増税反対!財務官僚に獲りつかれてる

増税反対!財務官僚に獲りつかれてる カテゴリーのすべての投稿

ふざけるな!!復興予算1兆円 天下り法人がピンハネ

投稿日: 2012年9月30日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

ふざけるな!!復興予算1兆円 天下り法人がピンハネ

 

分け対象がノウノウとimage

 野田政権はやはりインチキだらけだ。10日、発足から半年経った「復興庁」。東日本大震災の復興支援を目的に約15兆円(11年度)を計上しながら、4割に当たる約6兆円が使われず、うち1兆円を特別会計に繰り入れていたことが問題になった。驚くのは、特会に流れた後のカネの配分先だ。ナント、天下り法人にバラまかれていたのである。
「今国会に提出された『東日本大震災復興特別会計』の明細書に、繰り入れられた1兆円の使い道が記されています。ざっと挙げると、『沖縄教育振興事業費』に31.5億円、『独法国際交流基金運営費』に約1.2億円、『独法酒類総合研究所運営費』に5700万円――となっています。何のことはない。復興予算をシロアリ天下り法人の運営に充てるのです」(経済ジャーナリスト)
「国際交流基金」や「酒類総合研究所」はかつて、政府の事業仕分けの対象となり、運営交付金について「見直し(削減)」が求められた独法だ。その独法にシレッと復興予算を使うのだから開いた口がふさがらない。こんな暴走を許せば、復興予算は新たなシロアリ利権になってしまう。
 だいたい、復興予算の財源は大半が増税分で賄われる。昨年11月に成立した復興財源確保法では所得税を来年1月から25年間、納税額に2.1%上乗せするほか、住民税を14年6月から10年間、一律年間1000円徴収することになっている。「復興」目的で国民から吸い上げたカネで役人を肥え太らせるなんて言語道断である。
 復興予算の問題を国会で追及した衆院議員の斎藤やすのり氏(新党きづな)がこう憤る。
「私は週末になると地元(宮城2区)に戻り、被災地を回っているのですが、小さな自治体では復興はまだまだ進んでいないのが現状です。中小企業からは(施設・設備の復旧費用を支援する)『グループ化補助金』を要望する声が強いのですが、その予算は行き渡っていません。それなのに1兆円余った――といって特会に繰り入れるなんてバカな話です。『シロアリ退治する』と言っていた野田首相が、シロアリにエサを与えているのだから許せませんよ」
 増税で役人を太らせる野田に、消費税増税を強行する資格なんてみじんもないのである。

6.11に何かが起きると警告している方がおりますが・・・・

投稿日: 2012年6月11日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

元ソース;http://quasimoto.exblog.jp/18144090/

611」
この数字に何の意味があるのだろうか? 
どうやら、この数字には何かの、良からぬ計画がありそうだ、という話題である。今日は6月9日だから、2日後である。
まず、例の「世界の終わり」から。未来館である、バラ色の未来を告げなくてはいけないはずの、国家組織から、そして、そこの館長さんである元宇宙飛行士の毛利さんから、どうして世界の終わり、それも人のいなくなった世界の話が特集されるのか? 

まったくの意味不明。ナンセンス、謎である。
そこのパンフレット(どうやらメソニックなマニア画家が作ったというらしい)が実に意味深である。

気になる絵シリーズ その3 世界の終り この問いが分かるでしょうか。
(何かの)ビフォー

アフター

問題は、この上の方の図にある。この中の時計台を拡大すると、なんと、「6時11分」。

(さてはてメモ帳、611?

さて、次なる凶兆はこれ。悪魔主義者で名高い、悪魔のマドンナ、レディーガガ。この人物がどうやら「日本のためにお祈りを」悪魔に捧げていたらしい。以下のものである。

6月11日地震予言情報-埼玉で地震雲か!レディーガガのオークションから読み取れる驚愕のメッセージとは?

