自民党

自民党 カテゴリーのすべての投稿

こうゆうの民主党政権では我々国民の外で行われていた。政治はガラス張りでなくてはいけないが・・・・自民党がんばれ!

投稿日: 2013年1月17日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

自由民主党

【アルジェリア邦人拘束事件対策本部を設置 石破幹事長会見】
アルジェリア邦人拘束事件を受け、自民・公明両党は「与党対策本部」を設置し、昨夜22時から初会合を開き対応の協議を開始ました。
会合終了後、石破幹事長が会見に臨みました。

(幹事長会見― 抜粋 ―)
今般発生しましたアルジェリア邦人拘束事件につきまして、与党で合同の対策本部を立ち上げ、第1回の会合を開いた次第です。
本部長は、わが党の高村正彦副総裁となりました。
本日は、政府側の加藤勝信官房副長官、あるいは外務省の上村司領事局長から、事件の概要のご説明がありました。
自由民主党・公明党の構成員より、質問がありましたが、詳細をお話しすることは、事柄の性質上、差し控えさせていただきます。
いずれにしましても、自由民主党・公明党が、連絡調整の下で、特に総理が外遊中でもありますので、与党として、政府を十分にバックアップしてまいりたいと考えております。
総理から官房長官にあった指示は、官房長官からお話があった通りでして、被害者の人命を第一にした対処を行うこと、情報収集を強化し、事態の掌握に全力を尽くすこと、当事国を含め、関係各国と緊密に連携すること、以上3点、安倍総理から指示がありました。
私どもしても、総理の指示に従いまして、いろいろな人脈等を通じまして、政府を全面的にバックアップしたいと考えています。
明日、自由民主党・公明党それぞれ連絡をいたしまして、それぞれの党におきまして、会議を行います。
必要であれば、両党合同の、今日のような会議を行うことも、またあるかと思います。
邦人被害者の人命が守られ、事態が早期に収拾されますよう、私どもとして、全面的に協力してまいりたいと考えています。
※菅官房長官会見は、官邸HPよりご覧ください。
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201301/16_p2.html
(与党対策本部メンバー)
【自由民主党】
副総裁    高 村 正 彦
幹事長    石 破   茂
総務会長 野 田 聖 子
政務調査会長 高 市 早 苗
選挙対策委員長 河 村 建 夫
参議院議員会長 中曽根 弘 文
参議院幹事長 溝 手 顕 正
国会対策委員長 鴨 下 一 郎
参議院国会対策委員長 脇   雅 史
幹事長代行 細 田 博 之
参議院政策審議会長 橋 本 聖 子
外交・経済連携調査会長 衛 藤 征士郎
安全保障調査会長 岩 屋   毅
外交部会長 岸   信 夫
内閣部会長 山 谷 えり子
国防部会長 中 山 泰 秀
【公明党】
幹事長    井 上 義 久
政務調査会長 石 井 啓 一
参議院議員会長 白 浜 一 良
参議院幹事長 木 庭 健太郎
国会対策委員長 漆 原 良 夫
参議院国会対策委員長 西 田 実 仁
外交・安全保障部会長 佐 藤 茂 樹

image

教育再生実行会議担当室がスタート】

安倍総理は15日、教育再生実行会議担当室の看板掛けを行い、次のように挨拶しました。

「教育は安倍政権というよりも、日本国の最重要課題。子どもは日本の希望であり未来です。その中において、子どもたちが将来に夢や希望を持てるような、日本に生まれたことに誇りを持てる教育をしっかりと行いたい」

教育再生に向けても安倍政権が、動き出しました。

今日17日に行われた党の会合において、下村文部科学大臣は教育再生実行会議を24日から開始することを発表。

多くの皆さんからご心配の声をいただいている「いじめ対策」や「体罰対策」についても議題となる予定です。 — 場所: 首相官邸

image

それにつけても、はとぽっぽは・・・間抜けな売国奴だ!

中国、「安倍内閣牽制」に利用も 鳩山元首相が「南京大虐殺記念館」訪問

2013.1.17 11:28 [中国

17日、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪れ、頭を下げる鳩山元首相。左端は幸夫人(共同)

17日、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪れ、頭を下げる鳩山元首相。左端は幸夫人(共同)

 【上海=河崎真澄】中国を訪問中の鳩山由紀夫元首相は17日、日中戦争で旧日本軍による南京占領で起きたとされる「南京事件」の資料などを展示する江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪問した。日本の首相経験者が同館を訪れるのは、海部俊樹、村山富市両元首相に続いて3人目。

 中国版のツイッター「微博」などでは、「もっと日本に鳩山元首相のような人が増えればいい」といった同館訪問を歓迎する発言に加え、「記念館で鳩山はざんげしろ」「日本人は歴史を直視しろ」などとの書き込みもある。鳩山氏と対比する形で、東南アジア歴訪中の安倍晋三首相を「右翼的思想だ」と警戒感をむき出しにした発言も目立つ。

 歴史認識をめぐって植民地支配と侵略を認めた「村山談話」を継承しつつ、新たな談話の作成を進める安倍内閣に対し、中国側はいわば同館への鳩山氏訪問のタイミングを利用し、牽制(けんせい)する狙いもありそうだ。

 鳩山氏は16日の賈慶林全国政治協商会議主席ら中国要人との会談で、沖縄県の尖閣諸島について、日本政府の公式見解と異なり中国との「係争地」と発言、波紋を広げている。

中国軍少将 「日本が曳光弾を発射すれば開戦だ」と反撃を明言

広告