TPPで日本は滅ぶ

TPPで日本は滅ぶ カテゴリーのすべての投稿

TPPも非常に危険だと思います

投稿日: 2014年1月5日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

アメリカ大統領のブレーンは偽ユダヤであり、
彼らが陰の政府として大統領を操っているようです。
対日政策は非人道的な側面があり、
よって、TPPも非常に危険だと思います。

1/2「大統領は誰の手の上で踊っているのか」 広瀬隆
http://www.youtube.com/watch?v=BbYKZw52OsI

2/2「大統領は誰の手の上で踊っているのか」 広瀬隆
http://www.youtube.com/watch?v=aLmZ5F5LSwI

広告

TPP参加は「主権」の投げ売りだ!

投稿日: 2013年9月13日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

★TPP参加は「主権」の投げ売りだ!
31jM5lgzuoL._SS400_【刊行にあたって―中野剛志】
2011年3月に『TPP亡国論』を上梓したのに、なぜまたTPP(環太平洋経済連携協定)をテーマとした書を刊行するのか。その理由について、編者として一言、申し上げたい。
『TPP亡国論』でも明らかにしたと思うが、私の目的は、TPPに対する批判もさることながら、それ以上に、TPP批判を通じて、日本人の「論の 進め方」に異を唱えることにあった。
『TPP亡国論』の出版から、TPP交渉への参加が決まるまでの約二年の間、本書各章の執筆者を含む多くの論者たちの努力により、TPPが孕む重大な問題点がいくつも浮き彫りになった。
それにもかかわらず、この間、TPP賛成論者の「論の進め方」には、改善どころか、変化すら見られなかったのである。
だから、再び、問い糺さなければならないのだ。
【内容紹介】
衰退するアメリカ。そのアメリカ依存から抜けられない日本。この構図のなかで、いま、アメリカが日本を徹底的に搾取しようとしている。それがTPPの正体だ。TPPが日本の成長を助ける自由貿易協定だというのは真っ赤な嘘。99%のわれわれ国民に対して、1%のグローバル企業・超富裕層が仕掛けた罠なのだ。その内実を国民に知らせぬまま条約批准に向かって突き進む政府。黒い条約・TPP締結後の日本はどうなるのか? 『TPP亡国論』の中野剛志とTPP問題を早くから掘り下げてきた論客たちが、TPP参加に最後の警鐘を鳴らす!
【目次】
序にかえて/中野剛志
第一章:世界の構造変化とアメリカの新たな戦略―TPPの背後にあるもの―/中野剛志
第二章:米国主導の「日本改造計画」四半世紀/関岡英之
第三章:国家主権を脅かすISD条項の恐怖/岩月浩二
第四章:TPPは金融サービスが「本丸」だ/東谷 暁
第五章:TPPで犠牲になる日本の医療/村上正泰
第六章:日本の良さと強みを破壊するTPP/施 光恒
第七章:TPPは国家の拘束衣である―制約されるべきは国家か、それともグローバル化か―/柴山桂太
【プロフィール】
中野剛志 評論家。元京都大学大学院准教授。主な著書に『TPP亡国論』。
関岡英之 評論家・ノンフィクション作家。主な著書に『拒否できない日本』。
岩月浩二 弁護士。「TPPを考える国民会議」世話人。
東谷 暁 ジャーナリスト。主な著書に『経済学者の栄光と敗北』。
村上正泰 山形大学大学院医学系研究科教授。主な著書に『医療崩壊の真犯人』。
施 光恒 九州大学大学院比較社会文化研究院准教授。主な著書に『リベラリズムの再生』。
柴山桂太 滋賀大学経済学部准教授。主な著書に『静かなる大恐慌』。

内容(「BOOK」データベースより)

衰退するアメリカ。そのアメリカ依存から抜けられない日本。この構図のなかで、いま、アメリカが日本を徹底的に搾取しようとしている。それがTPPの正体だ。TPPが日本の成長を助ける自由貿易協定だというのは真っ赤な嘘。99%のわれわれ国民に対して、1%のグローバル企業・超富裕層が仕掛けた罠なのだ。その内実を国民に知らせぬまま条約批准に向かって突き進む政府。黒い条約・TPP締結後の日本はどうなるのか?『TPP亡国論』の中野剛志とこの問題を早くから掘り下げてきた気鋭の論客たちが、TPP参加に最後の警鐘を鳴らす!

TPP 黒い条約 (集英社新書)

中野 剛志 (著, 編集), 関岡 英之 (著), 岩月 浩二 (著), 東谷 暁 (著), 村上 正泰 (著), 施 光恒 (著), 柴山 桂太 (著)
¥ 798 Amazon プライム対象商品です。

UFO大好き!矢追純一 シェア

投稿日: 2013年8月30日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★
image

今なぜCIAが公式発表?
最近、取材が殺到しているエリア51。
僕が「エリア51」を日本に初めて紹介したのが、30年以上前。
まだ誰も知らなかったこの地を取材に行った時、いくつも恐い思いをした。
行く前に案内人から、「ここは本当に危険な場所」と聞いてはいたけれど、ただならぬ厳重な警戒に身の毛が立った。
実際、鉄条網ギリギリまで行っても、
施設は遥か向こうの山を越えた所にある。
現場近くに到着するや、直ぐに真っ黒なヘリが上空を旋回し、
山の彼方から僕らに向かって車が猛スピードで向かってきた。
余程の何かがあるから、これだけの厳戒体制が敷かれている。
目の前に止まった車から降りてきた屈強そうな男二人は、僕らに向かってこう言った。
「これ以上近寄れば、発砲する」と。
一体、ここには何があるのか。
回収された宇宙船や宇宙人は、ホントにここにいるのか?
ただならぬ殺気に戦慄を覚え、取り敢えず引き返すフリをした。