しかも、この安っぽいカップをレディーガガのお陰で、

6月6日午後11時に締め切られ、601万1000円の値が付いた

まあ、おふざけが過ぎるが、これがメソニック(悪魔主義カルト)というものなのである。我々とは感覚が全く異なる世界観と世界に住んでいるのである。何でもかんでも、我々が「験を担ぐ」ように、悪魔に験を担ぐのであるという。
さらに悪い事に、「611everywhere」であるらしい。 例えば、

海ほたるにも

イルミナティーカードにも

果たして何の凶兆か? どんな凶事の予兆なのか?
どうやら、今現在で一番有力なものは、やはり地震であるらしい。ついに、東京に龍雲が出たという。

6月7日

これは、阪神淡路大震災の直前にも出た

杉江輝美氏撮影(明石市、1月9日午後5時頃)

と瓜二つで、かなりの評判現象のようである。ついに関東に死亡フラッグが出たと。1月9日からだいたい2、3週間後の1月17日に大地震が起こった(起された)から、それで行けば、やはり6月21日あたりということになるが、人工的な発振であれば、自由自在にいつでも地震を起せる訳だから、今やこういう2、3週間後というような予想は無意味である。
ところで、例の黄金の金玉氏は、こういっている。

気になる絵シリーズ その5 回答について
気になる絵シリーズ 最終回。 回答です。
回答などと書きますが、まぁ、絵を見るとこのように解釈できるというだけの話です。
単なる妄想というか、こじつけというか。。
だから、それほど深くは取らないでください。
(省略)
The End Of The World の頭文字だからT E O T Wですね。
そして73というのは。
73=なみ(波)ではないでしょうか。
逃れられない73の問いとは、逃れられない津波なのでは。
この後ろのスイスの山は、山と言うより津波を表しているのかもしれません。

ちなみに、私がいつも観察しているアラスカのHAARPモニターはどうか?
現在停止中である。まったく見ることが出来ない。だから、私は観察できずに大変困っているというわけである。この原因については、謎である。少なくとも、上のさまざまな状況証拠とリンクしているように見えるからある意味不気味である。私個人にとっては、これが一番怪しいのである。
まあ、そういうわけで、関東のみなさんのご幸運を心より願っています。無事に暑い夏が迎えられんことをお祈り致します。グッド・ラック!というところですナ。
それにしても、「611」に何の意味があるのか?
今のところ、この数字に意味があるのかわからないが、一番近いものは「6月21日」夏至である。次が、「6月24日」である。これは、「聖ヨハネの日」といわれる。同時に、テンプル騎士団の「宣戦布告の日」であるようである。
いやはや、大変はた迷惑な世の中になったものである。
おまけ:

6月9日、地球に青い閃光、衝撃波がやって来る、ようだ・・・
「銀河の小舟」6/8の記事から。
こんな情報もあるということで・・・
まもなく下記にある9日です・・・
*********
今日午後、青龍族からのメッセージ
”衝撃波がやって来る”
宇宙根源より発せられたその衝撃波は過去最大で、
この世界を終了させるためのトドメの一撃
・・・青い閃光!!
地球時間 2012年 6月9日  地球に到達!!
この青い閃光が地球に発せられたのは
皆様方が皆様方自身の意志で、この世界の終了を決定された宣言された、その結果です
根源は皆様方の意志を尊重すべく、トドメの一撃”青い閃光”を発すことを決定いたしました
・・・明日 6月9日  やって来ます m(_ _)m
そして今日、ブラックイナリからのもう一つのメッセージ
”サタニストはこの世界を放棄した”
裏の組織も色々ありますがその一つ・・・サタニスト(悪魔崇拝組織)
本日、この世界の支配を諦め、組織自体も崩壊いたしました
(転載ここまで)
*********
前回の青い閃光の時には、思いの増幅エネルギーということでしたが・・・今回は・・・
さて、どうなるか・・・
注視していきたいと思います・・・
まずは、大飯原発の再稼動がどうなるか・・・
野田は進めたい方向のようですが・・・

