテンツやウリマル講座などを使って、
    そこで次回の衆院選で民主党に投票してくれる日本人を増やしていきましょう。
    今の私たちはまだ直接投票ができませんから、帰化した同胞の支援と理解ある良心的な日本人たちの協力が必要です。

  • そうですね 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)07時49分30秒  
    今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを使ってきましたが、今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。
    これからの日本社会を背負う日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。
    お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。
    今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という事実を伝えるだけでは日本人の若い世代は一歩引いて疑います。
    これからは「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。
    日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。

  • 生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。
    同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。
    これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますから
    まだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。
    年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら実現できます。
    日本の政治を我々が動かすことができる時代がこれから来ます。
    目の前の気になることは少し目をつむって将来の我々の大きな勝利のために進みましょう。
    とにかくこれから2年は忙しくなります。次の衆議院選挙は2009年の9月。
    ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。
    そのためには良識ある日本人をもっとたくさん増やす必要があります。
    この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本のマスコミ各社に同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。
    その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。
    数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することもできるようになりました。
    両方から攻めていきましょう。
    我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で実現しようとしています。
    民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう。

  • Re: そうですね 投稿者: とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)08時20分48秒  
    しかし予想していたより早かった気がします。
    ある意味では自民党に感謝する必要がありますね。
    自民党の族議員たちが自分の利権を守るのに必死でr
    普通の日本国民が日本の政治に興味を持たないように
    政治家が自分の腹だけを肥やせるようにし続けてきたからこそ
    同胞たちの日本マスコミ改革とうまく合って日本の世論を誘導
    できるようになったのですから。

  • 今回は民主党の先生がたが頑張って社保庁の年金問題を公開
    してくれたおかげは大きいですね。
    日本のオンモンに「漁夫の利」というのがありますね。
    日本と中国が我が韓半島を奪い合ううちにロシアが横から
    奪い去ろうというものですが、
    これからは日本人同士で利権の奪い合いをしている横から
    我々がそれを奪い去るという構造です。
    与野党と官僚が利権の奪い合いをしているところから
    我々が美味しいところをいただける。
    日本の一般国民も今は年金や不祥事なんかの目の前のことだけしか見てませんしね。マスコミもそういうところをどんどんやりますから都合がいいですよ。笑いが出るくらいです。
    とにかく日本の左派はまだまだ利用できます。

  • とくに日本が嫌いな日本人がいるというのはおもしろいですね。十分使えます。日本憲法改悪反対派の議員たちをもう一度洗い出しましょう。護憲派の人たちは我々と考えが似ていますから、まだ利用できます。同じような人たちは自民党にもいます。落選議員に活動資金を献金するといった方法で良心を目覚めさせることも簡単でしょう。
    民主党にはかつて北韓の辛先生の擁護をしてくれた人たちもいますし。

  • 菅 直人が釈放を要求した「工作員全リスト」(週刊文春)
     間抜けは誰か――。安倍晋三官房副長官が言い放った「土井たか子氏と 菅直人氏は間抜け」発言が、みっともない展開を見せている。
     話の発端は89年。韓国の盧泰愚大統領へ、土井氏や菅氏ら133名の 国会議員が、『在日韓国人政治犯の釈放に関する要望』という署名を 提出したことに始まる。「政治犯」29名を列挙して無罪放免を訴えた ものだが、その中に原敕晁さん拉致事件の実行犯、北朝鮮工作員・辛光洙が 含まれていたのだ。

  • 注意しなければいけないのは民主党内の一部の保守派ですね
    民主党は圧勝したといえ党内は一枚岩でないところも多いので。
    ただし基本的に相手は日本人です。一度信用させれば継続して信用し、
    その上でこちらのつらい状況を涙ながらに語れば心底同情してくれます。
    こういった点をうまく使いましょう。

  • ターゲットは? 投稿者: Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)10時02分11秒  
    今後の日本人良心改革のターゲットは予定通り年配層や年寄りと女性ということでいいんですよね?
    最近うちの店でもハングル講座を始めて日本人女性が入ってくるから、韓国文化の紹介に少しずつ日本の戦争中の蛮行やこれまでの政治家の妄言などをまぜて紹介しながら私たちが年金や参政権をもらえない理由を教えています。
    その上でぜひ日本人として民主党を応援してくれるよう言っています。
    民主党なら日本人にとっても我々にとっても両方に都合いいですよね。
    ただ、とにるニムの言うとおり、韓国文化に興味のある日本人でも
    こっちの話しをまじめに聞いてくれるのはやはり年配や年寄りですね。
    若い女性などに日程の話しをしても、けっこう困った顔されたり今の私たちには関係ないと言われたりすることもありますよ。
    この前年金の話しをして、日本で暮らすわたしたち在日韓国人のおじいさんおばあさんには年金をもらえず苦しい生活をしている人たちも多いですと話しをしたら、
    日本人だって年金の保険料を払ってなければもらえないよと言われました。そうなんですか?
    でもそれだって我々の差別の歴史を考えたら日本は払うのが当然!

