アーカイブ

2012年8月のすべての投稿

安倍晋三氏 尖閣諸島を守るには日本人常駐の必要性を説く

投稿日: 2012年8月29日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★
広告

日本人よ 誇りを持とう!!

投稿日: 2012年8月28日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

竹田 恒泰(たけだ つねやす、1975年(昭和50年)-)は、日本作家慶應義塾大学講師憲法学)。家系は伏見宮家より分かれた北白川宮家の分家にあたる竹田宮家明治天皇玄孫に当たる。

竹田恒泰が語る 日本人よ 誇りを持とう!!

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか

竹田恒泰氏が語る 日本を嫌いな日本人が半分以上

よく分かる 古事記と日本人についての講義 竹田恒泰 先生

単著

  • 『語られなかった皇族たちの真実 – 若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」』(小学館、2006年1月)ISBN 4093876258
  • 『エコマインド – 環境の教科書』(ベストブック、2006年9月)ISBN 4831400955
  • 『旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP新書)(PHP研究所、2008年2月)ISBN 978-4569697116
  • 『怨霊になった天皇』(小学館、2009年2月)ISBN 978-4093878272
  • 『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』(PHP新書)(PHP研究所、2011年1月)ISBN 978-4569794297
  • 『語られなかった皇族たちの真実 – 若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」』(小学館文庫、2011年2月)ISBN 4094085904
  • 『原発はなぜ日本にふさわしくないのか』(小学館、2011年6月)ISBN 4093881928
  • 『日本人はなぜ日本のことを知らないのか』(PHP新書)(PHP研究所、2011年9月)ISBN 978-4-569-79933-9
  • 『現代語古事記』(学研パブリッシング、2011年9月)ISBN 978-4054050754
  • 『怨霊になった天皇』(小学館文庫、2011年12月)ISBN 978-4094086690

共著

海外で出版された本

  • 台湾『日本天皇的史話』(商訊文化事業股份、2008年8月)『旧皇族が語る天皇の日本史』の中国語翻訳版

「デモが許されない国」で演じられたデモ:中国政府の完全やらせデモ中国国民のガス抜き

投稿日: 2012年8月28日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

反日デモだと許される国

【大紀元日本2011年9月30日】「ブログで『デモ』という言葉も書き込めない国で、やっとデモが許可されたよ」と、9月18日、中国で最も人気のあるブログライター・韓寒はコメントした。

 image
 9月18日は、満州事変勃発の引き金となった柳条湖事件の記念日で、中国ではこれまでしばしば、反日感情を高めるために利用されてきた。79年目という中途半端な年での今年のデモはちょっと珍しい。北京、上海、深せん、香港など少なくとも7つの都市で行われ、心のうっぷんを晴らす機会として中国人が参加した。中国共産党政権の工作が窺える小規模イベントだった。

 最近の中国漁船衝突事件は、多くの中国人の怒りを買ったようだが、たとえ今回のように小規模なものでも、政権の黙認または奨励がなければ、現在の中国では起こりえない。

 北京では、中国政府に対して自分の権利を請願している人々に、9月18日前に、「政府認可」の日壇公園(日本大使館の近く)でのデモに参加するよう、呼びかけの電話がいろいろなところから入ったという。

 いつもは政府の癒着や不正に関して請願している人々は、今回のデモで中共政権は人々の「愛国心」を煽ろうとしていると指摘していた。自分たちの主張を公表する機会として、とりあえず参加を決めた者もいる。一般に、公共の場で抗議行動に出た場合、抑圧・拘束や嫌がらせを受け、北京から追放されるのが常だからだ。
参加者数と主張内容のコントロール
 

しかし、中共政権は、デモ参加者の数をコントロールできる程度に抑えた。北京と上海では、武装警官が見守る中、数十名の参加者が反日スローガンを叫んだに過ぎなかった。
 その他の都市では、警官の数を超える数百人が参加したため、横断幕やプラカードのほとんどは警察が押収した。香港以外の都市では、デモは1時間以内に警官によって解散させられている。
 