「偽装停電の夏」をくいとめよう – ピークの電気消費に対する家庭消費の割合は1割にすぎない

投稿日: 2012年5月8日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

2012-05-08 12:40:06

「偽装停電の夏」をくいとめよう – ピークの電気消費に対する家庭消費の割合は1割にすぎない

 ※田中優さんから「転送・転載・拡散・大歓迎」のメールが届きましたので転載します

 いちばん大事だと思ったところは、橋下大阪市長の「産業には影響を与えず、家庭に冷房の温度設定など負担をお願いすることになる。安全はそこそこでも快適な生活を望むのか、不便な生活を受け入れるか、二つに一つだ」とし、大飯原発再稼働の問題を、人々のライフスタイルの問題にすり替えていると批判。「電気が足りない」とされるピークの電気消費に対する家庭消費の割合は1割にすぎず、そもそも家庭の問題ではなく、節電すべきなのは事業者なのだということを指摘している点です。

 「偽装停電の夏」をくいとめよう(田中優氏)

 5月5日、北海道電力の泊原発が停止し、42年ぶりに原発の稼働していない日を迎えた。うれしい日に申し訳ないのだが、この先の不安を伝えたい。

 何かというと「偽装停電」の不安だ。市民が「原発なしでも電気は足りる」と言っている最中、停電させるのは「やっぱり原発が必要なんだ」というPRに使える。

 電力会社と政府は、去年も「計画停電」を偽装した。

 その前に「需給調整契約」(※注1)を使って大口契約者の電気を止めれば足りたのに、それをしなかった。

 しかもピークの出ない土日や平日の夜間、街路灯まで消した。

 これは偽装だろう。そこまでする人たちが、この「原発は不可欠」と訴えたいこのタイミングを逃すだろうか?

 もともと家庭の電気消費は少ない。2010年で年間わずか22%にすぎない。

すくらむ-8image

 しかも足りなくなるのはピーク消費のある、ごく一時的な時間帯だけだ。

 ピーク時の「夏場・平日・日中」は、家庭の3分の2は不在で、ピークの電気消費に対する家庭消費の割合は1割にすぎないのだ。

 だからそもそも家庭の問題ではない。節電すべきなのは事業者なのだ。

 しかし大阪市の橋下市長はすでに、「産業には影響を与えず、家庭に冷房の温度設定など負担をお願いすることになる。安全はそこそこでも快適な生活を望むのか、不便な生活を受け入れるか、二つに一つだ」と話し、大飯原発3、4号機の再稼働の問題を、人々のライフスタイルの問題にすり替えている。それは橋下市長が2月に経産省や民主党幹部と隠密裏に意見交換した後のことだ。とっくに橋下市長は心変わりをしている。

 偽装停電させれば、人々の「原発必要神話」は復活する。なんとステキなプランだろうか。

 電気消費の半分を占める上位200社は守られて、中小零細では停電して、コンピュータの重要なデータを失う。しかし原発で豊かになるのは200社の側なのだから、これは魅力的な作戦ではないか。

 ぼく自身、その問題があるので、無制限に「原発なしでも電気は足りる」とは言って来なかった。

 「こうすれば足りる」と、具体的な節電策やら料金設定やらを提案してきたのはそれが理由だ。

 日本の電力業界は信用に値しない。日本でなら偽装は可能だと思う。他の先進国よりはるかに情報が公開されておらず、昨年の「計画停電偽装」の実績もあるのだ。日本で隠しおおせる可能性は高い。

 ピーク時に電気が足りてしまう危険性は大きく四つある。

 1.揚水発電の緊急電力
 2.他の電力会社からの融通
 3.電力需給調整契約
 4.自家発電などの余剰電力
 ――だ。

 ぼくが電力会社だったらこうする。

 まず、揚水発電所が使えないようにするために発電所の稼働数を減らす。揚水発電は単なるバッテリーだから、前日までの電気があれば貯めておけば足りてしまう。ここに水を貯めておく余裕はなかった、夜間の深夜電気に余裕がなかったと言っておけばいい。すでに関電は使うことのできる緊急用の老朽化した火力発電所は一基だけだと発表済みだから、この点はカバーできている。