  • Re:ターゲットは? 投稿者:とにる 投稿日:2007年 7月30日(月)12時28分12秒  

  • to Revoニム
    この前ありがとう。あの講座スタイルはいいですね。
    講座が終わった後に韓国料理を生徒にたっぷり食べてもらうという
    サービスは生徒の評判もいいようです。
    ただ、今は日帝の話題は出さないほうがよいと思います。
    我々の話に疑問を持たせることはない方がいいですね。
    これからとにかく
    1.我々在日は日本人と仲良くしてこれから日本に貢献したい
    2.今までの長い自民党政治ではそれができなかったし日本人も不幸になるばかり
    3.民主党政治なら在日同胞も日本人も同じように幸せになり日本もアジアで尊敬される
    そのような話し方をしていきましょう。
    どうも、これまでの在日同胞は自分たちの権利ばかりを出しすぎたところがあってそこが日本人の若者などの反発を受けているようです。
    これから何十年も何百年も続いていく我々の利益のためですから
    あと何年か、がまんしましょう。
    こちらが一歩さがって、日本人の自尊心をくすぐってやるんです。
    やつらはそういうのに弱いんですよ。ははは!
    イルボンサラム 投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)13時36分05秒  
    嫌韓流以降、日本人の若者の間に嫌韓感情というのは本当に広がっています。
    私なりに考えてきましたが、やはり民族性が大きいでしょうね。
    コリアンは自分の考えはどんどん言うし、日本人のように建前は言いません。本音で話し合うしすぐ団結して行動する民族です。
    他の国に行くときは、どうにかして韓国の良さを伝えようとあれこれと試しますね。
    ときには主張が強すぎたり拙速すぎるところもありますが、そこが我々がどんな状況も耐え抜いてこれた大きな要素でしょう。
    日本人は集団行動や周りとの協調性を大切にします。他の人が不快に思うことはしません。
    そして自分を一歩さげて相手を立てることが正しいことだと思うんですね。そして日本のオンモンに「郷には入ったら郷に従え」というのがあります。
    よそものがそこに入ったら、その場所のルールに従わなければならないという考え方です。ここが大きく違うところで、これから我々が使える部分です。

  • 日本の若者を攻略するのは意外に難しくないです。
    嫌韓感情を持つ日本人の若者でもこちらから「今までの在日同胞のやりかたは良くなかった。日本人の気持ちを考えないで権利ばかり主張してきてしまった。我々もこれからは郷には入ったら郷に従うという日本の習慣も取り入れようと思う」ということを伝えるだけで彼らの表情が一気に変わりますよ。
    アボジたちがどうして今まで得れる権利を得れなかったか、そこはこうした頭の使い方が足りなかったからでしょうね。今だってそんなことは言うなと言うでしょうが、インターネットのおかげで、こちらも頭脳戦をしなければ勝てない時代です。
    そこは一時期愛国心は横に置いて、どれだけうまく日本人を多く我々側に取り込めるかを考えましょう。
    今回の民主党圧勝は我々にとって過去最大のチャンスですから。
    (無題) 投稿者: Revolution2009 投稿日:2007年 7月30日(月)14時22分19秒  

  • しかし日本人はおもしろいですよね。
    謝ることが美しいと思っているんですから。
    講座の生徒が言ってましたが日本には濡れ衣を着るという
    思想の文化があるそうです。他人の罪を自分が変わって
    処罰されるところに喜びを感じるようです。
    だからすぐ何かあるとスミマセンと言うのかな。
    この前講座が終わってトッポギとマッコルリを出してあげたら
    みんなスミマセンと言ってましたよ。
    なんで謝るんでしょうね?アリガトウではないの?
    民族的マゾヒストなんでしょうかチョッパリは(^^)
    そんなのだから戦争に負けるんですよね。
    アベ首相が言ってる美しい国というのは、日本人全員が
    全韓国人に謝る国のことですよきっとね(^^)

  • マスコミ対策 投稿者: スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)15時49分54秒  
    あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です
    ここ数ヶ月の報道を思い出してください。
    自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。
    ときどき冷や冷やした状態はありましたがテレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑えてあるようです。
    またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません。
    なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。
    愚民対策とでも言いましょう。知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪

  • ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    はい!日本人の皆さん、これが在日コリアンの考えです。
    日本人は平和ボケしてんじゃないわよ。
    お人よしとか、いい人に見られたいなんて思うんじゃないわよ。
    みんなコピーして回覧板をまわすなりして、民主党・売国議員をすべて落とす勢いで噂を流すのよ。
    通名とか、なりすまし何とかしてくれないかしら?
    民主党なんかに政権とらせたら、在日天国になるってことです。
    在日の方たちは、基本韓国にいる方たちの考えと同じってことでしょう。
    マスコミは押さえているそうです。
    真の日本人なら、民主党に入れるのはバカだといわせていただきます。
    みんなに、お伝えください。
    でないと、日本人の税金が、日本人になりすました在日コリアンにいくのですよ。バカバカしい。

宮城県議会で「従軍慰安婦性奴隷は嘘・捏造の反日宣伝!」 意見書可決

投稿日: 2012年11月4日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

ニコニコ動画より転載 拡散動画   相沢光哉氏(自民)の討論より

 —————–

李明博韓国大統領の言動に抗議し、対韓外交等の見直しを求める意見書

(より詳しい解説はこちら→)http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1282.html

https://www.youtube.com/watch?v=GjKf_9siwoI&list=UUPBbTNsmaDhnEJ-UpRH0WGw&index=1&feature=plcp