今なぜCIAが公式発表?2
エリア51を引き返すフリをしながら、丘の中腹に車を止めた。
ボンネットを開けて故障したかのようにみせ、
辺りを伺った。
丘の上には、監視カメラがたくさんある。
image
そして砂漠には地雷のごとく、侵入センサーが地中に埋まっている。
まだヘリも近辺を旋回している。
とてもこの現場に長くいることなど出来ない。
こっそり写真を撮りながら、出来る限り周辺を観察した。
しばらくしてからボンネットを閉め、スタッフとホテルに向かった。
ホテルに戻ると、フロントに1通のメッセージがあった。
「矢追という男がいるだろう・・・」と電話があったという。
「Mr.矢追は外出中です。何かメッセージは?」と交換手が伝えると、
「言わなくても分かっているハズだ」と、それだけのメッセージ。
僕の正体はバレバレだった。
案内人とも話し合い、一旦帰国することに。
その後、何度も取材に行くものの、
信じがたい情報と危険な話が多過ぎ、
この題材でテレビ番組にすることをしばらく断念した。
そして数年後、
ほとぼりも覚めただろうと、エイヤっとばかりオンエアした。
その反響の大きさに、ホンキで身の危険を感じた。

回収されたUFOと宇宙人の研究と分析を目的に極秘計画  3
各種航空兵器を極秘に開発していたエリア51。
この施設の背後にそびえる山を越えると、
乾湖パプース・レイクに面した「S-4」という別の秘密基地がある。
エリア51とS-4は、
「プロジェクト・レッドライト」という極秘計画に基づいて建設された施設。
この情報に辿り着くまで、現地で数知れず取材とインタビューを重ねた。
行き着いたのが、僕の案内人「火の玉おじさん(僕が勝手に名付けた)」
ウエンデル・スティーブンスだった。
当時は今と違い、身元確認など時間を要した。
彼は、元空軍大佐で、自身が操縦する飛行機から何度もUFOを目撃。
しかし、上官に報告するも、その報告書が何処に上がるのか全く不明だったという。
彼は現役時代から組織に不審を抱き、ついに極秘資料を発見する。そして退役後、研究家となった人物。
僕に「エリア51とS-4」を紹介した後、身に覚えの無い罪で刑務所に監禁される。
しかし、彼が監禁されている間に、
自宅にあった、彼の血と汗の結晶である超極秘資料全て没収されていた。
僕は1982年、ついにこの「プロジェクト・レッドライト」極秘文書を彼から入手した。
imageそこには、驚くべきことに、「回収されたUFOと宇宙人の研究と分析を目的とする」と書かれた極秘計画だった。

エリア51とS-4に関する驚きの内容  4
「プロジェクト・レッドライト」という秘密計画書は、
回収されたUFOと宇宙人の研究と分析が目的と記されている。
この研究と分析を行う施設は、ネバダ州にあり、
周囲に3つの防衛基地を有すると書かれている。
なぜこの地域なのか?
この地域一帯は、原爆の実験場だった。
1940年代初期、地下核実験も頻繁に行われている。
関係者以外の立ち入り禁止にするには最も都合よく、
監視が容易い広大な敷地だった。
大規模な実験場の大半は地下に建設され、
1951年終わり頃、「プロジェクト・レッドライト」のメンバーが入居したとある。

image驚くべきことに、その研究・解析目的はこう書かれていた。
UFOの構造、推進機関、機器類、兵器などにわたっている。
更に宇宙人の生態など・・
回収されたUFOの機体は、部品を集め、組み立てられ、
あるものは修復し、米軍のテストパイロットにより飛行実験が行われた。
2機の大気圏モードの円盤型飛行物体は、
テスト飛行に成功したが、同時に大爆発を起こし大破した。
1978年、2人の宇宙人のうち1人が死亡。
残りの1人は、彼のために設計された「環境保全室内」に保護されている。
また大勢の科学者たちが20年以上もの間監禁され、
この秘密計画に参加させられている・・・
と書かれている。
他にも様々な詳細が記載されている。
僕がこの極秘文書を入手した30年以上も前から、
プロジェクトは進行していたことになる。
・・本当にこんなことがあったのだろうか?
驚愕の内容に興奮しつつも、疑問が沸いた。
ジャーナリスト魂に灯がついた。
この直後、僕は、ここで宇宙人と生活したことがある、
という重要人物の単独インタビューに成功した。
その内容は更に驚くべきものだった。