また、当局は、日本を攻める声以外は、一般に届かないように取り計らっていた。
 深せんからの請願者 Yuan Peiweiさんは、請願中に警官に殴られた自分の写真を掲げ、「癒着反対」と北京のデモで叫んだ。目撃者の話によると、まもなくYuanさんは警官に逮捕された。デモの協調人が、警官に釈放を求めたところ、Yuanさんは窃盗の容疑で逮捕されたという答えが返ってきた。

 政府に異議を唱えたり、人権運動で活動する人のほとんどは、デモへの参加を許されなかった。北京の市民権運動の活動家であるLiu Anjunさんは、かなり前から、公安部の代行人に、反日デモに参加しないよう警告されていた、と本紙記者に伝えている。9月18日、Liuさんの機関で働く3人のボランティアは、ホームレスの請願者に食べ物を届けに行った後、行方不明になった。連絡が途絶える前、これらのボランティアはLiuさんに、公安部の代行人に尾行されていると電話で伝えている。
 

同じく、活動に携わるZhang Huiさんは、9月18日の外出中、警官に尾行されたと語っている。Zhangさんによると、北京では多くの活動家や異議を唱える人々が当日、同様に自由を制限され、他の都市では、実際に拘束された。
「フォークダンス以外の何ものでもない」
 

ワシントンDC在住の中国問題の専門家・石藏山氏は、次のように分析している。「中国共産党は火遊びをしているようなものです。愛国心に本当に火がついたら、国民は、中共がいかに自国を害してきたかに気づくことでしょう。そうなれば、すべての怒りが中共政権に向けられ、吐き出されます」

 事実、上海でのデモで、警官が日本領事館に通じる道をふさいだ際、「(政府は)弱腰で外交不能」というシュプレヒコールが始まった。

 「市民の権利を主張する平和的なデモが許されない国で、全く自分の身にふりかからないような国外の事件に対してデモを行うのは全く無意味」と韓寒は書き込む。「こんなデモは、フォークダンス以外の何ものでもないね」と中共政権のやらせを軽く流したブログは、まもなく削除された。

■中国帰化人:琉球時代に移住の中国人組織~沖縄支那党

投稿日: 2012年8月28日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

正論から〜
ご存知の方も多いかと思いますが…
中国帰化人

現沖縄知事の本名は「蔡」、前沖縄知事は「毛」。
(以下「正論」平成20年3月号P156~157抜粋)

■琉球時代に移住の中国人組織~沖縄支那党


 昭和三十七年まで多嘉良朝朋という県人が本島中部に居住していた。彼は終戦直後、「琉球王」とあだ名され、戦後も在沖米軍に絶大な発言力をもっていた男である。
 彼は昭和十九年十月上旬より米軍からコールサインを貰い、天津から密命を受けて帰省し、沖縄本島内を徘徊して日本軍の兵力配備状況や重要施設の存在を米軍に通報していたのである。

 彼に指令を出していたのが県出身で同じく天津在住の沖縄支那党の子孫林興徳である。支那党とは、琉球王府時代、沖縄に君臨した中国の帰化人を主に指す。沖縄は廃藩置県まで約四〇〇年にわたって中国の間接統治下にあった。このとき実権を握っていたのが支那党で あった。

 今でも県内で、家門がこの中国帰化人であることはステイタスシンボルである。
なんと現知事、その前任の稲嶺恵一元知事は選挙の際、それぞれ中国帰化人の子孫であることを誇り、選挙リーフレットにそれぞれ中国人先祖の姓を誇示しているのである(仲井真氏は蔡、稲嶺氏は毛姓である)。

 この支那党は廃藩置県に反対して中国に支援を要請した。とりわけ日清戦争中、清国勝利の祈願をするため徒党を組んで神社仏閣に参拝し、「黄色い軍艦がやがて沖縄に救援に来る」と喧伝して日本軍に志願した県出身者の家族を脅迫していた。
当時、沖縄に赴任していた内務省の官吏は、万一に備えて自警団を組織し、家族を疎開させたぐらいであった。