大韓民国の李明博大統領は、本年八月十日に島根県の竹島に上陸した。竹島はこれまでも韓国に実効支配されてきたが、現職大統領が我が国領土に直接足を踏み込むことは前例が­なく、今日まで連綿と築きあげてきた日韓の信頼関係を根本から覆すものである。政府は、この事態を深刻に受けとめ、韓国に対し、我が国の断固たる抗議の意思を伝えるととも­に、早急に対応方針を定め、毅然とした措置をとるべきである。

 また、李大統領は、八月十四日、天皇陛下の韓国訪問に言及し、「韓国を訪問したいのなら、独立運動で亡くなった方々に対し、心からの謝罪をする必要がある」と述べた。そも­そも、天皇陛下の韓国訪問については、李大統領自身が平成二十年に来日した際に、両陛下に直接招請したものであり、今回、謝罪がなければ「訪韓の必要がない」などと発言す­ることは、外交上極めて非礼であるだけでなく、昭和四十年の日韓基本条約で双方合意のもとに終結した過去の話を蒸し返すことにつながり、国際条約違反の疑いすらある。政府­は、韓国政府に対して謝罪及び撤回を強く求めるべきである。

 さらに、李大統領は八月十五日の光復節での演説で、いわゆる従軍慰安婦問題についても言及し、「日本の責任ある措置を求める」などと述べているが、このいわゆる従軍慰安婦­問題は、その言葉自体が実態のない捏造語であるにもかかわらず、日本側が毅然たる反証と歴史的事実の提示を怠ってきたことから、今日のさまざまな理不尽な現象を引き起こす­に至ったものである。

事実、さきに述べた日韓基本条約締結の際、韓国側は「対日請求要綱」の八項目のリストにより、日本側から無償三億ドル、有償二億ドルの支払いを受け、日韓併合時の過去の一­切は「完全かつ最終的に解決」しているが、韓国側が提示したリストにおいては慰安婦問題は一行も触れられず、また、請求もされていないことからも、いかにこの問題が後に日­韓双方の政治的な意図で捏造され、増幅されてきたかが明らかである。端的に言えば、貧困による人身売買の被害者である「慰安婦」は存在したが、権力によって強制連行された­被害者に対して国として補償すべき「従軍慰安婦問題」は存在しなかったと言えるのである。

(略)

そのためには、我が国としても、外交においては、我が国の主張が当事者間の不毛の論争に埋没することなく、国際世論の理解と支援を取り付けるべく努め、また国内においては­、敗戦国の過剰な贖罪意識に基づく反日自虐史観的な言動を払拭し、正しい歴史観を確立しなければならない。

 よって、国においては、我が国固有の領土である竹島問題の重要性と、いわゆる従軍慰安婦問題が、韓国による慰安婦像の建立といった事態を招くなど、我が国の名誉を著しく侵­害している危険性にかんがみ、次の事項の実施について強く要望する。

一 竹島領有についての国際司法裁判所提訴手続を進めること。

二 日韓通貨交換協定更新を見直すこと。

三 いわゆる慰安婦問題に関して、事実誤認によってなされた過去の政府要人らの談話・発言を取り消すこと。

四 教科書検定に関する近隣諸国条項の見直しを行うこと。

 右、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。

 平成24年10月11日

宮城県議会議長 中 村  功

衆議院議長     あて 参議院議長  内閣総理大臣  総務大臣  外務大臣  財務大臣  文部科学大臣

————

この調子で全国の地方議会でやってほしいです。反日宣伝に負けてはならない。

何でも日本が進んだ技術を発表するときルーツは韓国だと主張する、文化泥棒の国汚い奴ら

投稿日: 2012年10月13日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

2012年10月11日09:30

「韓国人が山中教授のノーベル賞を韓国の成果だと主張し始めた」 黄禹錫教授の成果が山中教授のiPS細胞を生み出した

1:すばる岩φ ★:2012/10/10(水) 16:33:02.41 ID:???
– ノーベル賞:幹細胞研究で韓国に遅れの日本、科学者育て逆転 –
山中教授ノーベル賞受賞を機に世界市場先制に意欲
黄禹錫教授のES細胞代替研究、実績なしでも大学院で採用

 今年のノーベル生理学・医学賞で共同受賞した英国ケンブリッジ大学のジョン・B・ガードン教授(79)はカエルのクローンに初めて成功した科学者であり、京都大学の山中伸弥教授(50)は皮膚細胞を胚性幹細胞(ES細胞)に似た人工多能性幹細胞(iPS細胞)にする方法を初めて開発した研究者だ。科学者たちは、2人の間をつないだものは、かつて韓国が世界で最も進んでいると錯覚していた「クローンES細胞」だったと言う。

続きはこちらをクリック http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50383923.html

ソース : 朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2012/10/10 10:58
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/10/2012101001010.html
関連スレ :
【韓国】ノーベル賞を目指そう! 韓国で小学生対象の特別キャンプ開催 [09/30]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1348991328/
【社説】ノーベル賞の季節はやってきた・・・”日本人が世界で最も滑稽だ”と見る韓国だが、0対18これが現状だ★2[10/08]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349790659/
【韓国】がん細胞に自殺命令、夢のナノ磁石を開発…夢物語のようなシナリオ、現実化の見通し[10/08]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1349682840/

:::::::::::::::::::::::::::::::

2012年10月11日10:30

「韓国企業が島根県を消滅させた疑惑が発生した」 韓国の制作会社がTV朝日に大変な物を納入!?