S-4で宇宙人と直接会った博士   5(長文です)
僕には、まだ 「プロジェクト・レッドライト」という秘密計画に疑問があった。
今でも、僕の口が裂けても絶対に言えない、
極秘情報を提供してくれる超重要人物から、
宇宙人と生活したとされる、
マイケル・ウルフ博士を紹介してもらった。
そして、単独インタビューに成功した。
アメリカ、とあるホテルの部屋に入ると、
監視役だろうか2人の男が博士を挟んで立っていた。
博士は車椅子に座り、細身で眼光の鋭い人だった。
しゃがれ声でゆっくり話す、いかにも教養の高そうな人物。
当時、55歳のマイケル・ウルフ博士は、
奥さんと子供を交通事故で失ったばかりだった。
マクギル大学で神経学を、MITで物理学を修め、
「MJ-12」の組織する秘密委員会の委員長も努めている大変な地位の人物。
その彼が何故インタビューを?
インタビューの一部を紹介しよう。
Y「S-4という地下秘密基地で宇宙人と一緒に研究を?」
『S-4区域には地下30階に及ぶ巨大な施設があり、その一角で、
みなさんがグレイと呼んでいる身長の低い宇宙人たちと話をしました。
会話は絵文字も使いましたが、主にテレパシー交信のようなもので話が出来ます。
彼らは“ゼータ・レティキュライⅠ・Ⅱ”という連星から来たということでした』
Y「宇宙人が地球に来る目的は?」
『1つは地球人の研究です。生物学的・社会学的にどのような生物なのか。
また、人間の科学は彼らの科学とどのように違うのかなどです』
Y「S-4で宇宙人のUFOに似たものを、こっそり製造しているのは本当か?」
『詳しいことはお話できませんが、プロトタイプは完成しているものの、プロトタイプの域を出ていない段階です。
宇宙人のUFO飛行原理は、空間を移動するのではなく、
UFOが時間を越えて、空間を引き寄せるのです。
そうすることで、加速度は無限にまで引きのばされ、
時間はゼロに限りなく近づくことができます。
このプロジェクトは大統領すら全く知らされていません。
しかし、“オーロラ”という名で知られる“SR-33A”という航空機は、
宇宙空間では反重力を使って月や火星にも行ける構造になっている、ということまでは言ってもいいでしょう』
Y「宇宙人は今でも、S-4の地下施設にいるのか?」
『詳しくは言えませんが、エドワーズ空軍基地の地下深くに、
“ヘイスタック空軍研究所”があります。
そこには、厚さ90cmのコンクリートの壁に、数多くの電線が張り巡らされている、ということだけは言ってもいいでしょう。
宇宙人は強力な電磁場の中では、消えることも、
逃げることもできないということもわかっています』
・・・既に移されているのか?
その後も質問は続いた。
『実は、軍の内部にも2つの勢力があるのです。
友好的な外交関係を結びたい平和なグループ。
もう1つは、宇宙人を恐れて撃墜しようとする“CABAL(陰謀)”
と呼ばれる恐ろしいグループです。』
ウルフ博士の話では、父親ゆずりなのか、
子供の頃からUFOとコンタクトが取れ、交信ができた・・・と、にわかには信じがたい、驚くべき内容ばかりだった。
そして、
『いずれにしても、わたしは最愛の者たちを失った今、
失うものは何ひとつないのです。
そして、このような人類全体にとっての大問題を、
いつまでも隠し続けていることは、次の世代の若者たち・・非業の死を遂げた私の愛する息子ダニエルの世代に対する、
我々大人たちの犯罪ではないかと思うに至りました。
そこで、上層部からストップがかかるまで、
ひょっとして私が暗殺されるようなことになるまでの間は、
できる限り、知っていることを公表しようと決心したのです』
ここでは内容を大幅にカットするけれど、
このインタビューは更に真相を探るべく続いた。
この後、UFOに乗った科学者と直接インタビューに成功した。

image

今噂のエリア51.S-4で、UFOに搭乗し推進装置に携わった科学者
僕がインタビューしたその彼は、
CITで電子工学、MITで物理学博士を取得後、民間企業へ。
その後、ロスアラモス国立研究所の中間子物理学研究施設に勤務。
そこで、高エネルギー粒子ビーム加速器、
すなわち、SDI宇宙兵器の研究に携わった秀才科学者。
ロバート・ラザー(通称ボブ・ラザー)だった。
彼とは何度かインタビューをした。
お世辞にもカッコがいいわけじゃない。
けれども、スポーツカーに乗り、細身でフランク。
女性にモテそうないい奴だった。頭はメチャクチャよかった。
彼へのインタビューの一部を紹介しよう。
Y「どんなきっかけでS-4に?」
『ひょんなきっかけで、水爆の父と呼ばれるエドワード・テラー博士と話す機会がありました。
その数年後、突然、ネリス空軍基地内のS-4で科学者として働かないか?とお誘いがあり、
条件もよく、面白そうな研究課題だったので勤めることにしました。』
Y「S-4にはいつどんな状況で?」
1988年12月、日時が指定され、ロスのマッキャラン空港に行くと、マークのないボーイング737が待機していました。
他の職員たちと乗り、そしてエリア51の滑走路に着きました。
しばらく、カフェで待った後、窓を全部黒く塗りつぶしたバスに乗せられ、S-4に到着しました』
Y「S-4での仕事と、その時の状況を教えてください」
『現地についた初日、3人の武装した警備員に取り囲まれ、オフィスに入りました。
机の上にあるおびただしい書類に目を通すと、そこではじめて、アメリカの軍部がいくつもの宇宙人のUFOを回収し、

それを隠し持っていることを知ったのです。
そして宇宙人の死体を解剖したことも・・・』
解剖報告書と一緒に写真が添付されていたという。
それは、いわゆる“グレイ”と噂されている宇宙人に似ていたという。
『どれも、わたしがはじめて見るものばかりで、吐き気をもよおしそうになりましたが、私の本来の目的は、軍の秘密兵器の研究と聞かされていたので、なぜこのようなものを見せられるのか分かりませんでした。
そして気が付いたのは、私を雇った連中は、この宇宙人のもたらしたUFOの推進力の研究・開発だろうと予測しました』
予想通りUFOの推進装置の研究を命じられたという。
そして彼は、9機あるUFOの中の1機に乗り込むことを許された。
image

※写真は、通称ボブ・ラザー型UFO。これが本物かどうか未鑑定。

産経抄から 2013.4.24

投稿日: 2013年4月24日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

【産経抄】

「相手の言いなり」だけが外交ではない

2013.4.24 03:16 [産経抄

 薩摩、大隅などを治めた島津家は関ケ原で敗れたにもかかわらず、幕府による取りつぶしを免れた。領地はほぼ無傷で安堵(あんど)された。それは島津義弘軍による凄(すさ)まじい退却戦の効果である。敗北後わずか千人の手勢で敵将、徳川家康の本陣に襲いかかった。