 その他、米軍は沖縄上陸以前に諜報工作のため潜水艦で深夜密かに県出身者を本島北部に上陸させている。 戦前明らかに南米に移民したはずの県民が、夜間、本島内を徘徊している光景が目撃されているのだ。

 沖縄戦の直前、米軍の偵察機が日本軍に撃墜され本島中部に墜落した事件があった。第三十二軍はこれに搭載されていた沖縄県の地図に仰天した。詳細に調査されており、また地名が沖縄方言によるローマ字表記がなされていたのである。
さらに沖縄戦の最中、本島北部では警官が米軍に内通していた史実も残っている。

 ところで沖縄をめぐる情報戦は、沖縄戦の終了をもって終了した訳ではない、今度は冷戦下でさらに熾烈となっていった。しかし中国が内戦状態に陥ったため、くだんの支那党の子孫も混乱した。

 昭和五十年九月二十七日、中国逝江省沖南金湾で漁労中、中国共産党にスパイ容疑で逮捕された県人二人が十年ぶりに釈放されて沖縄に戻って来た。 この二人は、台湾国民党の特務機関員と行動を共にしていたと言う。

 最近でも沖縄の左翼団体(反戦地主会等)が北朝鮮と密接な関係にあることが暴露されて国民を驚かせている(「諸君」平成九年五月号「沖縄『反基地運動家』の呆れた正体」参照)。
 なお検定意見撤回県民大会の参加団体の中には、日中友好協会沖縄県支部や、反戦地主会が実行委員として名を連ねていた事も国民は認識しておくべきであろう。

反日デモに参加しないと罰金? 何清連:愛国デモは国家ゲーム

投稿日: 2012年8月25日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

反日デモ参加を呼びかけるWEBポスター。全国どの都市でもデザインは類似している(ネット写真)

【大紀元日本8月23日】先週末、中国の多くの都市で起こった反日デモ。しかし、その威勢の良い反面、裏に隠されたカラクリや、冷静な目でデモを見つめる中国人の様子がネット上の書き込みにより伝わってくる。

反日デモに参加しないと罰金?

 潮流毒物@yep365が転載した「肖申克的舅舅」の書き込みによれば、広東省新セン市の国営企業に勤めるその義理の兄は、反日デモへの参加を通達された。参加しない人は金を納付しなければならない。その義理の兄は結局金を払うことにしたという。

 それについて、米国在住の中国経済学者、ジャーナリストの何清連氏はブログでコメントした。「なるほど、愛国しない人には罰金か。深センという地の人は誠に商売の才がある。中国在外公館は中国留学生に金を払ってまで、来訪する祖国の指導者を『自発的に』歓迎させている。しかし、深センは、反日デモに参加しなければ金を払えというのだ。そうなると、参加しない人が多ければ多いほど、罰金が増えて予想外の収入になるのだ」

 さらにこのような書き込みもあった。網易のミニブログ(微博)では、「三起三落黙多克」というユーザが深セン市の反日デモの現場写真を貼り付けた。写っていた多くの参加者は同じTシャツを着用しており、そのうちの中年男性は同反日デモの招集者の1人だという。「この人は市の羅湖地区の某公安局副局長だそうだ。デモの裏にどのような組織が動いているのか調べてみよう」と他のユーザーに呼びかけた。

領土問題への両極化した態度

 中国のネット上のコメントから、今回の尖閣諸島の主権問題について両極化の態度が確認できる。「主権は人権問題より重要」というグループは、「たとえ、わが政府に様々な問題があるにしても、国家領土の保衛に参加すべき」と認識する。一方、反対派は「人権問題は何より重要であり、人権を踏みにじる中国当局は領土問題で国民感情を操っている」と批判した。

 作家王朔さんはネットの書き込みで、「街角の盗人に喝を入れる勇気すらない人たちが、小日本を滅すと叫んでいる。生きている身辺の同胞の苦しみに無関心の人たちが、亡くなった同胞を忘れるなと言っている。日本ではファシズム、ドイツではナチスと呼ばれている者を、中国では『愛国者』と呼ばれている」とデモ参加者を一蹴した。