 次に、他の電力の融通を受けない仕組みにすることが大事だ。関西電力は、実は中電・北陸電力・中国電力と送電線がつながっていて、余剰電力を受け取りやすい位置にある。

 実際には、この融通電力は非常に高くつくことが問題だ。「受け取るより原発を動かしたい」のが再稼働を求める本音だ。だから他の電力会社もひっ迫していることにする。

 それはすでに各社発表済だ。

 三つ目に大口の大手会社に協力してもらい、停電しない根拠とされてしまう「電力需給調整契約」を結んでおく。東京電力はこれで計画停電を避けられたはずのに、それをせずに計画停電を実行した。ばれないならそのままでもいいかもしれない。でも万が一のことを考えて契約数を増やして、「大口の大会社も努力してくれているんです」と主張できるようにしておく。

 四つ目に大企業が持っている自家発電を頼れないものにする。これは電力会社以外の電気を買い取る実績になるからもともとしたくない。東京電力もしなかった。とすれば「系統が不安定になる(電圧が不安定になる)」とでも言っておけばいいかもしれない。

 もしくは邪魔になる自家発電を停止させるのがいいかもしれない。「自家発電電気のひっ迫」や「緊急時の発電機は不安定」と言っておけばいいかもしれない。

 そして偽装停電させる。中小零細企業は特にバックアップ電源を持っていないから、当然騒ぐだろう。「どうしてくれるんだ、市民がバカみたいに原発なしでも電気は足りると騒いだ結果、我々の業務には大きな被害が出た(実際に大きな被害が発生するだろう)。やっぱり原発なしでは雇用も守れない、原発再稼働は生命線だ」と怒りだす。

 しめしめ、これで原発は当分不滅のものになる。

 これが偽装停電のシナリオだ。橋下市長は上に見たようにすでに主張を変え、現実には関係のない「市民のライフスタイル論」に責任をなすりつけている。すでに大阪市を手伝っている市民活動家は梯子を外されている。彼らの面子に配慮したりはしないだろう。

 このことを多くの人たちに知らせてほしいのだ。もちろんテレビも新聞もあてにはできない。後になってから「検証」なんて言うだけだ。

 しかし今の私たち市民には、インターネットとSNSがある。彼らが偽装停電ができなくなるくらいに多くの人に知らせよう。ここは市民の伝達力と、原子力マフィアの伝達力の勝負になる。

 もちろん彼らの方が物量ともに圧倒的だ。しかし市民の小さな伝達が何度も繰り返し行われることで、彼らの偽装停電を止められることになるかもしれない。

 可能ならチュニジアのジャスミン革命のような伝達力を持って、彼らのもくろみを失敗させよう!

 (※注1)「需給調整契約」とは、大口企業の電気代を割安にする代わりに、電力需給がひっ迫した際に、電気利用の削減義務を負う契約。具体的には数時間前に連絡を受けて、工場を止めたり、冷房を切ったりする義務を負う代わり、電気料金を安くしてもらう契約。

▼田中優氏プロフィール

 1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、「ap bank」監事、「一般社団 天然住宅」共同代表を務める。現在、立教大学大学院、和光大学大学院、横浜市立大学の非常勤講師。