 ▼たじろぐスキに退却を始め、最後は80人になる死にものぐるいの戦いで、義弘は自国に生還した。それを目の当たりにした徳川方は、これ以上追い詰めた場合の島津の抵抗を恐れた。だから戦後処理でも島津家にだけは手を入れられなかったのである。

 ▼同じようなことは先の大戦でも起きた。日本は敗色濃厚となっても、特攻を繰り返すなど決死の戦いを続けた。それは米国など戦勝国を畏怖させた。このため戦後、さまざまに日本人の「骨抜き」を図りながらも、象徴天皇を残し苛烈な占領政策はとらなかったのだ。

 ▼そう考えると今、繁栄を享受している日本のリーダーが靖国神社を参拝、英霊たちに感謝するのは当然のことだ。いやそれだけではない。参拝によって日本人の勇敢な戦いぶりを思い起こさせる。そのことは、日本を敵視する国に対する十分な抑止力となると言っていい。

 ▼麻生太郎副総理ら3閣僚をはじめ、160人を超える国会議員が春の例大祭に合わせ靖国を参拝した。韓国は早速とばかり外相の訪日を中止した。抗議行動も起きているそうだ。この過剰な反応こそ、韓国が日本の「底力」を恐れていることの証拠と思えばいい。

 ▼例によってマスコミの多くは、日中、日韓外交が悪化すると憂える。参拝を「無神経」などと批判している。だが相手の言いなりに「よい子」でいることだけが外交ではない。中国、韓国をはじめ世界のすべての国が知っていることである。

130424_0906~01

計画の想定超す船団 海保専従部隊、迫られる見直し

2013.4.24 07:08 [尖閣諸島問題

日本漁船(右下)と並走する中国の海洋監視船「海監66」(左)と海上保安庁の巡視船「いしがき」(中央)=23日午前、尖閣諸島の日本領海の境界付近

日本漁船(右下)と並走する中国の海洋監視船「海監66」(左)と海上保安庁の巡視船「いしがき」(中央)=23日午前、尖閣諸島の日本領海の境界付近

 「想定外だ」。8隻もの中国公船が一度に領海に入る過去に例のない事態に、第11管区海上保安本部(那覇)の幹部は23日、こう繰り返した。海保は今後、尖閣周辺の警備態勢を増強し、専従部隊を編成する方針だが、この部隊が対応する想定も超えており、見直しを迫られそうだ。

 昨年9月の尖閣諸島国有化後、中国側は尖閣への関与を強めようとしており、最近では、10時間を超える長時間の領海侵犯や海洋監視機の領空侵犯など、示威行為を多様化させている。

 これに対し、海保は巡視船を大量投入して対応にあたっている。

 「5隻程度」の中国公船を念頭に、それぞれに巡視船が1隻ずつ対応にあたるシフトを敷いているが、今回は接続水域の航行も含め、中国公船は計10隻と想定の倍だ。

 こうした事態に、河野克俊海上幕僚長は23日の記者会見で、引き続き海保の活動を側面支援する考えを示した。

 海保は平成27年度までに、全国の巡視船の運用をやりくりして尖閣対応にあたる現在の手法を見直し、12隻態勢の中国公船専従対応部隊を編成するが、この部隊も中国公船5隻程度の想定にとどまる。海保幹部は「中国が今後展開を強化すると、専従部隊だけで対応できない」と話した。

「日本の参加は脅威的過ぎる!」安倍首相、TPP交渉参加を公式に発表!海外の反応

投稿日: 2013年4月16日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

「日本の参加は脅威的過ぎる!」安倍首相、TPP交渉参加を公式に発表!海外の反応

TPP
先日、安倍首相がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉参加を発表しました。
このニュースに対する海外の反応です。
引用元:japan-seek-entry-u-led-pacific-trade-talks-021232779–business