 ブロガー在水一方は、「中国人はとても面白い。生きているときに自分の土地、自分の家屋、自分の財産、自分の自由、自分の仕事、自分の子供すら守れない。万が一死んでも、自分の遺体すら守れず誰かに売られてしまう。しかし国の領土を守るとなると、瞬時に激昂して血が熱くなる」と冷やかした。

「愛国デモ」は「国家ゲーム」 

「中国の反日活動は、若者が参加できる唯一の『外交活動』と言っても過言ではない」。前出の何氏はブログでこう綴った。その理由の1つに、政府の取り締まりがもっとも緩く、最も安全であること。そして、「憤青」(愛国青年)たちは一旦、愛国主義の旗を掲げると、発言権を手に入れることができる。「大敵を前に、政府にどれだけの問題があっても、私たちの政府であるに違いない。私たちは支持しなければならない」と憤青らは口にする。

 さらに、3つ目の理由は、「1989年に武力弾圧された学生民主運動『天安門事件』以来、反日反米デモ以外、中国では許されたデモがない。せっかく政府が黙認した愛国デモだから、みんなも街頭で狂喜したり、暴れまわったりと貴重な体験を味わいたい。だから、中国政府が裏で糸を引く反日反米の愛国主義デモは、愛国青年を次々に育成し、参加者が足りないという心配はまずない」と何氏は分析する。

 このような「愛国デモ」を何氏は「釣魚島(尖閣諸島の中国名)愛国をテーマとした国家ゲーム」と切り捨てた。秋の党大会を前に薄・谷事件に悩まされる指導部が注意をそらすために念入りにプロデュースしたものと指摘。「当局が反日デモを望んでいなければ、反日デモなんて、絶対にありえない」と何氏は断言した。

(翻訳編集・叶子

周恩来は公開で: 魚釣島帰属は日本にありと暴露。って言ってるんだ。

投稿日: 2012年8月25日 | 投稿者: ★ちょろQコレクション★

周恩來公開稱:釣魚島歸屬日本 曝光中共賣國

魚釣島は早くからすでに中共が日本を売り渡して、世紀の50年代に上がられて、周恩来はすぐ公開で承認する、魚釣島帰属日本。 図は中華民国地図とする、失った領土。 (ネットワーク図画)image

2012-08-24 06:34:10
【大紀元は2012年の08月の24日の消息】は近近、中日は魚釣島主権紛争昇級。 香港は人士を釣って”精神が高揚し正義感に満”のように釣りの島に登ることを保って、日本が拘留されられて、少しの日本人也は激怒で魚釣島に登って、あとで中国大陸複数個省の市は大規模な「反日はデモします」を発起させます。 但し、生の人格が知るものは、魚釣島は早くからすでに中共が日本を売り渡して、世紀の50年代に上がられて、周恩来はすぐ公開で承認して、魚釣島帰属日本である。 このニュース暴露以後は、ネットワーク津波を誘発します。
中共発言者: 中国は放棄した琉球主権は謠が言うことでありません
8月18日と19日、中国は20の複数個都市は「反日大はデモします」を発起させる。 ただすぐデモ「雄大ですさまじい」のものはしていて、大量な民衆は外出して日本の車、痛罵「売国奴」の同時を打って、釣りに関連してネットワーク上の瘋は《人民日報》を伝えてそれぞれ発表する1953年1月と

1958年3月の2篇の島の文章。
1篇は人民日報の1958年3月26日発表した論説《厚顔な捏造》で、載田桓責任編集者《戦後中日は関係する文献集 (1945-1970)》中国社会科学出版社は1996年の版屋敷の348-350のページ;別の1篇は人民日報で、1953年1月8日発表した《琉球諸島人民はアメリカ占領の闘争と対抗する》、新華月刊誌の1953(2)を見かける」。