1: ソマリ(新疆ウイグル自治区):2012/10/10(水) 04:02:14.63 ID:ujToZmwr0
「Qさま!」番組内で地図誤表記の不手際が発覚
トピックニュース 2012年10月09日13時30分

8日に放送されたクイズバラエティー「Qさま!」(テレビ朝日系列)で、「放送事故が起きた」とネット掲示板やツイッターで話題になっている。

秋のスペシャル番組として「プレッシャーSTUDY 全日本勉強選手権2012 」という企画を放送した同番組。その内容はタイトル通り、都道府県に関する様々なクイズを出題し、ゲストが回答するというものだ。

物議を醸した理由は、同番組が紹介した西日本の地図にあった。描かれた地図では、山陰地方にあるはずの島根県が海となっていたからだ。

この地図が話題になったネット掲示板では「島根県が消えた」「何をどう間違ったらこうなるの」「島根が無くなってることより宍道湖が島になってることの方がおかしい。どうしてそうなった」「これ大丈夫なのwww?島根どころか広島も…」と、驚く声が相次いだ。

なかには「島根ない=竹島の存在を消す事と一緒」「島根県が無くなれば『島根県の竹島』も無くなってしまうじゃないか」と、領土問題と結びつけ、この地図を作成したテレビ番組の制作会社に不信感を持つ声も。「Qさま!」は、先月も、番組撮影中に、スギちゃんが重傷を負う事故を起こしたばかりだった。

http://news.livedoor.com/article/detail/7027292/
問題の地図
「Qさま!」番組内で地図誤表記。島根県が無く、そこには海
5cabdd589145db0851bb05a31bf64ae6

2012年10月11日08:30

「韓国メディアが捏造記事で日韓スワップ破棄を非難し始めた」 日本への恨み節を全開にする韓国メディアの卑劣

1:ピアノを弾く大酋長φ ★:2012/10/10(水) 04:24:54.40 ID:???
[韓・日通貨スワップ縮小]外国為替危機の時貸し出し金回収…難しい時薄情だった日
キム・テグン記者
韓国と外貨調達’悪縁’
2008年金融危機当時にも通貨スワップ拡大要請拒絶
韓国は外貨調達問題に対しては「悪縁」という言葉がぴったりなほど日本とは良くない記憶をたくさん持っている。

最もつらい記憶は1997年の外国為替危機当時に遡る。外国為替保有額が底をつき、国家不渡りの危機に陥っていた我が国には日本から借りた短期貸し出し金が220億ドルあった。

ところが日本はこの中の130億ドルをその年に回収し、我が国が国際通貨基金(IMF)に救済金融を申請するのに決定的な寄与(?)をした。日本は特に1997年12月の1ヶ月だけで70億ドルを抜いていった。当時カン・マンス(姜萬洙)財政経済院次官(現・産銀金融持株会長)が「必要な時の友人が真の友人」と訴えたが、日本側は「日本国内の銀行も国際決済銀行(BIS)基準の自己資本比率8%を合わせて難しい状況」として背を向けた。

難しい時に薄情だった日本の形態は2008年のグローバル金融危機当時にも繰り返された。危機の余波でドル調達市場が詰まるとわが政府はその年10月300億ドル規模の韓米通貨スワップで一息つき、続いて日本にも既存の通貨スワップの規模を拡大してほしいと要請した。しかし日本は「大規模スワップ拡大は困る」として身を守った。結局、わが政府が中国と300億ドルのスワップ開設に合意し、これを根拠に日本を圧迫した後になって韓日通貨スワップ規模を300億ドルに増やすことができた。元政府高位関係者は「普段はそのように協議がうまくいっているのに、困難な時になると違う言葉を言って、かっとしないわけにはいかなかったよ」と言った。

日本は昨年10月には首脳会談で私たちの側の通貨スワップ拡大要求を快く受け入れた。これまでの悪縁が解消されるようだった。当時は日本の円高現象を弱化させる効果もあって、日本も実利を取ったという分析があるが、とにかくヨーロッパ発の危機で揺れる為替レートが安定を取り戻すのに助けを受けたのは明らかな事実だ。

しかし、去る8月に独島問題がふくらんだ後、日本政界が韓日通貨スワップ延長中断を言及して結局延長が失敗に終わり、韓国と日本のドルの悪縁は続くことになった。

ソース:朝鮮Biz(韓国語) 入力:2012.10.09 22:23
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2012/10/09/2012100902959.html