●ニューポートビーチ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
これで良し。
日本には文句もあるけど、ギャラクシーの新作が買う物リストに並ぶことになるかな。
●カナダ:男性
↑サムスンは韓国の会社な。
君は”日本の新しい車”が買い物リストに並ぶと言いたかったのかな?
●イリノイ州、アメリカ:男性
これで良い。
安倍首相は日本を競争世界に飛び込ませようとしてるんだ。
日本人は他の国の物を買うにはあまりに愛国主義すぎるんだよな。
●ディケーター、アラバマ州、アメリカ:男性
日本人は我々の未来と変革が欲しいんだ。
いかれてるのか?
●男性
日本人はこの議題に関して大いに議論しているが、捕鯨問題を持ち出すのに良いタイミングであるかもしれないな。
●デスティン、フロリダ州、アメリカ:男性
ヒトラーもユダヤ人の銀行家と協力する振りをしてなかったか?
安倍は日本の再軍備化についてオバマが見ないふりをするようにと目の前にニンジンをぶら下げたんだ。
安倍はヒトラー以降、世界で最も危険な人物だ。
●レストン、バージニア州、アメリカ:男性
この国はもう終わりだ。
日本は空っぽのアメリカ経済に残った最後の一片まで持っていくぞ。
彼らがフェアに振る舞った事があるか?
●ペンシルバニア州、アメリカ:男性
日本頑張れ!!!
自由貿易がアメリカに何をもたらしたのか見てくれ…働きもしない何千万もの不法移民が増えた事を忘れないでくれ。
対外援助や世界中で繰り広げられているネオコンのための戦争に年間数兆円費やしている事を思い出してくれ。
17兆円もの借金だって良い物さ…アメリカ式の成功方だ…1%のアメリカ人のね…
●サンホセ、カリフォルニア州、アメリカ:男性
つまり、日本の車やトラックに全く税金がかからなくなるのか。
デトロイトが大量解雇されちゃう!!
●ニュージャージー州、アメリカ:男性
↑デトロイトってまだあったっけか?
●マシロン、オハイオ州、アメリカ:女性
政府がアメリカ人から自由なテレビを奪い去って電波を受信するためのブラックボックスを買わせたとき、私達は新しいテレビを買わなきゃいけなかった。
古いテレビは新方式の電波域を受信できなかったから。
で、日本や他のアジア諸国は新型テレビを売りまくって大金を稼いだって訳。
●東京、日本
34年間日本に住んでいるアメリカ人(そして一時期この総理大臣と一緒に仕事をしていた)として、私は最近の晋三の行動を歓迎すると言わざるを得ない。
彼は自分の党や日本のビジネス界の中心となる部署の反対に遭いながらも、国の利益のために政府の指導者が唯一出来る事をやってのけた。
この問題についてここに書かれた”わが同胞たるアメリカ人”のコメントにはうんざりするよ。
恥を知れ!
●インディアナ州、アメリカ:男性
どうやら日本は自国の成長を邪魔するものを排除する計画があるみたいだな。
かたやアメリカは経済界がアメリカ政府を成長させようと提供した資金を浪費するのに大忙しだ。
アメリカ主導の自由貿易構想ではありますが、日本の参加を望む声ばかりではなく、むしろ日本がTPPに参加する事でアメリカの自動車産業は手痛い打撃をこうむると危惧する声もあります。
木曜日には数十名からなるアメリカ民主党議員の団体が日本のTPP参加に対して懸念を表明し、東京(永田町)が交渉に入るのなら日本の自動車やトラックなどにはアメリカの関税を維持するべきだとオバマ大統領を促しました。
”日本がTPPに参加した場合、アメリカのこうむる経済的損失は既にアメリカとFTAを結んでいる韓国によって受けた物とは比べ物にならない程だ”とその議員はオバマ大統領にあてた書簡で述べています。
この事を伝える記事に対する海外の反応です。
引用元:
lawmakers-urge-obama-keep-auto-tariffs-japan-193707875–business
●グリーンベルト、メリーランド州、アメリカ
GM、フォード、クライスラーがどれだけよその国で車を作ってると思ってるんだ。
●不明
↑親父はアメリカ製のトヨタを買ったよ。
親父が眼をつけてたフォードはメキシコ製だった。
●ラグナビーチ、カリフォルニア州、、アメリカ:男性
メディアのレポートでは、クライスラーは自分の所で作ってるジープの70%は中国製だとアナウンスしてるとよ。
これはロムニーのキャンペーン通りじゃないか?
GMは海外での数億ドルにも上る利益を全て手中にして税金は全く払ってない事はどうだ?
自動車産業への緊急援助は誰が恩恵を受けてると思う?
我々と、多くの外国人がこの法案に巻き込まれている。
全米自動車労組の給料や年金がアメリカの自動車産業をトイレに流してるんだ。
●フォールブロック、カリフォルニア州、アメリカ:男性
面白い事に日本の自動車会社はフォード、GM、クライスラーを合わせた以上にアメリカで車を作ってるんだよな。
つまり自動車の販売台数に意味なんかないって事だ。
●ポートランド、オレゴン州、アメリカ:男性
TPPは国内の法律を回避・拒否している超国家企業に力を与える厄介な計画だ。
TPPが施行されれば、アメリカの職が更に失われ、利益の半分以上を所有している鼻持ちならない程金持ちである1%のための封建制度が敷かれることになるだろう。
TPPを止めさせよう。
●サンフランシスコ、カリフォルニア州、アメリカ:男性
ああそうだな、中国がアメリカの職や生産能力を破壊している事は気にしないでおこう。
今の問題は日本だ。
民主党ならやってくれる!
民主党員は全員辞職しろ。
●チャンドラー、アリゾナ州、アメリカ:男性
オバマと傘下の悪魔共は組合費と寄付金を護りたいのか?
●グランツパス、オレゴン州、アメリカ:男性
日本の言う”自由貿易”って、イスラム教徒の言う”宗教的寛容”と似てるよね。
●男性
最近だとアメ車ってどれの事を言うんだ?
●不明
アメリカ民主党が反対してるって事は、日本との自由貿易はアメリカのビジネスにとって良好という事だな。
●カリフォルニア州、アメリカ:女性
アメリカ政府の誰かが自由貿易は悪い事だと言ったなら…それはナイトメアレベルって事。
●ヤキマ、ワシントン州、アメリカ:男性
次のトヨタ車を買うのはもう少し待った方が良さそうだ。
●ベッドロック、アメリカ
それがアメリカのためにならない事なら、オバマは全力を尽くす。
●レストン、バージニア州、アメリカ:男性
日本がTPPでアメリカとタッグを組むという事は、アメリカは金持ちの如く振る舞い、日本になにがしかの見返りを渡さないといけないという事だ。
アメリカ産業の空洞化が更に進むな。
●男性
ああ、これは恐ろしい、凄く恐ろしい事だよ。
日本の巨大企業には敵いっこないから、アメリカの自動車産業は大打撃を受ける事になるよ。
●不明
自由貿易=アメリカがボコボコにされる。
●フロリダ州、アメリカ:男性
日本からの輸入車がどの位あるか知ってる人いるか?
組み立て工場は全てこの国にあったと思うんだが。
●男性
世界がオバマの再選を望んでたのはこのためだ…
●不明
日本は1960年代の時点で既にアメリカの自動車産業をコテンパンにしている。
日本の市場では95%の車が日本のブランドだという事を思い出せ。
●不明
日本は自国の市場を開き、アメリカも同じことをする。
皆にとって公平だ。
●不明
上手くいくとは思えんのだが。
一方通行なんじゃないのか。
TPPに関しては何処の国も反対意見が多く、もはや誰が賛成しているのか分からない状態です。
ともあれ、今後の展開がどうなるのか大いに注目です。
日本は農作物への関税を維持し、アメリカは自動車への関税を維持するとかになったりして…

民主党のフェイスブックページは炎上中!