 著書(共著含む)に、
『シリーズいますぐ考えよう!未来につなぐ資源・環境・エネルギー①~③』岩崎書店
『地宝論』 子どもの未来社
『原発に頼らない社会へ』 武田ランダムハウス
『幸せを届けるボランティア 不幸を招くボランティア』 河出書房新社
『環境教育 善意の落とし穴』 大月書店
『おカネが変われば世界が変わる』 コモンズ
『今すぐ考えよう地球温暖化! 1~3』 岩崎書店、子ども向け
『世界から貧しさをなくす30の方法』 合同出版
『おカネで世界を変える30の方法』 合同出版
『天然住宅から社会を変える30の方法』 合同出版
『地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか』 扶桑社新書
『戦争って、環境問題と関係ないと思ってた』 岩波書店
『非戦』 幻冬社
ほか多数。

安住財務大臣が来年中に消費税の増税法案を国会に提出すると発言したそうだ

投稿日: 2011年10月19日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

安住財務大臣が来年中に消費税の増税法案を国会に提出すると発言したそうだ。安住クンよ!君は以前テレビなどで自分がどんな発言をしていたのか忘れてしまったのか?財務省に取り込まれ、財界に媚を売り、マスコミには威張りちらし、国民を蔑む目で見る君に国会議員をやる資格はない。

宮城県の安住クンの選挙区の皆さんは、落選運動を起こしたらいい。慌てて、短い足ですっ飛んでくるだろう。しかし、いとも簡単に財務省を筆頭とした官僚組織や財界、アメリカ政府の要人などに取り込まれるどころか、言いなりの野田、安住氏らを見ていると「政治家としての矜持」とは何かを考えさせられる。
※矜持・・・自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド。

彼らには日本国の政治家としてのプライドも自負も無いのだろう。菅、仙谷、前原、枝野、岡田、野田、安住、玄葉氏らの発言や行動を見ていると、彼らは本当に日本の政治家なのかと疑ってしまいそうになる。彼らはアメリカの議員と呼んでも違和感が無いくらいアメリカ一辺倒の政策と権益欲の塊に思えてならない。

アメリカのデモを見ていると、中心になっている人たちは、今までどちらかというとオバマ民主党を支持してきたリベラルと呼ばれてきた層の人たちである。その人たちが格差社会や一部の既得権益層による社会支配、利益の独占などに対し反旗を翻している。それとともにアメリカの財政危機の問題点も浮き彫りにしつつある。

国、地方自治体の財政危機に伴い、公の大学の入学金や授業料の大幅アップ、公共サービスの大幅カット、失業と雇用の問題など・・・。国民の負担は増える一方で、それらにより特に若年層の政治に対する不信感は大幅に増大している。かといって、この人たちが、共和党支持に廻るかといえばそうでもない。アメリカにおいても無党派層が大幅に増加しそうな雰囲気である。所謂、政党離れである。

アレ!これってどこかの国でも同じような・・・。そうです。日本でも、まるで同じような政治状況が生まれている。2009年の総選挙で民主党を支持した層の中の多くの人が、政権批判の中心になりつつある。政権交代したが、民主党に対する期待は裏切られた。マニュフェストは放棄され、「一途に国民との約束を守ろうとした政治家」は座敷牢に閉じ込められた。

「増税」「福祉・医療などにおける国民負担額の増加」「失業や雇用不安の増大」など、政権交代前より酷い政治・社会状況になりつつある。かといって、この人たちが自民党支持に廻るかといえばそうでもない。

このような傾向は日本やアメリカだけに限らず、世界中で似たような状況が起こっている。特に先進諸国と呼ばれる国々では、顕著にその傾向が見受けられる。残念ながら、それらの国々の中に、今回のデモに参加する人たちの意見を受け止めるだけの政党が見受けられない。彼らの声の受け皿となりうる政党が見当たらない。

政治が「財政再建」にばかり目を向け「国民生活の実態」から目を背けようとしてきたツケが、ここにきて一気に噴出し始めている。この動きは、今後の世界の政治に大きな影響を与えるばかりでなく、特定の既得権益層に集中している権益とマネーを、今後どのように再配分すべきなのかという社会構造改革にまで進む可能性も否定できないと思える。先進国が政治・経済において、ひとつの大きな転機を迎えていることの表われでもある。