こんな政党はいらない、誰がなっても反日売国奴だらけだ。

投稿日: 2012年8月22日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

image

9月の民主党代表選を巡り、野田首相と距離を置く議員が、首相の対立候補擁立を念頭に議員グループ「民主党復活会議」を結成することになった。
 首相に批判的なほかの議員集団との連携も視野に入れている。9月21日の代表選まで1か月となり、党内の動きは活発化している。
 会議を結成するのは、民主党を除籍になった「国民の生活が第一」の小沢代表に近い山田正彦元農相、護憲派の中堅・若手で作るリベラルの会の平岡秀夫元法相ら。29日に国会内で設立総会を開き、9月上旬に首相の対立候補を決める段取りを描いている。
 山田氏らはすでに20日に準備会合を開いており、21日、会議への参加を呼びかける案内を民主党所属議員に配り始めた。案内には「来る民主党代表選において、思いを同じくする同志の候補者の擁立も念頭に置きたい」と明記している。会議には、菅前首相グループの荒井聰元国家戦略相、鹿野道彦前農相グループの篠原孝元農林水産副大臣、参院から川上義博参院議員らが参加する予定だ。
 山田氏らは、消費増税、原発再稼働、環太平洋経済連携協定(TPP)など首相が進める政策に批判的な議員をまとめて、首相に対抗したいとしている。
 改正消費税法の衆院採決で造反した当選1回の議員を中心とする勉強会「真の一体改革を実現する一期生の会」(代表世話人・福田衣里子氏ら)に連携を呼びかけ、復活会議への参加を求める考えだ。
 鳩山元首相は21日のグループ会合で「ひとりひとりがどういう行動をなすべきか、大変重要な局面だ」と述べ、代表選で野田氏以外の候補者を支援する意向をにじませた。しかし、「『反野田』で一致しても、重視する政策も違うし、肌合いも違う。共闘は容易ではない」との指摘もある。有力な対立候補も定まっておらず、今後の連携は不透明だ。

最終更新:8月22日(水)9時10分

読売新聞

  • この売国奴!!!!!!!嘘つき!!!ペテン師!!!!詐欺師!­!!!こんなのが日本の総理というのが、今の腐敗しきった日本を­象徴している!!!日本国民の大多数が惰民!!!!いい加減目―­覚ませ!!!政府、体制、マスゴミを疑え!!!

     

  • よくもまぁ~、これだけ、平然と、 嘘 がつけるものだ!!! とても、日本人=大和民族 とは 思えないね。。。 韓総理大臣も 嘘 の 宝庫 で、 朝鮮口から出てくる、 日本語を盗奪し、汚らしい、唾液を啜りながら、 ぐじゅぐじゅ グジュグジュ 嘘 に次ぐ 嘘 を 叩き出していた。。。なんだか、もう、遠い過去のような気がする­が、、、 なんともまぁ~、朝鮮を宗主国とする民主党から出てくる 人間のような生命体ども たちは、 恥 誇り が まったくない!!! まさに、まさに、、、朝鮮人DNAそのもの ということがわかる!!! しかし、、、この、馬鹿でもわかるような、 嘘 ゴマカシ に気づかない?気づけない? とんでもなく、 馬鹿で 愚かな とても、 誇り高き大和民族の末裔 とは思えない、 脳味噌空っぽの 能無し日本人が多すぎる!!! しかし、いつまで、こんな人間のような生命体 が君臨し続けるのだろうか・・・増税一点張りの 朝鮮DNA&ユダヤに乗っ盗られた米国DNAの犬=財務省のペー­パーオツムの、 野堕新総理 、日本解体&日本滅亡&韓国に日本を売る最期工作に、急ピッチで­押し進めていくでしょう!南無。

中国がいよいよ日本を乗っ取りにかかってきた、気をつけろ!!

投稿日: 2012年6月6日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

中国が新潟市で5000坪土地購入 日本国内の中国領を意味 (日本人なら読むべきニュース)

