復旧・復興

復旧・復興 カテゴリーのすべての投稿

強いリーダーシップを発揮して、日本を取り戻してください。

投稿日: 2012年12月9日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

image

image

image

image

image

image

広告

関東地方に大きな地震が近づいてきました。このままこの政府ではもし、大きな地震でもあったらと思うと心配です。

投稿日: 2012年4月30日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

image

民○党や自●党が次の政権を担ってもまた従来の通り

同じことになるだろう

国民に電力料金や消費税増税を押し付けるなら

まずやらなければならないこと

あるでしょう

電力会社の自助努力・リストラなど

これは政府も同じ

議員も同じ発想なのだ

今日は何の日

投稿日: 2012年3月11日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

今日は何の日

2011.03.11 PM2:46

我々東北の一周忌です。

合掌

 

 

「絆」!絆と騒いでいる日本人が

東北の被災に対して、瓦礫の処理も絆があれば

どんどん助けてくれなければ

「絆」は掛け声だけで終わってしまう

被災地の海岸線にうずたかくガレキの山脈がそびえています

その処理をこのまま地元で処理を続けるなら

10年かかります

それだけ復興が遅れてしまいます

それでいいのか

早く復興して経済を立て直し雇用を進め強い日本にしなきゃ

外圧がどんどん攻めてこられ

水源地を支那人に買い漁られている現状を打破しなきゃ

国土がなくなってしまうだろう

真の「絆」を求めたい

日本人よこの日本丸にしか故郷はないのだから

エゴはよしてください

 

ふたたび

合掌

tatemae

失われた文明を元には戻せない・被災地も当然元の状態には戻せません、でも進化は出来ます

投稿日: 2011年10月9日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

明崩壊の原因は一体何だったのでしょうか? まず考えられる事は、世界大戦。次に、地球温暖化による沿岸主要都市の水没。更には、極移動(ポールシフト)による気象の激変。この中で最も有力と思われるのが、地球温暖化による沿岸主要都市の水没-つまりは「大洪水」です。何せ、『旧約聖書』の「ノアの方舟」や、古代シュメールの「大洪水」伝説等、世界各地に「大洪水」に関する伝説・伝承が残されています。ちなみに、「古史古伝」にも「万国土(ドロ)の海」等の表現で登場します。現在、地球温暖化による南極大陸の氷解、それに伴う海面の上昇の危惧からも、絵空事とは思えません。又、世界各地(と言うよりも、様々な民族)に同様な伝説が残されている事からしても、「実際に起こった事」が語り継がれて「伝説」になったと考える方がより自然です。しかし、そんな-と言うよりもたかが「洪水」ごときで文明が崩壊するものなのでしょうか? 確かに「大洪水」が起こったとしても、地表はゼロメートル地帯から数千メートルもの高山まで様々です。沿岸の都市や絶対標高の低い島嶼国(インド洋に浮かぶ「モルディブ」等)は壊滅したかも知れませんが、世界全体が「水浸し」になったとは考えられません。それでも文明は崩壊しました。では一体どの様なプロセスを経て崩壊していったのでしょうか?

洪水」による文明の崩壊と書きましたが、「大洪水」が文明崩壊の「序曲」だったとも解釈できます。例えば、「大洪水」で全世界の沿岸主要都市が壊滅したとします。するとどうでしょう。東京・ニューヨーク・ロンドン・シドニー等、全世界の大都市の多くが「水没」してしまいます。もはやたかが「水没」とは言っていられなくなってしまうのです。東京を例にとると、日本の「首都」機能が麻痺します。又、情報・物流にも支障を来します。更には証券・為替市場にも影響を及ぼします。東京・ニューヨーク・ロンドン・シドニー、いずれも世界に名だたる証券・為替市場がある都市ばかりです。当然の事ながら、取引は停止するでしょうし、株価は大暴落するでしょう。そうです、待っているのは「世界恐慌」です。又、「水没」してしまった国の人々(難民)は、水没を免れた国へとドッと押し寄せます。当然、「民族問題」も表面化します。更に、「水没」で「有効な国土」が減少した国同士は少ない「領土」を巡って、大規模な食糧不足に見舞われた国は「肥沃な土地」を巡って、戦争を始めます。こうなると、もはや誰にも止められません。経済混乱・政治混乱・民族紛争・領有権紛争・食糧不足・・・行き着く所は「核兵器の使用」(これについては、次回採り上げる予定です)も含めた「文明の破局」でしかありません。それでも頑迷な方は、「高度に発達した文明がそんな簡単に滅びるはずがない!!」とおっしゃるでしょう。ではもっと具体的に、身近な所から「高度文明」がいかに「脆弱」かを証明致しましょう。