投稿日: 2013年4月15日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

民主党 The Democratic Party of Japan · 1,506人が「いいね!」と言っています

土曜日 21:03 ·

  • 海江田代表、荒川・墨田・足立・葛飾区で演説 人を重視する政策実行を改めて訴える

    www.dpj.or.jp

    海江田万里代表は13日、町屋駅前、墨田区京島の商店街、JR新小岩駅前、小岩駅前の4カ所を回り、滝口学都議、小沢まさや都議、長谷川貴子都議、伊藤正樹都議らと街頭演説。鈴木寛、大河原雅子両参院議員も応援にかけつけました http://www.dpj.or.jp/a/102298

    いいね!を取り消す · · シェア

    • あなたと他34人が「いいね!」と言っています。

    • 朝比奈 健二 リンク先の記事を読みましたが、いくらなんでも「投資家や大企業など一握りの人だけがアベノミクスの恩恵を受けている現状」はないでしょう。円安・株高で公的年金の運用が改善していることは隠すのですか?どこまで隠蔽体質なのですか?恥を知りなさい!
      http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC01018_R00C13A3PP8000/

      昨日 0:22 · いいね! · 27

    • 井上 秀三 「人を重視する」とか「生活が第一」だの、誰も否定しないフレーズって政治理念になるのかな。「宇宙人の生活が第一」というアンチテーゼがあるわけないし。
      ・ん?もしかしたら、あるのかも知れないところが民主党・・。

      昨日 0:25 · 編集済み · いいね! · 13

    • 種村 健太郎 「働いたら負け」とか「他人の不幸は蜜の味」とか、「日本人に絶望を!」とか、実態に合わせたら、アンチの書き込みは減ると思います。

      昨日 0:39 · いいね! · 9

    • Goro Zaizen 重視する「人」って韓国人の方々、それとも中国人の方々?

      昨日 1:20 · いいね! · 15

    • 広瀬 勝郎 今夜はどんな歌を歌おうかな。
      チイチイパッパ チイパッパ
      雀(すずめ)の学校の 先生は
      むちを振(ふ)り振り チイパッパ・・・もっと見る

      昨日 2:22 · 編集済み · いいね! · 5

    • 猪俣 真由美 人を重視ということは、民主党という党を選ぶのではなく、人柄で選べということ?
      民主党という党では当選しないと認めている?

      昨日 3:07 (携帯より) · いいね! · 12

    • 広瀬 勝郎 原発事故にも、まともに対応できず、放射能は垂れ流し。
      北朝鮮のミサイル問題。
      昨日は淡路島で大地震。
      富士山大噴火と首都機能ダウンが叫ばれる中、具体的な政策もなく人を重視する政党。
      政権与党時に行ったことも、まったく真逆です。・・・もっと見る

      昨日 11:09 · 編集済み · いいね! · 13

    • 棟安 照明 人を重視と言われるのは理解します。しかしその人を貶める賭博にメスを入れたら良いのでは。生活保護費をもらってそこに消費しているとか公営なら我慢します。パチ業界があたかも正常な業界だとしているのが問題です。その影響を受けている政党や団体は反日だと言われてもしかたがないと思います。景品交換所を100パーセント問題無いと言われるものに出くわしていません。ぜひパチ業界がこの国で存在できる明確な回答をいただきたいです。

      昨日 14:16 · いいね! · 10

    • 棟安 照明 多くの投稿者が反日と言うのは悲しんでいるからだと思います。同じ日本人なのに自分たちの尊敬する先人や尊厳をまず否定するとこから入られると誰でも反撥します。差別とよく言われますがこの言葉を作ったのは左翼思想が強い方だと思います。弱者を助けるための人重視、それが本当の重視なのか?だからとは言いませんがパチ業界人を保護しているようなシステムを教えてもらいたいです。私は在特会も支持してもいません。単純にこのようなシステムをスルーすることがある意味国民を欺いたことであると考えます。

      昨日 15:37 · 編集済み · いいね! · 5

    • Sawako Kishimoto 人(国民)を重視する。政治体制の当たり前な事。それをいくら声高に叫んでも、漠然としすぎて内容は不明なまま。相変わらず、一部の方々には耳ざわり良く受けるでしょうが、自ら掲げたマニフェストを守った実績もなく、どう民主党の言う事を信用しろ、と言われるのですか?

      22時間前 (携帯より) · 編集済み · いいね! · 12

    • 河合 康博 安倍政権の方向性を、君らにチェックされなくてもいい。そもそもチェックできるレベルなの?バカにするのもいい加減にしてほしい。人材が揃った?君らのいう人材の定義を知りたい。まさか、反日姿勢をうまく隠し、口先だけでうまく立ち回る才能のある奴のことか?