読んで憂えて政治を変えていこう!

~~~~~~~~~~~

中国が新潟市で5000坪土地購入 日本国内の中国領を意味
6月04日07時00分
提供:NEWSポストセブン
 中国の在外公館をめぐって、書記官のスパイ活動疑惑より深刻かつ不気味な事態が進行している。舞台は新潟市。国会議事堂より広い5000坪もの広大な土地が中国に買われ、そこに総領事館が移設されようとしているのだ。
 新潟に中国総領事館が設置されたのは、2010年6月のこと。現在、中国は新潟市内に4階建て敷地面積424坪の商業ビルを借りて、総領事館として使っている。しかし、中国側は当初から自前の総領事館を建てたいと、新潟市に土地の紹介を要請していた。
 この要請を受け、新潟市は候補地として数か所を紹介。中でも最有力として浮上したのが、市の中心部にある万代小学校跡地だった。
 2010年8月、新潟市の篠田昭市長は、中国の総領事館建設計画を歓迎し、住民への説明を十分に行なわないまま、中国への土地売却を前提に測量を開始した。
 しかし、これに地元住民が反発。折しも、9月に尖閣諸島周辺海域における、中国漁船による海上保安庁の巡視船への衝突事件が起こったことから、住民の間に不安の声が高まったのだ。
「『万代小学校跡地を中国に売却しないでほしい』という請願が3件、市議会に提出され、昨年3月に市議会で採択された。これを市が重視し、中国への土地売却を断念した」(前出・新潟市役所経済・国際部国際課)
 万代小学校跡地の広さは約5000坪。そして、中国が買った信濃川沿いの土地も5000坪。現在の総領事館の10倍以上にも及ぶ。東京・南麻布の中国大使館でも3333坪である。なぜ中国は総領事館の用地として、5000坪もの広大な土地にこだわるのか。
 中国側は利用目的について、新潟市にこう説明しているという。
「職員は17人程度だが、コックや運転手などを含めるとかなりの数になるので、それらの方々とその家族を住まわせる宿舎を敷地内に入れたい。また、総領事公邸や事務棟、新潟市民とも交流ができる広い庭も作りたいという話だった」(新潟市役所経済・国際部国際課)
 しかし、この説明を鵜呑みにすることはできない。本来、地方の総領事館がやることといえば、職員の人数からもわかるように主たる業務はビザの発行くらい。通商問題の処理等もあるものの、こんなに広大な土地を取得する必要性はまったくないのだ。
 ではなぜ、中国は広大な総領事館、しかも新潟にこだわるのか。
 中国出身で、中国の内情に詳しい石平・拓殖大学客員教授は中国の国家戦略をもとにこう語る。
「中国は2005年に北朝鮮の羅津港を租借し、悲願だった日本海進出の拠点を確保した。そこから新潟までは一直線で、今後、新潟は中国にとって戦略上の重要な拠点となる可能性が十分にある」
 自民党の参院議員で元陸上自衛官の佐藤正久氏は、中国が2年前に制定した「国防動員法」との関連を懸念する。国防動員法とは、中国が他国と戦争状態になった際には、中国国民はすべて動員され、戦争に協力しなければならないとする法律である。その対象は中国国内にいる国民だけでなく、海外に住む中国人も含まれる。
「中国の国防動員法では、有事などの際に、人民解放軍が自国民保護のために他国に上陸することも可能だとしている。日中関係が緊迫した時に、新潟の総領事館はその拠点として、軍事要塞化されるのではないかという不安の声もあるが、我々は許しません。さらにいえば、新潟は北朝鮮による拉致の拠点にもなっていた。中国は北朝鮮の後ろ楯ですから、北朝鮮の工作員なども総領事館に逃げ込む可能性がある」
 問題は、中国が取得した土地にいったん公館が建てられれば、そこに日本の公権力が及ばなくなることだ。
 ウィーン条約は22条1項で次のように規定している。
<使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない>
 軍事ジャーナリストの井上和彦氏がいう。
「仮に中国が取得した土地に総領事館が建てば、そこは治外法権になってしまう。外交官が普段から使っている車の中も治外法権になる。そうなれば、中国が総領事館の中で、爆弾を作ろうが何をしようが一切手出しはできない。まさに日本国内に“中国の領土”ができるのに等しいのです」
 外務省に問い合わせると、
「本年1月、在京中国大使館からの連絡によれば、中国側は当該民有地取得のための売買契約を締結済みであると承知しています」
 と回答をした。しかし、この問題を追及する自民党の小野寺五典衆院議員は、新潟の土地売却を阻止するチャンスはまだゼロではないと話す。
「日本には外国人土地法という、土地取得に制限をかける法律があります。しかし、この法律に基づいた政令が規定されていないため宙ぶらりんになっているのです。政令で定めれば中国による土地取得を阻止できるのですから、一刻も早く法整備すべきでしょう」
※週刊ポスト2012年6月15日号
~~~
中国に新潟の土地売った中国大使に日本人の矜持ないと櫻井氏
2012.04.05 16:00
■国際NGO/プラン・ジャパン www.plan-japan.org
《子どもの力を信じる寄付》途上国への支援。今、あなたの力が必要です
インタレストマッチ – 広告の掲載について
 国家の基本は、国民と国土である。しかし、最近、新潟での広大な土地取得契約をはじめ、日本各地で中国による土地の買収が以前にもまして急激に進んでいる。ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、こうした現状を「危機的状況」と警告する。巨大な“カネの力”に、どう対抗すべきか。
 * * *
 中国による日本の国土への脅威は「尖閣」だけにとどまらず、列島のあちこちを侵食しています。
 最近では、新潟市と名古屋市で、中国総領事館の用地取得の動きが進んでいます。なぜ新潟と名古屋なのか? 
 中国の動きには当然、理由があります。日本国内にある中国大使館・総領事館は7か所ですが、すでに東京・大阪・福岡・札幌・長崎の5か所は中国政府に土地を所有されてしまっています。残る2か所が、新潟と名古屋なのです。現在この2か所は、賃貸で総領事館が運営されています。
 新潟市では今年3月、県庁そばの民有地約1万5000平方メートルが中国総領事館側と売買契約されていたことが明らかになりました。問題の土地では、すでに契約は済んでいますが、3月上旬時点では登記はなされていないと聞きます。日本における土地の所有権は他国に比べて非常に強く、いったん中国の手に渡れば、この広大な土地が治外法権と化してしまう可能性が高いのです。
 そもそも、総領事館に1万5000平方メートルという広大な土地が必要とは考えられません。ここからは、単純に「現在は賃貸だが所有したい」というだけにはとどまらない中国の戦略的な意図が見えてきます。
 新潟は、地政学的に非常に重要な位置にあります。
 中国は2005年に北朝鮮の羅津港の第1埠頭を租借し、金正恩体制になってからは100万tの米の見返りに羅津港の第4、第5、第6埠頭の建設権を得て租借しました。羅津から進路を東に取れば津軽海峡で、すでに中国にとって太平洋への重要な出口になっています。
 そして羅津から潮の流れに乗って南下すれば、佐渡島、さらにその先の新潟にぶつかります。中国が佐渡島と新潟に拠点を作ることができれば、日本海は中国の“内海”化する危険性があります。中国側から見れば、だからこそ拠点となる新潟市に広大な土地を求めていると言えます。まさに日本の安全保障に関わる問題なのです。
 そもそも、このような事態を招いたのは、北京にいる丹羽宇一郎大使らの気概なき外交です。
 昨年7月、日本政府は北京に新しい日本大使館を完成させましたが、中国政府は申請のなかった吹き抜けが建築されているとして使用を認めませんでした。そのうえで新潟と名古屋の土地の買い取りについて、日本政府に便宜をはかるよう要求してきたのです。
 この筋違いの要求に、丹羽氏らはうろたえたのでしょう。そして本省に泣きついたのではないでしょうか。玄葉光一郎外相、野田首相の了承を経て、「中国側の要請に関連国際法に従って協力する」との口上書を中国側に提出しました。この前代未聞の屈辱的な対応の結果、その2日後には日本大使館の使用許可が下りました。
 明らかにバーターによる妥協であり、丹羽氏と日本政府はまんまと中国の罠にはまったのです。丹羽氏は伊藤忠商事の元会長で、商社マンとしては有能だったのかもしれませんが、一体、氏には日本人としての矜持があるのでしょうか。こんな人物を大使に任命した民主党政権の責任は極めて重いと言えます。
※SAPIO2012年4月25日号