さんがこのホームページをご覧になるのに使っている物は一体なんでしょうか? ほとんどの方が「パソコン」ではないでしょうか? それも最近では、CPUに PentiumⅡ・MMX Pentium・AMD K6・PowerPC 等が使われ、一昔の「大型コンピュータ」並の処理能力を持つ機種もざらです。当然、皆さんはこう言った処理能力の高い「パソコン」を日頃から「当たり前」の様に「使っている」訳です。しかし、皆さんは「パソコン」を「使っている」だけで、「作れる」訳ではありません。どこかが故障すれば「修理」に出します。「いや、私は自分で修理したり部品を交換できる!!」とおっしゃる方もおありでしょうが、では、パソコンの心臓部「CPU」まで「修理」出来るでしょうか? メモリはどうでしょうか? ハードディスクは? すべて「購入」する事は出来ても、「製造」する事は出来ない筈です。つまり私達は、パソコンを「使う」事は出来ても、「作り出す」事は出来ないのです。

っと、より身近な物も採り上げましょう。タバコを吸う方は、当然ながら「ライター」や「マッチ」を使って火を付けます。もし、文明が崩壊したら、どうなるでしょうか? ライターやマッチの製造工場が被害を受け、原材料の入手も出来なくなってしまったら、どうなるでしょう? 在庫としてストックされているライターやマッチの在庫が残っている間は問題は無いでしょう。しかし、在庫が無くなったら、それでオシマイです。もはや、火を付けることさえ、現代人には出来ないのです。自動車や船舶・航空機はどうでしょう? 燃料(ガソリンや軽油・重油等)が無ければ動きません。テレビ等の電気製品はどうでしょう? 電気が無ければ無用の長物です。こう考えてみると、お分かりになると思いますが、現代の様な「高度文明」は、それを支えるインフラが機能して始めて「文明」として成り立つのであって、電気・ガス・水道等の身近なインフラが欠けただけでも「文明生活」に多大な支障を来すのです。そして、現代の様な「高度文明」(物質文明)は、こう言った微妙なバランスの上に成り立つ、ある意味で非常に「脆弱」なシステムなのです。そんなシステムが全世界規模の「大洪水」等の「天災」に見舞われたら、どうでしょう? それは、「東日本大震災」を見るまでもない事ではないでしょうか?

こういうのが復興だ!!復興は民間に任せたほうが・・政府は金だけ出せ!!

投稿日: 2011年9月7日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

「築地銀だこ」石巻に本社 11月めど移転100人雇用

河北新報 9月7日(水)6時10分配信

 たこ焼きチェーン「築地銀だこ」などを運営するホットランドは6日、本社を群馬県桐生市から宮城県石巻市に11月をめどに移すと明らかにした。タコの加工工場も石巻市内に新設し、被災地の雇用創出を図る。◎タコの加工工場も新設

 同社は8月、被災地支援の取り組みとして石巻市内に飲食店や運動用具店などを集めた「ホット横丁石巻」を開設。大型店にテナントとして入るなどの既存スタイルに加わる新業態を、本社移転などで確立する狙いもある。
 新本社はホット横丁に隣接する事務所に置く。正社員、パートなど計約100人を採用。業態開発や人材教育などを手掛ける。現在の本社所在地には工場や物流機能を残し、社員約20人の雇用も継続するという。
 新たな加工工場は年内の立地場所選定を目指し、石巻市と協議中。中国の工場で行っている年2000トンのタコのカット作業のうち約3分の1を移す。雇用規模は未定。
 同社は石巻市出身の社員がいることから、炊き出しなどの活動を震災直後にスタート。ホット横丁は長期的な支援策の一つとして発案し、約100人を雇用した。
 広報担当者は「本社移転は雇用創出の一環で決めた。新工場では水産加工が盛んな地元の人々の技術を活用したい。横丁は今後、東北の他地域や首都圏での展開を目指す」と説明している。

タコやカレイ競り威勢良く 底引き網漁船初水揚げ 石巻

底引き網漁船が水揚げしたミズダコなどが競りにかけられた=6日午前7時すぎ、石巻魚市場仮設テント

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の石巻漁港に6日、底引き網漁船が震災後初めて水揚げした。仮設の荷さばき場にタコやカレイなどが並び、競り人の声が響いた。
 近海と小型の底引き網漁船9隻が宮城沖で漁獲した計20トンを水揚げし、1日に増設したばかりの仮設テントで競りを行った。加工場などの復旧が遅れ、応札業者も少ない中、まずまずの値段で取引された。
 魚市場の須能邦雄社長は「底引き網漁の再開でにぎわいは倍増する。当面は鮮魚出荷が中心となるが、加工施設の早期復旧を待ち、受け入れ態勢を整えたい」と話した。
 底引き網漁は、カツオなどの巻き網漁と並ぶ同港の水揚げの主力で、昨年は数量、金額とも全体の約3割を占めた。
 近海と小型の底引き網漁船は震災以降、操業を自粛し、7月から2カ月間、休漁期間に入っていた。休漁前は塩釜港などに水揚げしていた沖合底引き網漁船も7日に入港を予定している。