《厚顔な捏造》は1の文は当時中共外務報道官の見解を引用して称して、「中国の絶は琉球諸島主権に対を放棄しません」というもののニュースは、アメリカ人捏造した謠が言うことで:
「アメリカ占領者は沖縄民主の勢力の選挙戦神妙と選民の反様の美しい機嫌を破壊するため、以前に諸般の陰謀を画策して、ともに多方面にわたった手段をとって、そのうちは最も卑ししく厚顔で、すぐ直前の作り物の北京ラジオ放送局名義沖縄に対する放送を選挙しています。 これは名前を詐称して替え玉になったニュースは言って、中国外交部発言者発表した会話は、『中国の絶は琉球に対する主権を放棄しません』を示して、これは歴然として悪辣なそそのかしで、目的は沖縄人民を攻撃して沖縄を日本の強烈な機嫌を返すことを要求することにあり … … 」

周恩来: 魚釣島は日本です

文章はまだ話す、中共総理周恩来は早く1951年8月15日の「美しい英に関して日講和条約草案とサンフランシスコ会議の声明に対します」にすぐ以前に示して、(琉球諸島と小笠原諸島などが含ませていたことを包括します)「これらの島は、古年のいかなる国際協定中は、全部まだ日本から外れたことがあると規定されることと称しません」。

《琉球諸島人民はアメリカ占領の闘争と対抗する》は1の文則は釣りの島を日本と称して吐いた「尖閣諸島」と称する。 文章は話して: 「琉球諸島は我が国台湾東北と日本九国南西間の海面にあると言い触らして、包括する尖閣諸島、先島諸島、沖縄諸島、大島諸島などの7組の島。」

文章はまだ称して、琉球人民はアメリカが琉球を軍事基地に変えて、アメリカが勝ち取ることを統治することを奴隷化して自由で平和な闘争とともに孤立したものでないことを解くことに反対することに反対して、それは日本人民と独立を勝ち取って、民主のことであり平和な闘争と分別不能な云云。

上述の凄い観点は、新浪和騰訊マイクロ博に人々を引き起こす強烈なやじ馬見物と熱は協議して、多くの専門家学者カズモト間人士はまちまちで《人民日報》に顔を出して解釈することを要求して、これは一体に如何なことでありますか?
民間は強烈さを反映して: 誰かは真正売国奴です

史学者の李桂枝(別名の端の木の賜は香気です)は、8月18日、騰訊マイクロ博に《人民日報が島を釣ることに関連して明言するでどころ》と題してマイクロ博を発します: 「たとえも新聞年月日のみんなの明は、ただ少し小さい憤はまだ不信心で、再び1回を注ぐだろう、別にみんなに截の図を配合する。」

大陸著名な学者の呉の祚は来てするとマイクロ博が話すことを発して: 「どうぞ史学者が見ることを見に来なさいか、人民日報が話すある何の麼問題か? 質問がございましたら声は、あの問題はすぐ大きくて行って、我慢することは怖くて、このために、加工していない粉たちは出来て死傷可能に莫大で」。

学者「端の木の賜は香気です」は騰訊マイクロ博にまだ話すと進言して: 「私はあれが人士を釣ることを保って、先に五星紅旗と青天白日旗を人民日報本部に突っ込むことができて行くことが当然だと感じて、やっといっそう適合します」! 多くのインターネット利用者の共鳴を引き起こしました。

映画は投資して、スライスを作って、発行者「琢の彼の父」は苛立たしげに通りを罵って: 「あなたはその年にすぐに釣って島は拱手して譲歩して、現在の卻はPの民が要点を取り立てることへ行くことを扇動して、特の麼のものはごまかして馬鹿にそうでないことを追い詰めるか?」
北京房山自治区の李董のLoran: 見えて釣って島は本当にそうでなく中国です! 私はとっくに疑わしさを感じます! もと政府はまっすぐに忽に久しくて、知識のない人民をいじります! 網の友が同様に示して、人々はこれから同様に誰でもがやっと真正売国奴であると認識しました!