http://www.news-postseven.com/archives/20120405_99925.html

中国 膨大な次世代エネルギー源眠る新潟を虎視眈々と狙い中
2011.01.19 17:00
 中国は利を得るためなら表の顔を裏の顔を巧妙に使い分ける。数々の美名のもとに、今日も中国は日本に謀略の攻勢をかけている。ジャーナリスト・櫻井よしこ氏が指摘する
 * * *
 中国の侵略の定型は、人口力を使って相手国に浸透し、影響力を拡大する手法です。具体的にいえば、中華街の建設です。アジアの最貧国・ラオスの首都ビエンチャンでは、2009年に中国政府が突然広大な土地を入手し、62万人の町に5万人の巨大中華街をつくりました。人の好いラオス人は狡猾な中国人に席巻され、早くもラオス全体が中国の強い影響下に組み入れられつつあります。
 そしていま、中国が日本国内で狙いをつけているのが新潟市です。09年3月、沖縄に総領事館を置きたいとの要望が日本外務省に拒否されたとき、代わりに浮上したのが新潟でした。中国総領事館はすぐに新潟市のコンベンションセンター「朱鷺メッセ」で業務を開始し、昨年7月には市中心部にある万代小学校の跡地約5000坪の購入を希望しました。総領事館を設置すると同時に、最近閉店した百貨店跡地に中華街を作りたいというのです。この構想は篠田昭市長らの賛同を得て、実現間近に迫りました。
 なぜ新潟市なのか。6年前、中国は北朝鮮の日本海側最北の港、羅津の50年間の租借権を得ました。その契約内容は、中国の行政権も及ぶ、植民地時代の遺物のようなものです。
 中国は羅津港から中朝国境までの約60キロに幹線道路を作り、そこも租借しました。中国は自国から日本海に直接出入りできる道路と港を確保したのです。
 日本海をはさんで羅津のすぐ向かいの新潟を、中国が最重要拠点と位置づけるのは当然のことです。さらに新潟沖には、次世代のエネルギー源のひとつといわれる膨大な量のメタンハイドレートが眠っています。地政学的にも、資源面でも、新潟は中国にとって非常に魅力的な土地なのです。
 東シナ海のみならず、日本の富も技術も、人材も自然も、すべて中国のために活用することが自らの国益だと考えるのが中国です。中華街は「街の活性化」という美名のもと、日本を実質的に支配していく拠点となるのです。その後、中華街構想の危うさを知った市議会議員らの後援会の反対もあり、小学校跡地の売却は凍結されました。しかし、「凍結」はいつ解除されるかわかりません。
 そもそも、日本政府も民間の日本人も、中国の土地は1ミリたりとも買うことはできません。他方、中国が日本で堂々と土地を買い漁れるのは極めて理不尽です。この不平等を放置せず、中国人による土地購入に待ったをかける法律を早急に検討すべきです。
※週刊ポスト2011年1月28日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110119_10413.html