      23時間前 · いいね! · 14

    • 山田 洋征 一国の根本法たる憲法の制定に関しては、統治者及び国民の自由意思によらなければならないのは当然である。然るに、現行憲法の制定当時にはその自由意思が「連合国司令官の制限に下に置かれる」ことになっていたので、この「制限化に置かれる」という日本訳は、原語はsubjectであり「従属す」という意味である。国際法に反して強要された占領憲法は当然無効ですね。

      22時間前 · 編集済み · いいね! · 1

    • 宇田川 忍 日本を窮地に追い込み、韓国と中国に阿る事しかしなかった売国政党が、その真犯人である鳩、姦、豚、みいら、フランケン、嘘吐き豚、ヒステリック在日を野放しにしている事が日本人として許しがたいのです。

      22時間前 · いいね! · 7

    • 宇田川 忍 滅んで喜ばれる政党って御宅以外にありますか?社民とか共産は当たり前すぎですが。ああ、なんとかが第一とかですね。日本人として、絶滅を希望します。天罰は間もなく下りますよ。

      22時間前 · いいね! · 7

    • 種村 健太郎 繰り返しになりますが、私は反日組織の象徴として民主党には残って欲しいです。また名前を変えて、騙される人が苦しむことになるよりマシと思います。海江田代表らしく「アグラ牧場Zは大丈夫!働かなくても儲かります!真面目に働くのはバカのやることですよ〜」、これに賛同する方に投票してもらえばいいじゃないですか?実際、ジワジワと本ページにも「いいね」する方がいますし、こちらでも親「特ア」企業関係者や、どう見てもプロ市民の活動家と思われる方が応援してますよ!

      21時間前 · いいね! · 1

    • 榮林 和博 民主党がなくなっても、元民主党議員の汚名は、一生消えません。

      21時間前 (携帯より) · いいね! · 7

    • 種村 健太郎 心から反省し、売国に走ったことの謝罪をきちんとすれば許しても良いのではないでしょうか?「1000年経っても許さない!」という文化と同レベルになってはいけないと思います。そうは言っても、私は、まだまだ、あの絶望の3年間を思い出すと怒りで体は震えますので、偉そうなことは言えないのですが・・・問題は「隠れ民主」です。

      18時間前 · いいね! · 2

    • 小川 恵一 人って、中国と韓国の人のことですね。今までやってきた事を見ると日本人でないのはわかります。

      17時間前 · いいね! · 2

    • 小川 恵一 広瀬さん 自治労と日教組だけでなく、中国と韓国を忘れていますよwww

      17時間前 · いいね! · 2

    • 広瀬 勝郎 反日排日運動で焼き討ちにあったイオンやトヨタ、ホンダなどが共同して中国で、「ゲゲゲの鬼太郎」を放送するように運動を展開しています。
      ゲゲゲの鬼太郎軍団なら中国の子ども親近感を持ってくれのではないでしょうか。

      16時間前 · いいね! · 1

    • 佐藤 雄太 民主党の改憲賛成議員にメールをして離党をお願いしましょう。

      15時間前 (携帯より) · いいね! · 1

    • 三郎 鴨山 ミンス党員は日本人という言葉を使わないね。<丶`∀´>

      7時間前 · いいね!

    • 岡田 宏司 あほくさくて読んでいられない。民主党の基本姿勢は反日本人、好朝鮮人+シナ人という図式であることは大部分の真の日本人は3年半の政権で十分に知らされた結果、懸命になって批判する安倍晋三政治が成果を上げていることをダメだという。日本人はバカではないから個人の所得が産業界、公共投資、円安、株価の悲惨な数字から実態数字への変化があってからという時差タイムラグがあることは知っていますよ。後からでも我慢できます。それが経済事象の現実ですかです。民主党の用に言うことは云っても何ら先の希望と実現が無いから切られたということを反省していない。判っていたらこんな大惨敗はなかった。

      4時間前 · いいね!

ウソばっかりの韓国人が、死ぬ前に本当のこと話たがっている

投稿日: 2013年4月2日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

韓国の88歳の大学教授がハングルで書いた文章です。日本語訳します。
“私は88才です。 もう事実を話したいと思います。” [チェ・キホ伽耶大学客員教授] Category:

【転載記事】
朝鮮末期の私は1923年の生まれです。 もう韓国のためでも、日本のためでもなく「事実」を話したいと思います。 それは相当な覚悟が必要です。 生命の危険も覚悟しています。 しかし、これは私の使命であると信じています。

私はソウルに住んでいました。 そして、時々、平壌や東京に行きました。 その当時の韓国人は「日本人以上の日本人」でした。

劇場に行けば映画の前に、戦争のニュースがありました。 例えばニューギニアで日本が勝った映像が流れ、拍手と万歳の暴風雨でした。 私は映画が好きで、東京にも行きましたが、日本人は冷静でした。 しかし、韓国人は全員が狂ったように喜んでいました。 それが普通の姿でした。 なので「親日派」という言葉は使用できません。 その「使用できない言葉」を使って、先祖まで批判しています。 「親切でやさしい日本人」という印象を、必死に消すために「反日」を指導者はそそのかしてきました。

韓国と日本の歴史教育を比較すると、日本が10%の歪曲といえば、韓国は90%が歪曲です。 朝鮮末期の正常ではないで政治腐敗を教えず、日本が関与しなければ独立ができたことのように使われています。

韓日合邦によって「教育」 「医療」 「工業」 「社会インフラ」が整備されました。近代国家の基礎が出来たことは明らかな事実です。

その実績を「日本帝国主義の侵略政策の産物だ!」と糾弾する韓国にはあきれます。 より一層「日帝が民族産業を停滞させた!」
という主張にはコメントする気持ちもなくなります。