中共は百万平方キロの領地を数えることを売却します
みんなが知っていて、中共執権初期にあって、中国の版図はそれとも1個の豊美な大きい楓葉は、ただ60年以後の今日に、中国の版図はすでに1個の「痩せたおんどり」を縮小可能でした。
50年は初めを代理して、中国共産党は正式に握り「独立」の外モンゴルがソ連共産党を売り渡すことを求めてそれで、当時の中華民国は承認しません。 外モンゴル北側の唐ものは力を出すラインアウトの431万平方キロに烏梁海および新疆と中国東北の部の份の領土は、合計する中国。

当面の政府筋は称して、陸地の延べ面積は960万平方キロとして、海洋領土の300万平方キロ;ただし《世界各国事実の記録年鑑》(英語:The CIA World Factbook)が精確に打算する中国が実際で制御される陸地の延べ面積はする:9,326,410平方キロ、水域面積270,550平方キロ。

共は政后を造って、中国体上から合法的にのろまなものを切ることは国家的に包括して: 朝鮮、ロシア、モンゴル、カザフスタン、キルギススタン、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタンなどの国。 で中国体上違法な占領した国家から(中国地図はまだこれらの地区を包括します)を包括して: インド、日本、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ブルネイ、フィリピンなどの国。

特別に赤露不平等条約で、モンゴル東によった中国北方領土有三の大きい塊にあって、外興安峰以南、黒龍江以北は60あまりの10000平方キロの「外興地区」は、烏蘇里江東によった「烏東地自治区」には、40万平方キロがあって、まだ一塊の庫ページの島がある。
これらの領土はたとえ赤露が侵出されても、歴代中国政府はみな権利を請求し帰ることを放棄しなかった。 毛沢東はツアー占領の土地を取り戻してはいけないことを話して、ただともにまだ契約しません。 但し、江沢民の90年代とロシアは一連売国条約に調印しました。
2004年の江沢民は先刻失脚して、香港古参の記者の程翔は筆名「鍾の国仁」によって香港《明は告げる》に「江沢民は中国人民の引き継いだ一つ事に向かわなければいけない」の文話を発表して、文章は強調して: 「それは中国に永久に約160万平方キロの土地(外モンゴルというほどでない)を喪失して、40個の台湾に相当します。」

それから、パキスタン:1955年に、周恩来はカシミールを訪問して、主動的に新疆の坎の巨提地区をパキスタンに与えること;ネパールを譲ると提出して: 部の份のヒマラヤ。 みずからその年外交部長の銭其琛はベスビオスを割譲すると暴露することは毛沢東のものである決断;ビルマ: 安徽省面積の江心の坂;朝鮮に相当して: 部の份はシロヤマと天池の半分;ベトナムを生やして: 部の份の西沙諸島、部の份の山さん ……

これ以外にも、中国の失った海洋領土と島: 南沙は28の島海洋領土はベトナムが違法に占領されます;南沙の2の島海洋領土はインドネシアが違法に占領されます;南沙9の島はマレーシアが違法に占領されます;南沙1の島3,000平方キロはブルネイが違法に占領されます;南沙は9の島の10000平方キロはフィリピンが違法に占領されます;(魚)島平方キロ海洋領土を釣ることは日本が違法に占領されます;南琉球平方キロ海洋領土は放棄される。 放棄される戦略要地白竜オジマがベトナムがすえながく占領される番でなくて、その海洋国土は確かに計算不能なことを損失します。 延べ面積は220万に260万平方キロ前後に至ります。

ただ、中国人はともに中共「売国」のニュースを知らなくて、中共は閉鎖的に厳しくて、人々はただとても長い以後が相手の国の報道中からあるいは大陸メディア片言から中発現事実真相を報道することであることがあり得て、少し地区は確定して損失不能な面積を還す。
民間は推定する、400万平方キロの領土が中共の手に(モンゴル抜きで)を失うことを約束して、たくさんともに横取りされることでなくて、で拱手して譲歩する。


中共建政後被割讓領土一覽表(網絡圖片)

(責任編輯:孫芸)