新潟で土地取得の中国 言いがかりつけ外務省屈服させた経緯
2012.06.05 16:00
 中国が総領事館の建設用地名目で新潟市から5000坪もの土地を買収した問題は、治外法権で有事の際に軍事要塞化するのではないかなどと、懸念の声も出ている。
 日本の国益を大きく損なう可能性のある新潟市の土地売却問題。なぜ国は中国の行動を放置しているのか。実は中国が日本に言いがかりをつけ、それに参った日本がバンザイをしてしまったという経緯がある。
 その“言いがかり”とは、昨年7月に完成した北京の日本大使館をめぐる問題である。日本大使館は8月に中国側に建築確認を申請したが、中国側は申請にない増築があったとして違法建築とみなし、使用を認めなかった。
 この時、中国側が持ち出したのが、新潟市と名古屋市の総領事館用の土地の問題だったとされる。中国は日本国内に7つの公館を持っているが、新潟と名古屋を除いては、自らが所有する土地の上に建っている。
 中国は、「賃貸」ではなく、恒常的に自由に利用できる「所有」にこだわっているとされる。それを実現するために、日本大使館の使用を許可する代わりに、残る2つの総領事館用の土地を売れともちかけてきたわけだ。
 外務省はこのバーターを受け入れてしまう。1月19日付で「日本国内の中国総領事館移転に際し、国際法及び国内法に則った上で対処する」旨の口上書を中国側に渡したのだ。口上書は署名はいらないものの、公式の信書であり、軽々に提出するものではない。
 この問題を2月の衆院予算委員会で明らかにしたのが、この問題を追及する自民党の小野寺五典衆院議員だった。
「北京の丹羽宇一郎大使が同行の記者団に『中国に対して口上書を出した』と話したと知り、その内容を確認したら、あまりにも異常なものだった。既に完成しながら入居できずにいた大使館の使用を許可してもらう“裏取引”のために、政府は口上書を出していたのです。それは日本が口上書を提出した2日後に、中国が半年近くも放っておかれた大使館の建築確認を急転直下で下ろしていることからも明らかです」(小野寺氏)
 予算委員会での小野寺氏の質問に対し、玄葉光一郎外相は、
「我が方在中国大使館事務所の移転と、中国側の在日公館施設の建設とは別問題との立場を維持した上で、中国側の要請に関連の国際法に従い、中国国内法令の範囲内で協力する立場を表明した。その際、中国側から、日本側の立場を文書に、との依頼があったため、口上書にして中国側に伝えた」
 などと答弁。口上書を出していたことを認めた。
 玄葉外相は日本大使館の件とは「別問題」としたが、経緯を見れば、「日本政府が中国に尻尾をつかまれて、どう考えても常識外の広大な土地を中国の領事業務に差し出すことへの協力を約束してしまった」(小野寺氏)ことは明白だろう。
 中国に言いがかりをつけられ、中国に日本の領土を売り渡すよう便宜を図る。これを、国益を守るべき政府・外務省が行なっているのだから、まさに「売国外交」である(ちなみに名古屋の総領事館の移転に関しては、中国は財務省が所有する国有地の売却を求めているが、河村たかし市長が明確に反対したため、計画はストップしたままになっている)。外務省に改めて質問したところ、
「(土地取得にあたり、事前に相談を受けたりしたことは?)そういうことはありません。(新潟総領事館移設先の広さについては)中国側に対して広大な土地が必要な理由につき説明を求め、現在、引き続き、中国側の回答を待っている状況です」(報道課)
 と回答した。しかし、元外務省外交官の天木直人氏はこう断言する。
「総領事館を設置するかどうかを認めるのは外務省。外務省が関与していないというのはおかしい。外務省が出した口上書を1つとっても関与は確実。政府と外務省は外交と主権を放棄しているように見える」
※週刊ポスト2012年6月15日号

http://www.news-postseven.com/archives/20120605_113458.html

日本外務省 中国のゴリ押し要求に応じ領事館用の土地を譲渡

2012.03.08 07:00

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子…など、様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開する。現在、本サイトでは、3月2日に配信された5号に掲載されている「櫻井よしこの今週のオピニオン」を全文公開しているが、今回はその完結編。北京の日本大使館を巡る日本外務省の“許されざる妥協”ついて櫻井はこう語る。

 * * *
 中国の実相を正視し、正面から向き合い、主張すべきことを主張しなければならないにも拘わらず、日本外交は心許ない。日本国の主張を展開するどころか、昨年七月に完成した北京の新しい日本大使館の建築確認を巡って、日本外務省がしてはならない妥協をしていたことが判明した。

 日本大使館の建築確認を申請したところ、中国側が条件を出したという。中国が名古屋市と新潟市で、領事館用地として希望している土地の購入に便宜をはかるよう申し入れたというのだ。この件は自民党外交部会の調査によって明らかになっている。

 それに対して北京の丹羽宇一郎大使以下日本の外交官は抗することが出来ず、本省に助けを求めたのであろう。本省もまた、建築確認と日本国内の土地譲渡は無関係だという当然のことを言えず、中国の理不尽な要求を受け入れて、口上書を出したというのだ。

 周知のように、中国は国土のひとかけらも売らない。だから米国は、大使館用であれ領事館用であれ、中国政府にアメリカの国土を売り渡すことはしない。これは当然の相互主義である。対して日本は政府が率先して中国政府への土地売りに走るのである。その中国は尖閣諸島を中国の核心的利益と言うのである。

 日中関係のなんと一方的でいびつなことか。日本外交のなんと無様なことか。世にチャイナスクールと呼ばれる人々ほど祖国への愛を欠き、国益を害するものはないと断ずるゆえんである。

 現在、米朝合意に向けた両国の交渉が進んでいる。詳細は詰められていないが、経験不足の金正恩体制に対し、アメリカも必死で食い込みを図っているのである。本来、日本は韓国による平和統一を全力で支持しなければならない立場だ。拉致問題解決のためにも、リアルタイムで北朝鮮をめぐる諸国の動きを把握しておかなければならない。その上で、現実的な手を打つべき時なのだ。

※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』5号で読めます。『メルマガNEWSポストセブン』http://www.news-postseven.com/archives/20120308_92914.html

今日は何の日

投稿日: 2012年3月11日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

今日は何の日

2011.03.11 PM2:46

我々東北の一周忌です。

合掌

 

 

「絆」!絆と騒いでいる日本人が

東北の被災に対して、瓦礫の処理も絆があれば

どんどん助けてくれなければ

「絆」は掛け声だけで終わってしまう

被災地の海岸線にうずたかくガレキの山脈がそびえています

その処理をこのまま地元で処理を続けるなら

10年かかります

それだけ復興が遅れてしまいます

それでいいのか

早く復興して経済を立て直し雇用を進め強い日本にしなきゃ

外圧がどんどん攻めてこられ

水源地を支那人に買い漁られている現状を打破しなきゃ

国土がなくなってしまうだろう

真の「絆」を求めたい

日本人よこの日本丸にしか故郷はないのだから

エゴはよしてください

 

ふたたび

合掌

tatemae