民族産業を殺したのは、朝鮮王朝です。 近代化を主張する先進的な思想家は反逆者とし、親族までも処刑されました。 韓国人は「日帝の虐待! 性奴隷!」と叫んでいますが、私は信じることができません。 歴史の真実を知っているためです。

朝鮮語でキウン「地獄」でした。 それは大韓帝国時代になっても同じでした。 1904年、日本は朝鮮の惨状を救うために、財政支援を決断します。

例えば1907年度、朝鮮王朝の歳入は748万円だったが、歳出は3000万円以上でした。 その差額は日本が負担していました。 1908年にはより一層増加し、3100万円を支出しています。
現在88才の老人の絶叫です。 どう思われますか?

img_1818729_66028771_0
나는 88세입니다. 이제 사실을 말하고 싶습니다.” [최기호 가야대학 객원교수] ▲[title]▲
Category :▼[category]▼ 【 전재 기사 】▲[category]▲ -▼[tag]▼Tag : 조선말기 ▲[tag]▲
▼【entry-body】▼
나는 1923년생입니다. 이제 한국을 위해도, 일본을 위해도 사실을 말하고 싶습니다. 그것은 상당한 각오가 필요합니다. 생명의 위험도 각오 하고 있습니다. 그러나, 이것은 나의 사명인 것입니다.
나는 서울에 살고 있었습니다. 그리고, 가끔 평양이나 토쿄에 갔습니다. 그 당시의 한국인은 일본인 이상의 일본인입니다. 극장에 가면 영화의 전에 전쟁의 뉴스가 있었습니다. 예를 들면 뉴기니에서 일본이 이긴 영상이 흐르자, 박수와 만세의 폭풍우입니다. 나는 영화를 좋아해, 토쿄에서도 갔습니다만, 일본인은 냉정했습니다. 그러나, 한국인은 전원이 미친 것처럼 기뻐하고 있었습니다. 그것이 보통 모습이었습니다. 그러니까 친일파라고 하는 말은 사용할 수 없습니다. 그 사용할 수 없는 말을 사용해, 선조까지 비판하고 있습니다. 친절하고 상냥한 일본인이라고 하는 인상을, 필사적으로 지우기 위해 반일을 지도자는 꼬드김은 왔습니다.
한국과 일본의 역사 교육을 비교하면, 일본이 10%왜곡이라고 하면, 한국은 90%왜곡입니다. 조선말기의 비정상인 정치 부패를 가르치지 않고, 일본이 관여하지 않으면 독립을 할 수 있던 것처럼 쓰여져 있습니다.
한일합방에 의해 ‘교육’ ‘의료’ ‘공업’ ‘사회 인프라’가 정비되었습니다.근대국가의 기초가 쌓아 올려진 일은 분명한 사실입니다. 그 실적을 ‘일본 제국주의의 침략 정책의 산물이다!’라고 규탄하는 한국에는 기가 막힙니다. 더욱 ‘일제가 민족 산업을 정체시켰다!’라고 하는 주장에는 코멘트하는 기분도 없어집니다.
민족 산업을 죽인 것은, 조선왕조입니다. 근대화를 주장하는 선진적인 사상가는 반역자로서 친족까지도 처형되었습니다. 한국인은 ‘일제의 학대! 성 노예!’라고 외치고 있습니다만, 나는 믿을 수 없습니다. 역사의 진실을 알고 있기 때문입니다.
조선말기은 지옥이었습니다. 그것은 대한제국 시대가 되어도 같았습니다. 1904년 , 일본은 조선의 참상을 구하기 때문에, 재정 지원을 결단합니다. 예를 들면 1907년도 , 조선왕조의 세입은 748만엔이었지만 , 세출은 3000만엔 이상이었습니다. 그 차액은 일본이 부담하고 있습니다. 1908년에는 더욱 증가해 , 3100만엔을 지출하고 있습니다.
현재 88세의 노인의 절규입니다. 어떻게 생각합니까?▲【entry-body】▲
▽▽print-nonedisplay▽▽
▼[footer]▼
• • • ▲[footer]▲ △△print-nonedisplay△△

 

~古代朝鮮は日本に二百年以上にわたって支配されていた~
                           高麗大学教授 金鉉球・鄭大均
わが国の中・高等学校教科書を見ると、百済・高句麗・新羅三国の文化が日本に伝えられた話が出てきますが、
… その内容は日本古代史書である「日本書紀」を土台にしているもので、わが国の史書にはありません。
(そもそも韓国に古代の文献はほとんどない)
ところが、日本の学者が「日本書紀」を土台にして、古代日本が二百年余り朝鮮半島南部の伽耶(日本名任那)地域を支配したという
「任那日本府説」を主張すると、韓国の学界ではそれは信じることができないと主張しています。
これは明白な矛盾であり、こうした姿勢ゆえに日本の学界が韓国の学界を軽く見るのではありませんか、という身の程を知らぬ質問をした。
そしたらL教授は黙り込んで答えず、横に居られたC教授が「自信がないんだよ」とおっしゃった。
「日本書紀」には日本が「任那日本府」という機構を置いて朝鮮半島南部を支配しつつ、三国文化を運んでいったようになっている。
しかし、韓国の中・高等学校では三国文化が日本に伝播される国際関係に関しては何の説明もされず、
ただ高句麗・新羅・百済の三国が日本に文化を伝えた事実だけを教えている。
そこで学生達は日本を客観的に理解できずに、無条件、対日優越意識だけを助長する結果をもたらせた。
外国に出かけたわが国の学生が「任那日本説」に接して戸惑うのも無理はない。
実際の歴史は、日本に支配されたいわば「属国」であったにも関わらずだ・・・。