浮世絵

浮世絵 カテゴリーのすべての投稿

歌川国芳

投稿日: 2013年6月10日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳は、無類の猫好きとしても知られ、常に数匹、時に十数匹の猫を飼い、懐に猫を抱いて作画していたと伝えられる。内弟子の芳宗によると、家には猫の仏壇があり、死んだ猫の戒名が書いた位牌が飾られ、猫の過去帳まであったという。門弟たちは相当迷惑したらしいが、それだけに猫の仕草に対する観察眼は鋭く、猫を擬人化した作品も多いそうなんだ。
歌川国芳:鼠よけの猫
1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川国芳:山海愛度図会(さんかいめでたいずえ)/はやくきめたい2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川国芳:其のまま地口 猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんびき)3

 

 

 

 

 

4

歌川国芳:流行猫の狂言づくし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

歌川国芳:猫の百めんそう(団扇絵)

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

歌川国芳:猫の當字/なまず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川芳藤:しん板猫尽両めん合
10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川国芳:猫の當字/なまず
7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月岡芳年:風俗三十二相・うるさそう/寛政年間 処女之風俗
8
歌川芳藤:流好車づくし・猫の戯
11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌川芳藤:流好 温泉の景
12
歌川芳虎:金黄花猫目鬘(こがねのはなねこのめかずら)作:仮名垣 魯文 初編口絵より
13
6編口絵より
14

広告